豆知識・雑学

「十八番」と書いて何故「おはこ」と読むの?気になる意味・由来について

言葉の中にはどうしてこういった読み方・書き方なのか不思議に思うものがたくさんありますよね。

その中で「十八番」という言葉はそのまま読むと「じゅうはちばん」なのですが、実際には「おはこ」と読むことが多いです。また意味に関しても何故そう言った意味で「十八番」なのか「おはこ」と読むのか疑問に思うことばかりです。

この記事で疑問だらけの「十八番」という言葉の意味や成り立ちについて見ていきましょう。

「十八番」の意味・読み方

「十八番」の意味・読み方

「十八番」とはその人が最も得意とする芸や技のことを指します。「おはこ」と読むことが多いですが、「じゅうはちばん」と読むこともあります。

カラオケなどで、最も得意とする曲を歌うときに「この曲私の十八番なんだよね」という様な使い方をすることが多いです。

「十八番」の語源・由来

「十八番」の語源・由来

「十八番」の語源・由来に関しては諸説あるのでいくつか紹介していきますね。

「歌舞伎狂言組十八番」が由来という説

江戸時代、七代目市川團十郎が代々の團十郎が得意としていた18種類の演目を選んで集めて、これを「歌舞伎狂言組十八番(かぶききょうげんくみじゅうはちばん)」と呼んだことが始まりだという説です。

「歌舞伎十八番」18種類の演目
  1. 外郎売(ういろううり)
  2. 嬲(うわなり)
  3. 押戻(おしもどし)
  4. 景清(かげきよ)
  5. 鎌髭(かまひげ)
  6. 関羽(かんう)
  7. 勧進帳(かんじんちょう)
  8. 毛抜(けぬき)
  9. 解脱(げだつ)
  10. 暫(しばらく)
  11. 助六(すけろく)
  12. 蛇柳(じゃやなぎ)
  13. 象引(ぞうびき)
  14. 七つ面(ななつめん)
  15. 鳴神(なるかみ)
  16. 矢の根(やのね)
  17. 不動(ぶどう)
  18. 不破(ふわ)

この得意とする芸という意味が広く用いられるようになり、その人が最も得意とする芸や技のことという意味で「十八番」となりました。「おはこ」と読むのは、市川家の家宝とも言える「歌舞伎狂言組十八番」の台本を箱に入れて大切に保管して、代々受け継がれてきたからと言われており、入れていた箱が由来になって「おはこ」という読み方になっています。

読み方に関しては他にも、高価な茶器や書画等が真作(本物)であることを示すために、鑑定者の署名である「箱書き」を添えて箱に入れていたからという説があり、認定された芸という意味から「おはこ」と言うようになった、というものもあります。

「十八番」の語源・由来に関してはこの「歌舞伎狂言組十八番」の説が1番有力とされています。

「弥陀の四十八願」が由来という説

大乗仏教の如来の1つである「阿弥陀如来」が、仏になる修行をしている時に立てたとされる48種類の誓いである「弥陀の四十八願」が由来という説です。

「阿弥陀如来」が立てた48種類の誓いの内、18番目となるものが「念仏をする人達を必ず救済する」というものであり、これが他の諸仏の立てられた誓いよりも突出しているということから、18番目が得意なものの代名詞となったというものです。

「武芸十八般」が由来という説

武士の嗜む刀や弓などの武芸の種類が全部で18種類である「武芸十八般」が由来という説です。

この場合は「歌舞伎狂言組十八番」と同じように「その人が最も得意とする芸や技のこと」ということではなく、18種類全ての武芸が該当しています。

「十八番」と書いて何故「おはこ」と読むの?気になる意味・由来についてまとめ

この記事のまとめ
  • 「十八番」とは
    →「おはこ」「じゅうはちばん」と読み、その人が最も得意とする芸や技のこと、という意味がある
  • 「十八番」の語源・由来とは
    →語源・由来に関しては諸説あり、「歌舞伎狂言組十八番」が由来という説、「弥陀の四十八願」が由来という説、「武芸十八般」が由来という説があり、この中でも「歌舞伎狂言組十八番」が有力である

言葉の成り立ちを見ていくのはとても面白いものです。「十八番」に限らず気になった言葉はその都度調べて見識を広げていきたいですね。