豆知識・雑学

【何故?】お弁当のおかずの下に「パスタ」が敷いてある理由は?

スーパーやコンビニ、お弁当屋さんに置いてある弁当には共通しておかずの下に「パスタ」が敷いてあることがありますよね。味付けが特にされていないので、敷いてある「パスタ」を残すという方も中にはいると思います。

当たり前のように入っていますが、よく考えると何故、お弁当のおかずの下に「パスタ」が敷いてあるか疑問に思いますよね。

「パスタ」はいらないという意見も多々ありますが、おかずの下に「パスタ」が敷いてあるのにはしっかりとした理由があるんです。

おかずの下に「パスタ」が敷いてある理由

おかずの下に「パスタ」が敷いてある理由

おかずの下に味付けが特にされていない「パスタ」が敷いてあるのは何故なのか、とても気になりますよね。

理由は1つではなくいくつかあり、何故「パスタ」が敷いてあるのかの理由を知ると、合理的で納得すること間違いなしだと思います。

容器を保護するため

唐揚げなどの出来あがった際に高温であるものは、そのままの状態で盛り付けてしまうと、容器である弁当箱が溶けて変形してしまう可能性があります。

これを防ぐために下に「パスタ」を敷いて容器が容器に直接熱が届かないようにしているんですね。

スーパーやコンビニのお弁当は電子レンジで加熱することが前提になっているので「パスタ」を敷いてあるのは現在では稀ですが、お弁当屋さんだと出来たてを提供するのが常なので「パスタ」を敷いてある場合が多いです。

唐揚げですと出来立ては約200℃以上もあるので対策は必須だと言えますね。

おかずを固定するため

弁当箱は確認すると割とスペースがあるので、店頭に並べたり、運んだりしている最中で中身が揺れておかずがずれてしまいます。

そこでおかずの下に「パスタ」を敷くことによって、衝撃を受けても少しならば、受けた衝撃による偏りや見栄えが悪くなってしまうのも防ぐことができます。

特にソースなどがかかっているハンバーグなどのおかずだと、ずれることによってソースが他のものにかかってしまうと悲惨なので、こちらも対策は必須だと言えますね。

おかずの油を吸収させるため

ハンバーグや唐揚げなどのおかずは時間が経つにつれて油分が出てきて、弁当箱の底で油が固まってしまうということがあります。ベチャベチャになってしまうと、食べる気も少し失せてしまいますよね。

そこでおかずの下に「パスタ」を敷くことによって、出てきた油分を吸収させることができるんですね。また、油分を吸収することによって「パスタ」のツルツル感が増すので、「パスタ」もパサパサにならずに美味しく頂くことできるんですね。

余ったソースを有効活用するため

おかずにはソースが絡めてある場合がありますが、よほどのことでないとソースは容器に残ってしまいますよね。

しかし、そこに「パスタ」があればソースを絡めて美味しく頂くことができるんですね。「パスタ」に味付けがされていないのはこのためでもあるのかも知れません。

余ったソースを有効活用するためにも「パスタ」が敷いてあるんですね。また、ソースなどが無くても塩やケチャップなどを絡めれば美味しくいただけますね。

見た目や量のカサを増すため

これはかなり単純な理由ですが、おかずの下に「パスタ」を敷くのは見た目や量のカサを増すためでもあります。

大体のお弁当は、ご飯、漬物、野菜、あっておかずが2品、のような献立てで容器の中に入っています。これだと少しボリュームに欠けてしまうので、対抗策としておかずの下にパスタを敷く事によって、おかずの底が増しボリューム感を増加させることができます。

例えおかずが少なくても比較的安価で仕入れることができる「パスタ」でお弁当が多くあるように見せることができるんですね。

【何故?】お弁当のおかずの下に「パスタ」が敷いてある理由は?まとめ

【何故?】お弁当のおかずの下に「パスタ」が敷いてある理由は?まとめ
この記事のまとめ
  • お弁当のおかずの下に「パスタ」が敷いてあるのは、容器を保護するため、おかずを固定するため、おかずの油を吸収させるため、余ったソースを有効活用するため、見た目や量のカサを増すためなどの、複数の理由がある

普段何気なく食べているお弁当ですが、おかずの下に「パスタ」が敷いてあるのは、このような合理的な理由があったんですね。身近な疑問にはそれぞれに携わっている方の知恵と経験が詰まっているのかも知れません。