豆知識・雑学

鉛筆の芯の硬さ(濃さ)の順番は?マークシートやノートに適したものは?

小学生の頃は鉛筆を使うのが基本ですが、それを超えてしまってくるとめっきりと使う機会が減っていきますね。

使うとなると「HB」が多いですが、鉛筆はその芯の硬さ(濃さ)によってスケッチやデッサン、ノートなどに書くとき、マークシートを塗りつぶす時などに適しているものが異なっていきます。

ただ、鉛筆の芯の硬さは「H」だの「F」だの「B」だので少々ややこしい感じになっています。

鉛筆選びの時にこれを理解しておくことによって迷わずに選ぶことができます。この記事で、それらの違いについて、またどの芯の硬さが何に向いているのかについて見ていきましょう。

鉛筆の芯の硬さ(濃さ)「H」「F」「B」について

鉛筆の芯の硬さ(濃さ)「H」「F」「B」について

現在、日本ではその鉛筆の「芯の硬さ」によって「H」「F」「B」と数字を組み合わせたものを単位として表示しています。

「H」「F」「B」はそれぞれ「hard」「firm」「black」の頭文字をとったもので、これと数字を合わせていきます。

鉛筆の「H」「F」「B」の意味
  • H(hard)」:芯が非常に硬く薄い
  • F(firm)」:「H」ほどではないがそれなりに硬い
  • B(black)」:芯が非常に軟らかく濃い

「H」の数字が大きい芯はより薄く硬いことを表しており、「F」はその中間、「B」の数字が大きいほど芯が軟らかく濃いことを表しています。

鉛筆の芯は「黒鉛」と「粘土」で作られたもので、「黒鉛」の割合が高いほど軟らかく濃い芯になり、「粘土」の割合が高いほど硬く薄い芯になります。

JIS規格という国家が定めたものでは、芯が硬い方から順番に「9H」「8H」「7H」「6H」「5H」「4H」「3H」「2H」「H」「F」「HB」「B」「2B」「3B」「4B」「5B」「6B」と、実に17種類の鉛筆があります。

また、JIS規格にはありませんが「7B」~「10B」の非常に軟らかく、濃い鉛筆も存在します。

それぞれに適した鉛筆選びは?

それぞれに適した鉛筆選びは?

マークシートやノートに書く時は「HB」

マークシートやノートに書く時には「HB」の鉛筆がおすすめです。大学入試センター試験などのマークシート方式のテストでは「HB」とあわせて「H」や「F」などの芯の硬さが指定されています。

これは、「2H」よりも芯が硬いものになってしまうと、マークシートにマークをしても薄すぎて認識されなかったり、「2B」よりも芯が硬くなってしまうと、マークミスをした時に消しゴムでうまく消すことができない、ということが考えられるためです。

また、たくさん字を書いたりしても、ちょうどはっきり見えることができる点も、教育機関のうちや役所などで何かに書く時に適していると言えます。

低学年の方は「B」や「2B」がおすすめ

小学生低学年の頃だと、筆圧が弱いため「HB」あたりだとノートによく書けない、という場合があるので、基本少し軟らかく濃いめの「B」や「2B」がおすすめです。

また、そうでなくても入学する小学校によっては小学校の入学前の案内やパンフレットなどに、「HB」の鉛筆ではなく、「B」や「2B」もしくはそれ以上の鉛筆を使うような旨が記載されている場合があります。

絵を描くときは「3B」以上がおすすめ

絵を描くときには芯の軟らかさ・濃さに特徴がある「3B」以上の鉛筆がおすすめです。

芯が軟らかいため、強弱を持たせて絵を描くことができるため、立体感や遠近感を持たせることができます。普段から絵に携わってないと「3B」以上は使う機会は少ないですが、美大生や美術関係の方に好まれている鉛筆です。

製図・デザインの下書きには「2H」〜「9H」が適している

製図やデザインの下書きには、細かく書くことができてすぐに消すことができる「2H」〜「9H」が適しています。

こちらも絵を描くときと同様に、そういったことを普段からやっていないと使う機会は無いですね。

鉛筆の持ち手の軸は転がらないものがおすすめ

鉛筆の持ち手の軸は転がらないものがおすすめ

鉛筆にはその芯の硬さからも種類がありますが、持ち手の軸にも違いがあり「丸型」や「六角形型」「五角形型」「三角形型」「星型」などがあります。

芯の硬さに目がいって、持ち手の軸もかなり重要で、大事な試験やテストの場では机においても転がることがない「六角形型」や「三角形型」、また、縁起が良い「五角形型」を使うのが良いとされています。

「丸型」だと鉛筆を机においた時に転がって下に落ちてしまい、時間のロス・鉛筆の芯が折れてしまうなどのマイナスなことが起こってしまう場合がありますね。

また、「三角形型」の鉛筆は幼児に鉛筆の持ち方をについて指導するために使われることもあります。

鉛筆の芯の硬さ(濃さ)の順番は?マークシートやノートに適したものは?まとめ

鉛筆の芯の硬さ(濃さ)の単位や違い、どんなものに適しているのかについて簡単に見ていきました。

この記事のまとめ
  • H(hard)」:芯が非常に硬く薄い
  • F(firm)」:「H」ほどではないがそれなりに硬い
  • B(black)」:芯が非常に軟らかく濃い
  • JIS規格では、芯が硬い方から順番に「9H」「8H」「7H」「6H」「5H」「4H」「3H」「2H」「H」「F」「HB」「B」「2B」「3B」「4B」「5B」「6B」の17種類がある

何となく「HB」あたりにしてしまいがちですが、これからはその用途に合ったものを選んで使っていきたいですね。

「十八番」と書いて何故「おはこ」と読むの?気になる意味・由来について言葉の中にはどうしてこういった読み方・書き方なのか不思議に思うものがたくさんありますよね。 その中で「十八番」という言葉はそのまま...
「フューチャーする 」の意味は何?「フィーチャー」との違いは?「○○をフューチャーする」などの使い方で「フューチャー」という単語を聞いたことがないでしょうか。 「フューチャーって確か「未来」っ...
辛いものを食べた時は「牛乳」が効果的?なぜ「水」はダメなの?辛い料理を食べると舌がヒリヒリして痛くなってしまうので、自然と飲み物が欲しくなりますよね。 手頃なところで「水」を飲むという方は多...