豆知識・雑学

かき氷のシロップの味は全て同じなの?本当に違いはないの?

夏になれば必ず食べるといっても過言ではないものに「かき氷」があります。ジャリジャリとした食感に、豊富な味のバリエーションはどれもが本当に美味しく、シンプルな作りと手軽さから夏には欠かせない一品です。

そんな「かき氷」ですが、シロップは全て同じ味という噂を聞いたことがないでしょうか。イチゴやメロン、ブルーハワイ、レモン様々な味がありますが、これが実は全て同じ味という噂です。

実際のところはどうなのでしょうか。気になったのでその噂の真偽について調べて見ました。

かき氷のシロップの味は全て同じって本当?

かき氷のシロップの味は全て同じって本当?

かき氷のシロップは全て同じ味なのか、結論から言いますと全て同じ味です。

かき氷のシロップで有名どころと言えば「イチゴ」「メロン」「ブルーハワイ」「レモン」ですが、メーカーによって異なりますが、どれも原材料は「果糖ブドウ糖液」をはじめとする、「砂糖」「蜂蜜」「香料」「着色料」「保存料」「酸味料」になっています。

この原材料の中の「果糖ブドウ糖液」で私たちはかき氷を食べた時に甘く感じるという訳になります。その他の成分は「香料」「着色料」には違いはありますが、それ以外はほとんど同じ成分なので、かき氷の代表的な味である「イチゴ」「メロン」「ブルーハワイ」「レモン」だとされるものは全て同じ味です。

また、「味覚センサー」という味を調べる機械に「イチゴ」「メロン」「ブルーハワイ」「レモン」について分析した際にも「甘味・旨味・塩味・苦味・酸味」全ての項目でそのほとんどが一致しています。

ではなぜ、私たちは同じ味でも味に違いを感じるのでしょうか。

味が違く感じるのは「視覚」と「嗅覚」から

味が違く感じるのは「視覚」と「嗅覚」から

なぜ、私たちは同じ味でも味に違いを感じるのでしょうか。

味に違いを感じるヒミツはシロップの「香料」と「着色料」にあります。私たち人間は、味覚だけを頼りに味を判断しているという訳ではなく、「視覚」や「嗅覚」からもその食べ物の情報を得ます。

「イチゴ」で例を出すと、かき氷に赤いシロップがかかっていて、そこから「イチゴ」の香りがしたら、それがイチゴ味でなくても「イチゴ味だ!」と脳が勝手に判断してしまうんです。簡単にいうとシロップの「香料」と「着色料」を変えることによって錯覚を起こさせているという訳になります。

ベースの味は同じだとしても、そこに赤や緑、イチゴの香りやメロンの香りがすることによって、イチゴ味やメロン味でなくても、私たちの脳はそれがイチゴ味やメロン味だと判断してしまうんですね。

目をつぶり、鼻をつまんで食べてみると味に違いがないのが分かると思います。友人と当てっこをするのも楽しそうですね。

かき氷のシロップの味は全て同じなの?本当に違いはないの?まとめ

かき氷のシロップの味は全て同じなのかについて見ていきました。

かき氷のシロップの味は全て同じなのか調べたところ、「イチゴ」「メロン」「ブルーハワイ」「レモン」といった代表的なものは全て同じ味ということでした。

味に違いを感じるのは、私たちは「味覚」だけでなく「視覚」と「嗅覚」からも味を判断しているため、赤い色でイチゴの香りがしたら「イチゴ味」に、緑色でメロンの香りがしたら「メロン味」に錯覚してしまうようです。

目をつぶり、鼻をつまんで食べてみると味に違いがないのが分かると思いますので、ぜひ食べ比べをして確認されて見てくださいね。

耳に水が入ったときの対処法は?簡単に抜く方法はある?海やプール、はたまたお風呂に入った際にうっかり耳の中に水が入ってしまうことが多々あります。 耳に水が入ってしまうと、エコーがかかっ...
【何故?】お弁当のおかずの下に「パスタ」が敷いてある理由は?スーパーやコンビニ、お弁当屋さんに置いてある弁当には共通しておかずの下に「パスタ」が敷いてあることがありますよね。味付けが特にされていな...
瓶の蓋が開かない時の対処法は?コツやテクニックを紹介!「離乳食やジャムの瓶の蓋が固すぎて開かない!」ということがしばしばありますよね。 男性の方であれば力づくで、という事もできますが女...