豆知識・雑学

「全身を強く打って死亡」とは?事件・事故の報道の隠語について

ニュース番組を見たり聞いたりしていると「?」となる表現がいくつかありますよね。

タイトルの「全身を強く打って〜」という表現もそうですが、「淫らな行為」や「体液」なども何となくの意味は分かるけど、詳しいことはよく分からないというものがほとんどだと思います。

この記事で、そんな事件事故の報道によく使われている隠語について見ていきましょう。

「全身(頭)を強く打って死亡」とは

「全身(頭)を強く打って死亡」とは

「全身を強く打って死亡」の「全身を強く打って」とはその事件事故の被害者の全身がひどく損傷している状態、原形をとどめていない状態の婉曲的な表現です。

状況にもよりますが、複雑骨折や螺旋骨折、粉砕骨折、内臓破裂、脊髄損傷などが考えられます。

同じように「頭を強く打って」というのも、頭にひどい損傷を受けた状態、原形をとどめていない状態の婉曲的な表現として使われています。

「軽傷」「重傷」「重体」「軽症」「重症」とは

「軽傷」「重傷」「重体」「軽症」「重症」とは

「軽傷」「重傷」「重体」「軽症」「重症」の定義は以下の通りです。

表現
意味・定義
「軽傷」 全治30日未満の怪我のこと
「重傷」 命に別状がなく全治30日以上の怪我のこと
「重体」 怪我や病気に関わらず、命を落としてしまう危険がある症状・負傷のこと
「軽症」 軽い病傷で入院して治療する必要がないもの
「重症」 病傷の程度が3週間以上の程度を必要とするもの

「軽傷」は全治30日未満、「重傷」は命に別状がなく全治30日以上の怪我のこと、「軽症」は軽い病傷で入院して治療する必要がないもの、「重症」は病傷の程度が3週間以上の程度を必要とするもの、「重体」は怪我病気に関わらず命をおとする危険性があるものを指します。

「重体」の場合は「意識不明」と組み合わせて「意識不明の重体」と報道されることが多いです。

「軽傷」と「重傷」と「重体」と「軽症」と「重症」の違いは何?ニュースなどの報道で「軽傷」「重傷」「重体」「重症」「軽症」などの言葉をよく耳にします。何となく重い症状だとか酷い状態だとかは分かるので...

「心肺停止」「死亡」とは

「心肺停止」「死亡」とは

「心肺停止」と「死亡」という表現は同義に扱われてしまいがちですが、実は違います。

「心肺停止」は「呼吸停止」「心臓停止」という基準から医者などそういった職業についていない方でも判断することができますが、「死亡」は医師のみが「呼吸停止」「心臓停止」「瞳孔散大」「脈拍停止」から判断することができます。

医師の確認が取れるまでは、実際に亡くなっていたとしても「心肺停止」と表現することがほとんどです。

また、身元不明の死者のことを「死体」、身元が判明している死者のことを「遺体」と表現します。

「心肺停止」と「死亡」の違いは何?新聞やニュースなどの報道を見ていると、「心肺停止」や「死亡」という言葉を耳にすることがあると思います。「心肺停止」というのはつまり「呼吸...
「死体」と「遺体」の違いは何?ニュース番組を見ていると「死体」「遺体」という言葉で、死者の体を表現しますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 似たような意味...

「無事保護されました」「保護されました」「発見されました」とは

「無事保護されました」「保護されました」「発見されました」とは

「無事保護されました」「保護されました」「発見されました」の定義は以下の通りです。

表現
意味・定義
「無事保護されました」 心身共に特に大きな問題がなく、無事に見つかった状態
「保護されました」 心身にダメージはあるものの、無事に見つかった状態
「発見されました」「見つかりました」 行方不明者は発見されたものの、遺体の状態で発見された場合

行方不明になってしまった方が見つかった場合には、その発見者の状態によってニュース番組での表現が変わっていきます。

「わいせつな」「淫らな」「ひわいな」「いかがわしい」とは

「わいせつな」「淫らな」「ひわいな」とは

「わいせつな」「淫らな」「ひわいな」「いかがわしい」の定義は以下の通りです。

表現
意味・定義
「わいせつな行為」 相手の合意がない状態におけるセクハラや痴漢などのことで、性交は含まない
「淫らな行為」 相手の合意がある上で、性的に逸脱した行為のことで、性交も含む
「ひわいな行為」 盗撮や痴漢、公共の場での他人に対して羞恥させる行為
「いかがわしい行為」 「わいせつな行為」の一歩手前の様な状態で、社会的観念に反する様な行為

痴漢や淫行の婉曲的な表現として「わいせつな」「淫らな」「ひわいな」「いかがわしい」行為という表現があります。どれも似たような意味に感じますが、表現方法によって若干ですが意味が異なっていきます。

「体液」とは

「体液」とは

「体液」とは唾液や汗、尿、精液などの体から排泄される液体のことを主に指しますが、ニュース・報道などではこのうちの9割は「精液」の場合がほとんどです。

性的な用語は各テレビ局が規制をしているため、「精液」とストレートに伝えるのではなく、「体液」と一纏めにして伝えます。

「全身を強く打って死亡」とは?事件・事故の報道の隠語についてまとめ

「全身を強く打って死亡」など、事件事故の報道の隠語について見ていきました。

この記事のまとめ
  • 全身(頭)を強く打って死亡」:被害者の全身がひどく損傷している状態、原形をとどめていない状態の婉曲的な表現。複雑骨折、螺旋骨折、粉砕骨折、内臓破裂、脊髄損傷など
  • 軽傷」:全治30日未満の怪我のこと
  • 重傷」:命に別状がなく全治30日以上の怪我のこと
  • 重体」:怪我や病気に関わらず、命を落としてしまう危険がある症状・負傷のこと
  • 軽症」:軽い病傷で入院して治療する必要がないもの
  • 重症」:病傷の程度が3週間以上の程度を必要とするもの
  • 心肺停止」:誰でも「呼吸停止」「心臓停止」から判断することができる
  • 死亡」:医師のみが「呼吸停止」「心臓停止」「瞳孔散大」「脈拍停止」から判断することができる
  • 死体」:身元不明の死者のこと
  • 遺体」:身元が判明している死者のこと
  • 無事保護されました」:心身共に特に大きな問題がなく、無事に見つかった状態
  • 保護されました」:心身にダメージはあるものの、無事に見つかった状態
  • 発見されました・見つかりました」:行方不明者は発見されたものの、遺体の状態で発見された場合
  • わいせつな行為」:相手の合意がない状態におけるセクハラや痴漢などのことで、性交は含まない
  • 淫らな行為」:相手の合意がある上で、性的に逸脱した行為のことで、性交も含む
  • ひわいな行為」:盗撮や痴漢、公共の場での他人に対して羞恥させる行為
  • いかがわしい行為」:「わいせつな行為」の一歩手前の様な状態で、社会的観念に反する様な行為
  • 体液」:唾液や汗、尿、精液などの体から排泄される液体のことだが、報道番組の9割は「精液」

普段何気なく見たり聞いたりしていますが、実はこういった意味が含まれているんですね。これからはもう少し意味を理解してニュース・報道を見ることができそうです。

「細菌」と「ウイルス」の違いは何?風邪を引いたり、インフルエンザにかかってしまう原因となるものに「細菌」「ウイルス」といったものがありますが、これらの違いは何かご存知でし...
歴史上の「役」と「事変」と「陣」と「変」と「乱」の違いは何?日本の歴史の中には様々な出来事があり、それらの出来事について覚えるのはかなり根気がいりますよね。 その中で「○○の役」「○○の陣」...
「消毒」と「殺菌」と「滅菌」と「抗菌」と「除菌」の違いは何?菌から体を守ること、その菌を死滅させることを「消毒」「殺菌」「滅菌」「抗菌」「除菌」などと言います。 どれも似たような意味に捉えら...