豆知識・雑学

雨で靴がびしょ濡れに!濡れた靴を室内で素早く乾かす方法は?

不意の雨や、梅雨の時期になってしまうと履き慣れている靴・お気に入りの靴がびしょ濡れになってしまうことが多々あると思います。次の日に履こうと思っていても雨が降っていては外で乾かすことができないので参ってしまいますよね。

また、濡れた靴をほったらかしにしているとカビや臭いの原因になってしまうので、迂闊に放置ができません。

そんな時は、室内でもなるべく早く靴を乾かす方法を覚えておくと何かと便利です。この記事では、室内でもなるべく早く靴を乾かす方法について紹介しています。ぜひ参考にされて見てくださいね。

靴を乾かす前の下準備

靴を乾かす前の下準備

濡れた靴を早く乾かすために「できるだけ水分を取ること」がとても大切です。濡れてしまった靴は程度によりますが、びしょびしょですよね。そこからある程度水分を取っておくことでこの後の作業を効率よくすることができます。下準備のような感じですね。

水分を取る方法としては、吸水性の高いタオル巻いて抑えて水分を取ったり、少し抵抗がありますが洗濯機の脱水機能を使うという方法があります。

洗濯機に入れる場合は、入れる前にある程度洗っておいて、タオルで包んで入れておくと抵抗も少なくなります。また、この際に中敷がはずせる場合は外して別々に洗濯機に入れておくのがポイントです。

皮靴やファー素材の靴は痛む可能性があるので洗濯機に入れて脱水をするのは控えましょう。
スニーカーの場合は脱水機能を使って、つま先が下に向くように立てかけておけばこの後の過程を飛ばしてすぐに乾かすことができます。中々乾かないという場合は、プラスアルファでやっていきましょう。

濡れた靴を室内で早く乾かす方法

濡れた靴を室内で早く乾かす方法

濡れた靴を早く乾かすために下準備となる「できるだけ水分を取ること」を行なったでしょうか。では、濡れた靴を室内で早く乾かす方法についてはいくつかありますので見ていきましょう。

新聞紙・キッチンペーパーを靴の中に入れる

新聞紙・キッチンペーパーを靴の中に入れる

新聞紙・キッチンペーパーを靴の中に入れることによって、水分をそれらが吸収してくれるというものです。新聞紙よりはキッチンペーパーの方が吸水性が良いため、家にキッチンペーパーがある場合はキッチンペーパーにしておきましょう。

新聞紙・キッチンペーパーをちぎって、靴の中に隙間がないように詰め込んでいき、つま先が下に向くように立てかけておきます。それから30分ほど経つと靴の水分が新聞紙・キッチンペーパーに移っているので、また新しく詰め直します。

これを繰り替えしていくと、湿らなくなってくるので後はそのまま放置をします。

新聞紙を使って水分を吸収する場合は、新聞紙のインクが靴についてしまう場合があります、お気に入りの靴やおしゃれな靴の場合は新聞紙を使うことは控えておきましょう。

カイロを靴の中に入れる

カイロを靴の中に入れる

「新聞紙・キッチンペーパーを靴の中に入れる」という乾かし方も良いのですが、少し面倒だと感じますよね。

そんな時は放置することができる「カイロを靴の中に入れる」という乾かし方がおすすめです。2つの使い捨てカイロを用意して、封を開けてそれぞれにカイロを入れておき、つま先が下に向くように立てかけておきます。

これだけで素早く乾かすことができます。

温めておくことによって接着面が剥がれてしまうことがあるため、こちらもお気に入りの靴やおしゃれな靴の場合は控えてきましょう。

靴に風を与える

靴に風を与える

「扇風機」や「サーキュレーター」などがある場合は上記の乾かせる方法とプラスアルファで使用することで、さらに早く乾かすことができます。上のかw貸方である程度乾いたら後は、「扇風機」「サーキュレーター」の風を当てておくだけで完璧に乾かすことができます。

同じように風を送ることができる「ドライヤー」もありますが、こちらはスニーカーや上履きなどで熱風でも問題がないのですが、革靴の場合は変形してしまう原因になってしまいます。

もし「ドライヤー」を使用する場合は冷風・ぬるい風にして使ってください。

濡れた靴を乾かす場所

濡れた靴を乾かす場所

濡れた靴を乾かす場所は、太陽に当たる場所がベストなわけですが、雨が降っている場合はそうはいきません。

太陽が出ていない場合は「なるべく暖かいところ」「風通しが良いところ」に置くことによって早く乾かすことができます。夏であれば、エアコンを除湿に設定をして、換気扇を回すなどと風通しが良くなる環境を作ってあげてください。

雨で靴がびしょ濡れに!濡れた靴を室内で素早く乾かす方法は?まとめ

室内でもなるべく早く靴を乾かす方法について見ていきました。

家の中でも割と手軽にできるのでぜひ試して見てください。濡れた靴をほったらかしにしているとカビや臭いの原因になってしまうので、早急な乾燥が大切です。

前日に雨に降られて、翌日に靴を履いて「あっ!まだ濡れてるなぁ」なんて経験もあると思います。そうならないようにここで紹介をした乾かし方を試したら一度確認をして見てくださいね。

耳に水が入ったときの対処法は?簡単に抜く方法はある?海やプール、はたまたお風呂に入った際にうっかり耳の中に水が入ってしまうことが多々あります。 耳に水が入ってしまうと、エコーがかかっ...
カラオケで喉が枯れないようにするためのオススメの飲み物は何?皆さんはカラオケに行った時に何のドリンク・飲み物を飲んでいるでしょうか。長時間カラオケにいると喉が乾燥しないように水分を補給するのがとて...
ペットボトルの炭酸が抜けないようにする方法は?長持ちさせる方法は?炭酸飲料はあのシュワシュワした感じがとても美味しいですよね。 しかし、炭酸飲料は炭酸が抜けてしまうと途端に美味しくなくなってしまい...