豆知識・雑学

食用油の正しい処分方法は?簡単な処理方法はあるの?

「今日は天ぷらを食べたい!」と思って作ろうとするのですが、油の処分方法・管理が面倒で億劫・踏ん切りがつかない、といったことがないでしょうか。

油の処理が面倒でそのまま排水溝へ流してしまうと、排水溝の内側へ付着して水が流れなくなってしまったり、環境汚染の心配、巡り巡って自分の元へと帰ってきます。そうならないためにも、正しくて簡単な油の処分方法を覚えておきたいところですよね。

この記事では、食用油の処分方法にはどのようなものがあるのか、簡単に解説をしています。

油を排水溝へそのまま流すとどうなる?

油を排水溝へそのまま流すとどうなる?

多い少ないに限らず油を排水溝へそのまま流すのは厳禁です。

冒頭でも触れましたが、食用油を排水溝へそのまま流してしまうと、排水溝の内側へ付着して水が流れなくなってしまったり、環境汚染・水質の悪化、また油を熱いまま捨ててしまうとそれが火元になって火事になってしまうなどの危険性があります。

また、賃貸で排水溝が詰まってしまうと、その修理のために多額の費用がかかってしまう場合があります。

油を排水溝へそのまま流すとどうなる?
  • 排水溝の内側へ付着して水が流れなくなる
  • 修理のために多額の費用がかかってしまう
  • 環境汚染・水質の悪化

自分だけでなく、周りの方にも迷惑をかけてしまうかもしれないので、油の大小に限らずに適切な処理をしたいところです。

油の処分方法にはどのようなものがある?

油の処分方法にはどのようなものがある?

食用油を長い間空気に触れさせていると、どんどんと酸化してしまい、体にもあまりよくありません。また、保管方法にもよると思いますが、それが原因で火事になるということも十分に考えられます。

不要になった・使い終わった・いらなくなった食用油がある場合は、なるべく早く処分するように心がけましょう。

市販の凝固剤・アイテムを使う

市販の凝固剤・アイテムを使うことによって、特に手もかからずに簡単に油を処分することができます。

凝固剤は、入れることによって食用油を固め、そのまま可燃ゴミとして捨てることができます。また、専用のパッドを食用油に浸すだけで全てを吸収させ、そのまま可燃ゴミとして捨てることができるというものもあります。

大まかに説明をするとこのような感じですが、使用する際は注意事項・説明書をしっかりと読んで使用するようにしましょう。多少のお金はかかりますが、1番簡単な処分方法だと思います。

「小麦粉」「片栗粉」「重曹」を使って捨てる

上の商品を使えばとても楽ですが、その代わりとなるものが「小麦粉」「片栗粉」「重曹」です。これらが凝固剤の代わりになり、油を固まらせることができるんです。

「小麦粉」「片栗粉」「重曹」を入れるタイミングはまだ食用油が温かい状態で、油と大体同じ量を投入します。冷めてくるとだんだんと固まってくるので、あとは新聞紙に包んで、ビニール袋に入れて捨てれば完了です。

市販の凝固剤を切らして、「小麦粉」「片栗粉」「重曹」のどれかが余っているという場合はぜひ試してみてください。

紙パックを使って捨てる

使い終わった牛乳などの紙パックを使って簡単に油を処分することができます。

あらかじめ洗っておいた紙パックの上部を全て開き、新聞紙やタオルを敷き詰めて、そこに冷ました食用油を注ぎます。この際に自然発火を抑えるために敷き詰めた新聞紙・タオルに水を染み込ませておくと安全です。

あとは粘着テープで口をしっかりと塞ぎ可燃ゴミとして捨てることができます。

新聞紙やタオル以外にも、いらなくなったツルツルしていない雑誌のページや、トイレットペーパーなどでも代用することができます。

レジ袋・ポリ袋を使って捨てる

上の「紙パックを使って捨てる」に類似していますが、同じようにレジ袋・ポリ袋を使っても簡単に捨てることができます。

レジ袋・ポリ袋に新聞紙やタオルを敷き詰めて、そこに冷ました食用油を注ぎます。また同じように自然発火を抑えるために敷き詰めた新聞紙・タオルに水を染み込ませておくと安全ですね。

レジ袋・ポリ袋1枚だけだと漏れがないか少し不安なので、2重から3重にしておくと漏れても安心です。

あとは袋の口を縛って通常の可燃ゴミと同じようにゴミ出しの日に出しましょう。

各自治体・業者に回収してもらう

住まれている地域によっては、各自治体が食用油などの資源を回収している場合があります。回収は無料なので、インターネットで「○○市 資源回収」や「○○市 食用油回収」などで検索をかけるとひっかかるかと思いますので、試されて見てください。

また、リサイクルを目的に企業が業者を使って、同じように食用油を回収している場合があります。こちらも同じようにインターネットで「食用油回収 ○○市」や「○○市 食用油回収」などで検索をかけるとひっかるかと思いますので、試してみてくださいね。

この場合はあまりに大量な食用油を処理したいというときにおすすめです。

食用油はどのくらい使えるの?

食用油はどのくらい使えるの?

食用油は何回も使うことができますが、どのくらいで変えるのが良いのでしょうか。

使う状況にもよりますが大体3回から4回くらいで新しいものに交換するのが良いとされています。色が黒く濁っていたり、何もしていないのに変なニオイがしている、という場合はすぐに交換するのが吉です。

また、温度を上げすぎると酸化が進んだり、保管しているだけでもその保管状態によっては、劣化が進んでしまうので注意が必要です。

油の正しい処分方法は?簡単な処理方法はあるの?まとめ

油の正しい処分方法は?簡単な処理方法はあるの?まとめ

食用油の処分方法にはどのようなものがあるのかについて、簡単ですが見ていきました。

食用油をそのまま排水溝へと流すのは厳禁なので、少し面倒ですが適切な処理をしっかりとしていきましょう。

「かさぶた」が痒くなる原因は何?剥がしても大丈夫なの?日常生活の中で転んだり、擦ったりして傷ができると、その部分には「かさぶた」ができます。 「かさぶた」は傷を負った部分を治すためには...
「ニンニク」の臭いの原因は?気になる臭いを消すにはどうすればいい?何かを食べたときの歯磨きなどの口臭ケアはとても大切で、気をつけなければならない事ですが、その中でも特に気をつけたいのが「ニンニク」を食べ...
クモの糸が絡みついたような感覚の正体は何?歩いている時や自転車に乗っている時、とにかくふとした瞬間に「クモの糸が絡みついた感覚」に襲われたことはないでしょうか。解こうと思って探し...