豆知識・雑学

氷が白くなるのはなぜ?透明な氷を家で作るにはどうすればいい?

コンビニやスーパーなどで販売されている氷は、中が透き通っていてとても綺麗ですよね。

しかし、家で作る氷というのはどうしても中が白くなってしまい、綺麗とは言い難いです。なぜ販売されているものと、家で作るものとではこんなにも違いが出てしまうのでしょうか。

この記事では、家で作る氷が白くなってしまう理由と、実は家で作ることができる綺麗な氷の作り方を紹介します。

家で作る氷が白くなってしまう理由

家で作る氷が白くなってしまう理由

家で作る氷が白くなってしまう理由は、水の中に不純物や空気が入っているためです。

水の中に不純物や空気が入っているのは理解できますが、それだと「氷全体が白くなるのではないの?」と思われるかも知れませんが、こちらにもしっかりとした理由があります。

水の中には様々な物質がありますが、その物質にはそれぞれ「凝固点」というものがあります。凝固点は、物質によって違いその中でも水に関しては凝固点が高く、他の物質よりも早く凍っていきます。

凝固点とは:液体が凝固し固化する温度のことを言います。ちなみに水が凍る温度のことを「氷点」と言います。

冷凍庫に水を入れると急速に冷やされていき、外側から凍り始めていき、だんだんと中心に向かって凍っていきます。このときに中心の部分が凍る際に小さなすきまから空気が入ったり、不純物が中心に追いやられて氷の中が白くなるというわけになります。

空気が白く見える理由は光が、氷の中の空気の部分で乱反射するためです。

自然の中では透明な氷を見れる

自然の中では透明な氷を見れる

冬などの寒い時期、池や溝の水が凍っていることがありますが、それを手にとって見たことはあるでしょうか。実は無色透明な綺麗な氷なんです。

これは、透明な氷を作る際のポイントなのですが、水をゆっくり冷やすことによって中に空気が入りにくくなるため、透明な氷ができます。

冷凍庫は急激に冷やすため、空気が入りやすくなるので中が白い氷ができるというわけになります。

透明な氷を家で作るには?

透明な氷を家で作るには?

透明な氷を家で作るポイントは上記で少し触れましたが、ゆっくりと冷やすことです。水をゆっくりと冷やしていき空気が入りにくくすることによって、家でも透明な氷を作ることができます。

その他にもポイントなることがあるので紹介していきますね。

透明な氷を作るポイント①不純物を取り除く

透明な氷を作るポイント①不純物を取り除く

水に含まれている不純物を取り除くことによって、透明な氷を作るのに一役買ってくれます。不純物を取り除くなんてすごいことをやるような雰囲気ですが、沸騰させるだけで簡単に取り除くことができます。

また、ミネラルが少ない軟水を使うとより良いです。

透明な氷を作るポイント②ゆっくりと冷やしていく

水に含まれている不純物を取り除くことも大事なのですが、一番大切なのはゆっくりと冷やしていくことです。いきなり冷凍庫に入れて冷やしてしまうと空気が入ってしまうので、チルド室などに最初に入れて水の温度を下げた後に冷凍庫に入れて見てください。

ゆっくりと冷やしていく際は熱伝導率の高い鉄やガラスなどの容器は避けて、プラスチック容器などを使って凍らしていくと良いです。熱伝導率をさらに下げるために製氷器を床に直に置くことは避けて、製氷器の下に熱伝導率が低い発泡スチロールを敷いたり、割り箸などを置いて隙間を作るなどして見ましょう。

他にも少し面倒ですが、水は外側から凍っていき、不純物や空気は中に押しやられるので2/3ぐらい凍ったところで、凍っていない部分を捨てて、新たに水を入れるという作り方もあります。

アイテムを使って透明な氷を作る

透明な氷を作る方法を紹介していきましたが、面倒だったり、買うと高かかったりするので困ってしまいますよね。

そんな時は透明な氷を簡単に作ることができる製氷機を使うと便利です。透明な氷になるように、作られており煩わしい作業も最低限度で済ますことができます。

透明な氷を毎回購入しているという方は、こういったアイテムがあると節約に繋がるので、1つ家にあっても良いかもしれませんね。

氷が白くなるのはなぜ?透明な氷を家で作るにはどうすればいい?まとめ

氷が白くなるのはなぜ?透明な氷を家で作るにはどうすればいい?まとめ

家で作る氷が白くなってしまうのは、水の中に空気や不純物が含まれているためでした。水を急速に冷やしていくと、凝固点が高い水が外側から凍っていき、空気や不純物が中心に追いやられた結果、乱反射で白く濁ってしまいます。

白くなるのを防ぐには、不純物を取り除く、空気が入らないようにゆっくりと冷やすことがポイントです。

今日では、透明な氷を簡単に作ることができるアイテムもあるので、そういったものも利用して生活に役立てていきたいですね。