豆知識・雑学

冷たいものを食べると頭が「キーン」と痛くなるのはなぜ?

暑い夏には冷たいアイスクリームやかき氷などがとても美味しく感じますよね。夏には毎日欠かさず食べる、という方も多いと思います。

そんなアイスクリームやかき氷ですが、冷たいものを食べると頭が「キーン」と痛くなる、というような経験をしたことがないでしょうか。人によってはあの痛みが苦手だという方もいると思います。

がっついて食べた時に割と起こるあの不思議な現象には、実はしっかりとした名前があるんです。

この記事では、気になるその現象について、なぜ起こるのか、またどうしたら起こらないのかについて簡単にまとめています。

頭が痛くなるのは「アイスクリーム頭痛」

頭が痛くなるのは「アイスクリーム頭痛」

アイスクリームやかき氷を食べて頭が痛くなるあの現象は、医学的にもしっかりとした名称があり、その名も「アイスクリーム頭痛」と言います。

人によってその痛みの症状は様々で「刺すような痛み」「ズキズキとした痛み」などがあります。

また、アイスクリームやかき氷などの冷たいものを食べたとしても、頭が痛くならない人もおり、その現象の発生は主に「偏頭痛」持ちの方に多いとされています。みんなで一緒に食べているのに自分だけ頭が痛くなっている、そんな場面に遭遇した人も多いと思います。

「アイスクリーム頭痛」はなぜ起こる?

「アイスクリーム頭痛」はなぜ起こる?

「アイスクリーム頭痛」の発症のメカニズムはまだ解明がされていませんが、有力な説としては下の2つがあります。

  • 冷たい物が口・喉を通過する際に神経を刺激、三叉神経が「冷たい」を「痛い」と勘違いし頭痛が起きる。
  • 冷たいものを口に含むと口の中が冷えてしまうため、反射で体温を上昇させようとするため、頭に通じる血管を膨張、血流を増大させることによって頭痛が起こる。

主にこの2つの説が原因で「アイスクリーム頭痛」が引き起こされるとされています。

個人差もあり、前述のように「偏頭痛」持ちの方、また「女性よりは男性の方がなる」という研究結果もあります。

「アイスクリーム頭痛」を起こさせないようにするためには?

「アイスクリーム頭痛」を起こさせないようにするためには?

アイスクリームやかき氷は美味しいですが、食べる度に「アイスクリーム頭痛」になっていては、せっかく美味しいものも美味しくなくなってしまいます。多くの場合は数秒から数十秒間待てば痛みは引きますが、予防法を覚えておくと何かと便利です。

「アイスクリーム頭痛」を起こさせないようにするために大切なことが「ゆっくり食べること」です。

ゆっくり食べることによって、急激に口の中が冷えるのを抑えることができ、血管の膨張も同様に緩やかにできるので「アイスクリーム頭痛」を抑えることができます。

また、冷たいものだけでなく、同時に温かいものを食べるのにも「アイスクリーム頭痛」を抑える効果があります。

冷たいものを食べると頭が「キーン」と痛くなるのはなぜ?まとめ

冷たいものを食べると頭が「キーン」と痛くなるのはなぜ?まとめ

冷たいものを食べると頭が「キーン」と痛くなる現象、「アイスクリーム頭痛」について簡単ですが見ていきました。

主な原因にはこのようなものがあり

  • 冷たい物が口・喉を通過する際に神経を刺激、三叉神経が「冷たい」を「痛い」と勘違いし頭痛が起きる。
  • 冷たいものを口に含むと口の中が冷えてしまうため、反射で体温を上昇させようとするため、頭に通じる血管を膨張、血流を増大させることによって頭痛が起こる。

「アイスクリーム頭痛」の予防には「ゆっくり食べること」「同時に温かいものを食べる」などがあります。

冷たいものを食べる際には切っても切れない関係なので、しっかりと対策をしていきたいですね!