豆知識・雑学

テニスの点数の数え方が15→30→40なのはなぜ?

テニスの試合の得点の付け方って独特だなと思ったことはないでしょうか。通常であれば1→2→3→4→5といった感じで1ずつ得点が増えていくのですが、テニスに関しては15→30→40と得点が増えていきます。

増え方も特殊で、15→30→40と「15」ずつ増えていっているのに最後だけ「10」増えて「40」になっており、そこは「45」ではないのかと疑問に思いますよね。

また、得点が「0」の時の言い方も特殊で「ラブ」と発音しますよね。この記事では、気になるテニスの試合の得点の付け方・発音の仕方について解説をしています。

テニスの基本となる得点の数え方と読み方

テニスの基本となる得点の数え方と読み方

最初にテニス基本となる得点の数え方と読み方について軽く見ていきましょう。

得点(ポイント) 読み方
ラブ
15
フィフティーン
30
サーティー
40
フォーティー
40ー40
デュース
A
アドバンテージ
G
ゲーム

テニスは4回先にポイントを先取して「G(ゲーム)」となり、「40-40」で「デュース」、そこからポイントを取ると「A-40」「40-A」となり、「A(アドバンテージ)」となります。

アドバンテージの状態から更に点を取り「G(ゲーム)」で勝利に、逆に点を取られてしまうと再び「デュース」に戻ります。

読み方は、上の表を合わせていき「15-0」で「フィフティーン・ラブ」、「40-30」で「フォーティー・サーティー」といった具合になります。

15→30→40と独特な点数の数え方の理由

15→30→40と独特な点数の数え方の理由

15→30→40とテニスの独特な点数の数え方の起源には様々な説があるようです。

0ポイントをなぜ「ラブ」と呼ぶのか、と同じく「15」「30」「40」という点数の数え方の起源にも様々な説があり、「この説が確実に正しい!」とは言えないようです。代表的な説には、「時計の文字盤を4つに分けた」「14世紀頃、プレーヤー同士の賭けの際に使われていた1ドゥニエ銅貨が4枚で60スウという金額になるため、60スウの4分の1である15スウを1つの単位とした」「(ジュドポームを行っていた)修道院の生活時間が15分単位であった」というものがあります。

テニスでの点数のカウントより引用

この中で一番有力なものが時計の文字盤を4つに分けたという説です。

今でこそ得点を映し出すためのスクリーンなどがあり、とても見やすくなってしますが昔はそんなものはありませんでした。

テニスの試合の際には大きな時計を持っていき、遠くからでも点数が判断ができるように15→30→40という得点にした、というものですね。遠くから見ても1→2→3→4→5と増えていっても全く分かりませんが、時計の文字盤を4つに分ければすぐに判断がつき、その名残が現在でも残っているんですね。

ただ、これだと15→30→「40」になる理由が分かりません。次はこちらについて見ていきましょう。

テニスが15→30→「40」と得点が増えるのはなぜ?

テニスが15→30→「40」と得点が増えるのはなぜ?

テニスが15→30→「40」と得点が増えるのはとても単純な理由で言いにくかったからです。

口にしてみると分かりやすいのですが、もしテニスの得点が15→30→45と「15」ずつ増えていった場合、例えば45-30という得点の組み合わせだった点数のときに、フォーティーファイブ・サーティーと長ったらしくなってしまいます。

あまりに長いと観客や選手の方にも聞き取りづらいですし、それならば後半を省略してしまおう、といった具合で現在の点数の付け方があるというわけになります。

テニスの得点の「0」を「ラブ」と発音する理由

テニスの得点の「0」を「ラブ」と発音する理由

続いてテニスの得点の「0」を「ラブ」と発音する理由について見ていきましょう。こちらもいくつか説があるのですが紹介していきますね。

  • 卵の形に似ているからという説0は卵の形に似ていることから、フランス語で卵という意味の「l’oeuf」が、イギリスに渡ったときに訛って「love」になったというものです。
  • 「love」には「何もない」という意味があったという説「love」には元々「愛している・愛情」という意味の他に「何もない」という意味があったというものです。

テニスの前身である「ジュドポーム」はフランスで生まれたということからも、1つ目の説が有力そうですね。

「l’oeuf」と「love」並べて見ますとかなり似ています。また、「l’oeuf」の発音をする際に、イギリス人の方が発音しにくかった・言い間違えたという話もあります。

テニスの点数の数え方が15→30→40なのはなぜ?まとめ

テニスの試合の得点の数え方は独特ですが、そこには人間らしい理由がありました。

この記事のまとめ
  • 15→30→40という数え方の理由:昔は大画面のスクリーなどがなく、テニスの試合の際には大きな時計を持っていき、遠くからでも点数が判断ができるように15→30→40にしていたための名残
  • 15→30→「40」と得点が増える理由:英語で言うには言いにくかったため
  • 「0」を「ラブ」と発音する理由:卵の形に似ているからという説から、フランスで卵を意味する「l’oeuf」から、「love」には「何もない」という意味があったという説の2つがある

15→30→40という独特の得点の表し方は、昔はテニスの試合の際には大きな時計を持っていき、遠くからでも点数が判断ができるように15→30→40にしたということでした。また「45」にしないのは「フォーティーファイブ」というのは長いですし、聞き取りづらいという理由からでした。

「サウスポー」の意味は何?語源や由来について解説突然ですが「サウスポー」という言葉をご存知でしょうか。何かのスポーツでよく耳にすると思います。 個人的な話なのですが、初めて「サウ...
知ってる?オリンピックのシンボルマークに込められた意味についてオリンピックは様々な人間ドラマから、私たちに感動を与えてくれる素晴らしいもので、2020年には東京オリンピックで開催することが決まってい...
スポーツ選手が目の下に貼る黒い「ペイント」「シール」の役割は何?スポーツ選手が試合中などに目の下に貼る黒い「ペイント」「シール」について、なぜあのようなものを付けているのか気になったことがないでしょう...