豆知識・雑学

ペットボトル飲料をそのまま凍らしても大丈夫?破裂・膨張は防げる?

暑い夏には冷たい飲み物が欠かせません。「水筒を持っていってもいいんだけど、氷を切らしている」なんて経験はないでしょうか。

そんな時はペットボトル飲料を凍らせて持っていくのが冷たくてベストなのですが、そのまま凍らせてしまっても大丈夫なのでしょうか。膨張・破裂しないか心配ですよね。

この記事で、ペットボトル飲料をそのまま凍らしても大丈夫なのか、凍らす場合の破裂・膨張を防ぐ方法について見ていきましょう。

ペットボトル飲料をそのまま凍らしても大丈夫?

ペットボトル飲料をそのまま凍らしても大丈夫?

スーパーやコンビニなどはすでに凍っている状態の専用のペットボトルに入ったものが販売されていますが、通常のペットボトル飲料をそのまま凍らしても大丈夫なのでしょうか。

サントリーの公式サイトでは「ペットボトル入りの飲料を冷凍庫で凍らせても大丈夫ですか?」という質問にこのような回答が記載されていました。

Q:ペットボトル入りの飲料を冷凍庫で凍らせても大丈夫ですか?

A:中味が膨張し容器が変形したり破損する恐れがありますので、お止めください。

ペットボトルに入った飲み物を凍らせると、中味が膨張し、容器が変形や破損をしたり、密封性が損なわれる恐れがあります。同じ理由から、缶や瓶に入った清涼飲料を凍らすことも避けてください。(※冷蔵冷凍兼用製品は除く)
また、ペットボトルのPETという素材は衛生面や耐久性の問題から、再利用はお勧めしておりません。(冷蔵冷凍兼用製品は凍らせることが可能な製品となっておりますが、再利用につきましては他のペットボトルと同様、おすすめしておりませんのでご注意ください。)

お客様センター Q&A サントリーより引用

ペットボトル飲料を凍らす場合は、中身が膨張または容器が破裂といった恐れがあるため、メーカー側では推奨がされていません。すでに凍っている状態で販売されている専用のペットボトルに関しても再利用についても推奨がされていません。

もし凍らせるという場合は自己責任なので注意です。

ペットボトル飲料を凍らせる場合は

ペットボトル飲料を凍らせる場合は

メーカー側ではペットボトル飲料を凍らせることは推奨されていませんが、持っていきたいということがあると思います。

ペットボトル飲料を凍らせる場合には以下のことを守ることによって、破裂・膨張を防ぐことができます。凍らせる際は充分に気をつけて自己責任で試されてみてください。

中身をあらかじめ少し減らしておく

ペットボトル飲料をそのまま凍らしてしまうと、膨張や破裂してしまう恐れがあります。

しかし、凍らせる前に中身をあらかじめ少し減らしておくと膨張してもそのペットボトルのサイズにおさめる事ができます。

具体的にいうとそのペットボトル飲料の10%減らしておく事で、膨張・破裂を防ぐ事ができます。心配な方は10%よりも減らしておけば安心ですね。500mlであれば50ml、1000mlであれば100mlですね。

再利用はダメ、ゼッタイ

通常のペットボトルは何回も使用できるように作られていないため、何回も同じペットボトルを再利用してしまうと耐久力が下がり脆くなり、破裂の危険がグンと上がってしまいます。

また、再利用の際には洗うとは思いますが、いくら洗っても目に見えない雑菌が残っている場合があります。それを使い続けるのは衛生面でも心配が残ります。

節約のために再利用するのは大変立派ですが、それがもとで怪我や病気になってしまったら元も子もないので、再利用は止めましょう。

炭酸飲料やビールを凍らせるのはダメ

炭酸飲料やビールを凍らせてしまうと、中身の二酸化炭素が分離して気体となり、圧力が強まってしまうためさらに破裂してしまう危険が高まります。

早く冷やすために冷凍庫に入れておいて、それを忘れて取り出したら爆発、なんてこともあります。炭酸飲料やビールを冷凍庫に入れるのは止めましょう。

味の偏りを防ぐには?

味の偏りを防ぐには?

ペットボトルを凍らせて持っていくのは便利なのですが、思ったよりも溶けるのが遅いし、溶けても味に偏りがあったりと、ちょっと残念な気持ちになったことはないでしょうか。

そんな時は、多少は手間がかかりますが、ペットボトルの中身を半分凍らせて、もう半分を別の容器に入れて冷蔵庫に保存、この2つを合わせるとちょうど良い具合になります。

持っていく際に凍らせた半分と、別の容器に入れたもう半分をあわせると、すぐに飲む事ができ、冷えた状態を維持できるペットボトル飲料の完成です。凍らせる際は斜めになるようにするが良いのですが、これは液体と固体の接触面を増やして冷たさを維持するところにあります。

ペットボトル飲料をそのまま凍らしても大丈夫?破裂・膨張は防げる?まとめ

ペットボトル飲料をそのまま凍らしても大丈夫なのか、凍らす場合の破裂・膨張を防ぐ方法について見ていきました。

この記事のまとめ
  • 通常のペットボトル飲料はそのまま凍らせることは推奨されていない。また、すでに凍っている状態で販売されている専用のペットボトルに関しても再利用についても推奨がされていない
  • ペットボトル飲料を凍らせる場合は、膨張や破裂を防ぐために、中身をあらかじめ内容量の10%ほど減らしておく

ペットボトル飲料をそのまま凍らしてしまうのは推奨されてませんが、凍らせる場合は膨張・破裂しないようにここで紹介した方法で、冷凍させてみてください。

ペットボトルが破裂して怪我をしてしまった、というニュースもあります。取り扱いには充分気をつけるようにしてくださいね。

氷が白くなるのはなぜ?透明な氷を家で作るにはどうすればいい?コンビニやスーパーなどで販売されている氷は、中が透き通っていてとても綺麗ですよね。 しかし、家で作る氷というのはどうしても中が白く...
知ってる?オリンピックのシンボルマークに込められた意味についてオリンピックは様々な人間ドラマから、私たちに感動を与えてくれる素晴らしいもので、2020年には東京オリンピックで開催することが決まってい...
耳に水が入ったときの対処法は?簡単に抜く方法はある?海やプール、はたまたお風呂に入った際にうっかり耳の中に水が入ってしまうことが多々あります。 耳に水が入ってしまうと、エコーがかかっ...