豆知識・雑学

あくびが出る原因って?あくびをすると人にうつるのはなぜ?

「あくび」は眠いときや疲れたとき、退屈なときに出るようなイメージですが、それとは別に眠くもなんともない、むしろ体に何かの不調が起こる前兆のような感じで起こる「生あくび」という場合もあります。

様々な場面で出る「あくび」の原因は何なのか気になったことはないでしょうか。また「あくび」をするとその空間にいる人にうつる事がありますが、こちらも気になりますよね。

この記事では、不思議な「あくび」の出る原因や、人にうつる原因について簡単にまとめてみました。

「あくび」が出る原因って?

「あくび」が出る原因って?

「あくび」は冒頭でも触れた通り、眠いときや疲れたとき、退屈なときなどに起こる事が多いですよね。

「あくび」は出ると同時に、涙が出たり、深く息を吸ったり、顔の筋肉を動かしたりと体の様々な場所を動かしていますが、何が原因で「あくび」が出ているのか今のところ解明されていません。ただ、有力だとされている説がいくつかあるのでいくつか紹介していきますね。

「あくび」は人間だけでなく、動物たちも同じようにします。

「あくび」は覚醒を促している

「あくび」は覚醒を促している

眠いときや疲れたときなどは、脳の働きが一時的に鈍くなっている状態です。この状態から新鮮な酸素を脳に送り込むために、「あくび」をして酸素を取り込むというものです。

同じように、眠くも何ともない何か体に異常が起こる前兆の「生あくび」も脳に酸素を急速に送る方法されています。

ただ、「あくび」をしても通常の呼吸と同等の酸素量しか供給できない事が実験によって明らかになっており、これが正しいとは言えなくなっているとも言われています。

「あくび」は温度を調節している

「あくび」は温度を調節している

様々な実験で「あくび」は、脳の温度を調節するために行われているという説があります。調節というのは、熱くなりすぎたところを「あくび」をすることによってクールダウンさせるということです。

人間の体温が高いタイミングは、1日に2度あると言われており「朝目が覚めるとき」と「寝る前」の2度。このタイミングで「あくび」が出る事が多いので、温度を調節するというのは信憑性が高そうですよね。

他にも、周囲の温度が上昇したりすると「あくび」の回数が増える事が実験で分かっています。

他にはどんな説がある?

他にはどんな説がある?

「あくび」が出る原因の有力な説が「覚醒を促す」「温度を調節」といったものがありましたが、実は他にも説があり、顔面のストレッチや、内耳の圧力を外気と調整するといった説があります。

何が正しいのかは今のところ分かっていませんが、これからなぜ「あくび」が出るのか明らかにになるのが楽しみですね。

「あくび」が人にうつるのはなぜ?

「あくび」が人にうつるのはなぜ?

その場にいる誰かの「あくび」がうつってしまう経験は誰しもがあると思いますが、なぜうつるのか不思議ですよね。

ただ、こちらも「あくびが出る原因」と同様に、「あくび」が人にうつることについて詳しいことは解明されていません。しかし、こちらも有力な説があるので紹介していきますね。

「あくび」が人にうつってしまうのは「カメレオン効果」といって人が無意識に他人の行動を真似してしまう事と同じような事だとされています。向かいの席に座っている人が足を組んでいたら、それを無意識に真似てしまう。それと同じような事が「あくび」でも起こっているというわけです。

他にも、集団生活における、私たち人間同士のあいだでの眠る時間を互いに知らせるための合図になっているというものもあります。

統合失調症や自閉症の人は他人があくびをするところや、それに関するビデオを見せてもあくびをしないと言われています。

あくびが出る原因って?あくびをすると人にうつるのはなぜ?まとめ

あくびが出る原因って?あくびをすると人にうつるのはなぜ?まとめ

「あくび」の原因や、なぜ他人にうつってしまうのかについて見ていきました。

今の段階では、「あくび」が発生する正確なメカニズムは分かっていませんが、有力となる説はあるようです。どれが本当か、またはこれからの研究で新たな事実が発見されるのが楽しみですね。