豆知識・雑学

「人間万事塞翁が馬」の意味や読み方は?類語・使い方について

故事成語には様々なものがありますが、その字面だけではどういった意味があるのか分からないというものがあります。

人間万事塞翁が馬」もその1つです。意味だけでなく読み方についても怪しいところですね。

この記事では「人間万事塞翁が馬」の意味や読み方、類語、使い方について解説しています。

「人間万事塞翁が馬」とは

「人間万事塞翁が馬」とは

「人間万事塞翁が馬」の読み方

「人間万事塞翁が馬」は「ニンゲンバンジサイオウガウマ」と読みます。

このことわざの由来となったものが中国で編纂された思想書で、中国語で「人間」は「世間」という意味、「万事」は「様々なこと」という意味、「塞翁」は「砦にいる老人」という意味がそれぞれあります。

「人間」は「ニンゲン」とそのまま読む場合もありますが、音読みで「ジンカン」と読む場合もあり、「ジンカンバンジサイオウガウマ」という読み方がされることもあります。

「人間万事塞翁が馬」の意味

「人間万事塞翁が馬」は簡潔に説明をすると人生の幸福や不幸は、人間の予想・思い通りにならないという意味があります。

簡潔にというように人によって解釈が異なり、「予想・思い通りにならないから安易に一喜一憂するべきではない」や「人間の予想・思い通りにならないから何が禍福へと転じるかは分からない」といった解釈があります。

また、「人間万事塞翁が馬」の「人間万事」を省略して「塞翁が馬」という使い方もします。

「人間万事塞翁が馬」の由来

「人間万事塞翁が馬」の由来

「人間万事塞翁が馬」の由来は、砦のそばに住んでいた老人が飼っていた馬の話である故事です。

「人間万事塞翁が馬」の由来

昔、中国の北方の砦の側に占いに長けたおじいさんが住んでいました。

ある日、おじいさんが飼っていた馬が逃げ出してしまい、近所の方が気の毒に思い訪ねてみると「このこと(馬が逃げたこと)が幸運を呼び込むかもしれない」と言いました。それから月日が経ち、逃げ出した馬が、足の速い立派な馬たちを連れて帰ってきたのです。

近所の方が喜びや驚きにあふれている中、またもやおじいさんは「このこと(立派な馬を連れ帰ったこと)が災いを呼び込むかもしれない」と言いました。そして月日が経ち、この馬に乗っていたおじいさんの息子が落馬して足を骨折してしまいました。

近所の方がおじいさんの息子のお見舞いに行くと、またもやおじいさんは「このこと(落馬して足を骨折したこと)が幸運を呼び込むかもしれない」と言いました。そして月日が経ち、戦争が起き多くの方が命を落とすことになりましたが、おじいさんの息子は足を骨折していたため戦争に行くことができなかっため、兵役を免れ命を落とすことはありませんでした。

この物語に出てくるおじいさんは占いが出来たため予想ができましたが、多くの人はこんな芸当はできません、。

幸福だったことが災いの原因になり、不幸だったことが幸福の原因になるこの物語を由来として「人生の幸福や不幸は、人間の予想・思い通りにならない」の意味である「人間万事塞翁が馬」ということわざが生まれたんですね。

「人間万事塞翁が馬」の類語

「人間万事塞翁が馬」の類語

「禍福は糾える縄の如し」

「人間万事塞翁が馬」の類語には「禍福は糾える縄の如し」というものがあります。読み方は「カフクハアザナエルナワノゴトシ」です。

幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくるということという意味があります。

「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」

「禍福は糾える縄の如し」同じように「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」という類語があります。読み方は「シズムセアレバウカブセアリ」です。

長い人生には幸運であることも不幸であることあり、不幸ばかり続く訳ではないという意味があります。

「人間万事塞翁が馬」の使い方

「人間万事塞翁が馬」の使い方

「人間万事塞翁が馬」の使い方としては座右の銘や、幸運や不幸があった時に戒めや励ましといった意味で使うことができます。

「人間万事塞翁が馬」を使った例文
  • 「人間万事塞翁が馬」と言うし、合格したからと言って油断することはできない。
  • 寝坊したけど今日は台風で学校が休みになった。これが「塞翁が馬」というやつか!
  • これがダメだったからと言って全てダメという訳ではない。「人間万事塞翁が馬」だよ!

人生では何が幸運・不幸を運んでくるかは誰にも分かりません。今は幸運でもその先には不幸が待っているかもしれませんし、今が不幸でもその先には幸運が待っているかもしれません。

「人間万事塞翁が馬」は座右の銘や戒め、励ましといった意味で使われて見てくださいね。

「人間万事塞翁が馬」の意味や読み方は?類語・使い方についてまとめ

「人間万事塞翁が馬」の意味や読み方は?類語・使い方についてまとめ

「人間万事塞翁が馬」の意味や読み方、類語、使い方について見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「人間万事塞翁が馬」の意味
    →人生の幸福や不幸は、人間の予想・思い通りにならない
  • 「人間万事塞翁が馬」の読み方
    →「ニンゲンバンジサイオウガウマ」「ジンカンバンジサイオウガウマ」とも読む
  • 「人間万事塞翁が馬」の類語
    →「禍福は糾える縄の如し」「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」

幸運なことも不幸なことも、人生にはつきものであり、それがいつ何が原因で起こるかは誰にも分かりません。何事にも一喜一憂せずに「人間万事塞翁が馬」を心に刻んで生活していきましょう。