豆知識・雑学

「数の子」の親は「ニシン」なのになぜ「数の子」と呼ぶの?

お正月にはお馴染みの「数の子」は、プチプチとした食感がクセになりますよね。

そんな「数の子」なのですが、親は「ニシン」という魚なのにどうして「数の子」と呼ぶのでしょうか。同じようなもので「たらこ」がありますが、こちらは「タラの子ども」だから「たらこ」。

例に習うと「ニシンの子ども」なので「にしんこ」になりそうなものですよね。

この記事では、「数の子」の親は「ニシン」なのになぜ「数の子」と呼ぶのかについて簡単に解説をしています。

「ニシン」は元々「かど」と呼ばれていた

「ニシン」は元々「カド」と呼ばれていた

今では「ニシン」と言う名称で親しまれていますが、北海道や東北地方などでは「ニシン」ではなく「かど」や「かどいわし」と呼ばれていました。

この「かど」や「かどいわし」の子ども(卵)のことを「たらこ」と同じように「かどのこ」と呼んでいました。

この「かどのこ」が訛って現在の「かずのこ」になり、「ニシン」の卵は数が多いと言うことから、「数」という漢字があてがわれるようになり「数の子」になりました。

ちなみに1文字で「(かずのこ)」という漢字もあります。

「かど」からなぜ「ニシン」になったの?

「かど」からなぜ「ニシン」になったの?

「かど」と言う名称だと聞こえが悪く、なかなか売れないと言う理由から名称を「かど」から変更したと言われています。

「ニシン」というのは「かど」の加工の仕方である、内臓を取りその身を2つに割く「二身(ニシン)」から来ています。

「数の子」にはどんな意味が込められている?

「数の子」にはどんな意味が込められている?

「数の子」はおせち料理や祝いの席・祝い肴などで食べる機会が多いですが、一体どんな意味が込められているのでしょうか。

「数の子」の「ニシン」は内臓を取りその身を2つに割く「二身(ニシン)」もありますが、「二親(ニシン)」と漢字であてる事ができ、その卵の数の多さから

  • 子孫繁栄・たくさんの子宝に恵まれるように
  • 代々栄える事ができますように

などの意味が込められています。

おせち料理や祝いの席・祝い肴などで食べる機会がある際は、ぜひ食べてみてくださいね。

「数の子」の親は「ニシン」なのになぜ「数の子」と呼ぶの?まとめ

「数の子」の親は「ニシン」なのになぜ「数の子」と呼ぶの?まとめ

「数の子」の親は「ニシン」なのになぜ「数の子」と呼ぶのかについて簡単に見ていきました。

簡単にまとめますと、「数の子」の親である「ニシン」は、元々「かど」という名称であり、「かど」の子どもで「かどのこ」。それが訛って現在の「数の子」になったという訳になります。

「数の子」はその性質からおせち料理や祝いの席・祝い肴などでも出されるめでたい食べ物なので、食べる機会がある際はぜひ食べてくださいね。