豆知識・雑学

コンセントの挿しっぱなしはお金がかかる?かからないものもあるの?

皆さんのご家庭ではどのような電化製品・家電を使っているでしょうか。

その中で「普段は使っていないけど、コンセントはそのまま挿しっぱなし」にしているものはどのくらいあるでしょうか。使わない時にもコンセントにそのまま挿しっぱなしは、ついついやってしまいがちですが、実は電気代がかかっているんですよ!

コンセントに挿していても使わなければ電気代はかからない、なんてことはなく電気代がじわじわとかかっていきますが、コンセントに挿していても電気代がかからないものというのもあります。

この記事では、コンセントを挿しっぱなしにしてもお金がかかるもの・かからないもの、なぜ電気代がかかるのか、などについて簡単に解説をしています。

「コンセントの挿しっぱなし」はなぜ電気代がかかる?

「コンセントの挿しっぱなし」はなぜ電気代がかかる?

「コンセントの挿しっぱなし」はなぜ電気代がかかるのでしょうか。

私たちが普段から使う電化製品には、使用していない時でも、コンセントに繋がっていれば消費する電力の「待機電力」「待機時消費電力」というものがあります。いつでも使用ができるように家電が準備を行うために使用する電力のことですね。

この「待機電力」が電気代の中で占める割合は、一般家庭での平均的な値で「全電力量の約5,6%」と言われており、電気代が月々4,000円ほどであれば、その額は月々200円。これが1年間ですから2,400円になり、節約している方にとってはそれなりの額になりますね。

現在では省エネルギー化が進んで、「待機電力」が全くないものや、ほんのわずかなものなど、使っている時の電力を抑えるだけでなく、使っていない時も電力を抑えてくれるものが販売されています。

「待機電力」が多くかかるもの

「待機電力」が多くかかるもの

「待機電力」が多くかかるものには、給湯器、エアコン、ストーブ、パソコン、レコーダー、固定電話などがあり、リモコンや時間表示機能がついているものに多くかかる場合がほとんどです。

リモコンの操作を受信できるようにスタンバイしていたり、時間表示はそもそも電気代がかかっていますので、この辺りを指標にして使わない時であればコンセントから抜く、ということをすれば少しでも電気代の節約に繋がりますね。

「待機電力」が(ほとんど)かからないもの

「待機電力」が(ほとんど)かからないもの

「待機電力」が(ほとんど)かからないものには、ドライヤー、アイロン、トースターなどの、その電化製品を使用するときにしか電力を必要としないものです。また、扇風機でもリモコンがついていない手動のものであれば、「待機電力」はかかりません。

「待機電力」がかからないと言っても、そのほとんどが「熱」を持つものばかりなので、火事などの安全面から考えますと、やはり抜いておくことをお勧めします。

全てのコンセントを抜けば「待機電力」はかからない?

全てのコンセントを抜けば「待機電力」はかからない?

ここまで見ていると「全てのコンセントを抜けば「待機電力」はかからないんじゃないの?」と思われがちですが、実はそうでもないんです。

長期間使用しないという場合は、コンセントを抜いておけば「待機電力」はかかりませんが、電化製品にはそれとは別に「起動力」というものがあり、これが影響して節約という訳にはいかなくなってしまいます。

電化製品にもよりますが、通常ですとその電化製品を起動・つけるときに特に大きな電力を消費します。そのため、やたらめったら今は使わないからと電源を切って、コンセントを抜いたりしていると余計に電気代がかかってしまう、という場合があります。

なので、テレビやレコーダーなどに関しては一度コンセントを抜いてしまうと、また起動したときにかかる電力と、データの送受信とが合わさって余計に電力を消費、良かれと思ってやったことが裏目に出てしまいます。

テレビやレコーダーも一切使わないのであればその限りではありませんが、テレビやレコーダーなどは、基本的にはコンセントを抜かずにそのまま使用することをおすすめします。

コンセントの挿しっぱなしはお金がかかる?かからないものもあるの?まとめ

コンセントを挿しっぱなしにしてもお金がかかるもの・かからないもの、なぜ電気代がかかるのかなどについて、簡単ですが見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「コンセントの挿しっぱなし」がなぜお金がかかるのかは、コンセントに繋がっていれば消費する電力の「待機電力」「待機時消費電力」が影響しているため
  • 「待機電力」が多くかかるものには給湯器、エアコン、ストーブ、パソコン、レコーダー、固定電話などがあり、特にリモコンや時間表示機能がついているものが該当する
  • 「待機電力」が(ほとんど)かからないものには、ドライヤー、アイロン、トースターなどの、その電化製品を使用するときにしか電力を必要としないものなどがある

長期間使用しないのであればコンセントから抜く、季節によって使わないものもあるので、その季節ごとにコンセントを入れるか入れないかを判断することが節電をする時の大事なポイントです。

テレビやレコーダーなどは、コンセントを抜いてしまうと逆にお金がかかってしまうので、そこは頭に入れておきましょう。

「煩悩」とはどういう意味?「煩悩」の数が108個になった由来は?何かと耳にする機会が多い「煩悩」という言葉、この言葉の意味は何かご存知でしょうか。 またその「煩悩」は108個の種類があると言われ...
「千葉県」にあるのに「東京」ディズニーランドと言うのはなぜ?「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」ともに様々な世代から人気のあるテーマパークですよね。好きな方だと休みの日には毎回行っている...
「全身を強く打って死亡」とは?事件・事故の報道の隠語についてニュース番組を見たり聞いたりしていると「?」となる表現がいくつかありますよね。 タイトルの「全身を強く打って〜」という表現もそうで...