豆知識・雑学

雷が鳴っている時はエアコンは切るべき?コンセントは抜くべき?

暑い日は、地上と上空とで気温差が激しく上昇気流が起こりやすいため、その結果積乱雲ができて夕立などが起こることが多いです。

この落雷時に気になるのが、稼働させているエアコンやテレビなどの電化製品への影響です。

よく落雷時には稼働させている電化製品の電源を切ったり、コンセントを抜いたりして故障するのを防ぎますが、これって意味があるのでしょうか。特にエアコンはつけていないと暑くなってしまうので、そのままにしておきたいものですが、故障されてしまうとお金もかかりますし暑いしで本当に勘弁してもらいたいですね。

この記事では、落雷時には電源は切るべきなのか、コンセントを抜くべきなのか、電化製品への影響について解説しています。

落雷で電化製品は故障するの?

落雷で電化製品は故障するの?

落雷の影響によって電化製品は故障することはもちろんあります。

経験が無いという方も中にはいらっしゃるとは思いますが、それはただ単に運が良いだけです。何も対策をしていないと、さっきまでついていたとしても、故障する時はパッとすぐに故障してしまいます。

この故障してしまう原因は、雷が家の近くの電線に落ちることによって、「雷サージ」という異常な高電圧なものが流れ込み、それがコンセントを伝ってきてしまうためです。

この「雷サージ」が侵入したら、電化製品の全てのコンセントに繋がっているものが故障するという訳ではなく、どこに流れるかが分からないため、1つが故障することもあれば、3つ4つ故障するということもあります。また、後からその電化製品などを利用することによって故障が発覚したというケースもあります。

落雷時はコンセントから抜くべし

落雷時はコンセントを抜くべし

落雷時の故障の原因は「雷サージ」が侵入することによって起こるため、故障させないためにも全ての電化製品やコンセントに繋がっているものを抜くことが大切です。

なので、よく聞く「電源を切る」というのは全く意味がありません。同じように家のブレーカーを下げても意味がありません。雷が遠くからでも鳴っているのが分かったら、優先順位の高いものからすぐにコンセントを抜いていきましょう。

近くで雷が鳴っている場合では、電源プラグに触れるのは大変危険なので、誤って触れないようにしましょう。

コンセントを抜く以外に防ぐ方法は?

コンセントを抜く以外に防ぐ方法は?

コンセントを抜くのが故障の原因である「雷サージ」の侵入を防ぐための確実な方法ですが、他にはどんな方法があるのでしょうか。

「雷サージ」の侵入を防ぐ方法には、「雷サージ」の侵入を防ぐように作られた「雷ガードコンセント」というもの使って防ぐ方法があります。

商品によって「雷サージ」を耐えることができる電圧が変わっていきますが、これらを利用することによって「雷サージ」の被害を軽減することができます。

お買い求めの際は、「雷サージ」をどれくらい耐えることができるのかがパッケージに記載されているので、その値がなるべく大きいものを購入して使うことをおすすめします。

しかし、1番確実なのはコンセントを抜くことですので、余裕がある場合は「雷ガードコンセント」を使っていてもコンセントを抜くようにしましょう。

雷が鳴っている時はエアコンは切るべき?コンセントは抜くべき?まとめ

雷が鳴っている時はエアコンは切るべき?コンセントは抜くべき?まとめ

落雷時には電化製品の電源は切るべきなのか、コンセントを抜くべきなのかについて見ていきました。

故障の原因は「雷サージ」がコンセントを伝うことによって起こります。これは、電化製品の電源を切っても何の意味もないので、コンセントを抜くことが重要になっていきます。雷が鳴ったらすぐに優先順位の高いものからコンセントを抜いていきましょう。

血液型が「ABC」型ではなく「ABO」型なのはなぜ?皆さんの血液型は何型でしょうか。血液型は皆さんご存知の通り基本的にA型、B型、O型、AB型の4種類があります。 血液型は4種類あり...
牛肉を赤いまま食べても大丈夫?食中毒は?牛肉を「レア」や「ミディアム」で焼くと表面は火が通っていて良いのですが、中身は赤いままなので食べて大丈夫なのか、食中毒にならないのか不安...
冷たいものを食べると頭が痛くなるのはなぜ?暑い夏には冷たいアイスクリームやかき氷などがとても美味しく感じますよね。夏には毎日欠かさず食べる、という方も多いと思います。 そん...