豆知識・雑学

「二日酔い」はなぜ起こる?効果的な対処法には何がある?

お酒を飲みすぎた翌日に起こる、頭痛や吐き気、胸焼けなどの様々な不快な症状が起こる「二日酔い」。

お酒を飲みすぎてしまうと当たり前のように起こる「二日酔い」ですが、なぜお酒を飲みすぎると「二日酔い」になるのか気になったことはないでしょうか。

この記事では、そんな「二日酔い」の原因に焦点を当てて以下の点について見ていきたいと思います。

  • 「二日酔い」はなぜ起こる?原因について
  • 「二日酔い」の効果的な対処法について

「二日酔い」の症状とその原因

「二日酔い」の症状とその原因

「二日酔い」はお酒の飲みすぎによって引き起こされる症状です。主な症状としては以下のものがあります。

「二日酔い」の症状
  • 頭痛
  • 嘔吐・吐き気
  • 胸焼け・動悸
  • 喉の渇き
  • 倦怠感・だるさ

お酒にはみなさんご存知の通り「アルコール」という成分が含まれていますが、この「アルコール」が体内に入ると「アルコール脱水素酵素」により「アセトアルデヒド」という成分に分解され、この「アセトアルデヒド」が「二日酔い」の原因になります。

「アセトアルデヒド」は非常に毒性が強いのですが、最終的には分解された後に肝臓で「水」と「二酸化炭素」に分解されます。しかし、少量のお酒なら良いのですが、大量にお酒を飲んでしまうとその分解が追いつかなくなってしまいます。

分解が追いつかなくなった「アセトアルデヒド」のその強い毒性によって、「二日酔い」が引き起こされます。

他にもこんな原因が…

お酒に含まれている「アルコール」には強い利尿作用があります。飲み屋に行ってお酒を飲むと必ずトイレに行くのはこのためです。

尿や、寝ている間にかく汗によって、必要以上に体から水分が抜けてしまい「脱水症状」もしくはそれに近い状態、になってしまいます。起きた時に具合が悪くなってしまうのは、こういったものの影響もあります。

また、「アルコール」の分解には「糖分」を必要とするため、大量にお酒を飲んでしまうと「糖分」が足りなくなるという事態も起こってしまいます。「糖分」の不足も体に不調をきたす要因になっています。

「二日酔い」の効果的な対処法(食べ物)

「二日酔い」の効果的な対処法(食べ物)

「シジミ」の味噌汁を食べる

「二日酔い」の対処では定番となっていますが、「シジミ」の味噌汁を食すことによって、「二日酔い」の改善をすることができます。

「シジミ」に含まれている「オルニチン」という成分には「二日酔い」の原因である「アセトアルデヒド」の分解を助けてくれる効果があります。また「オルニチン」だけでなく、「タウリン」「アラニン」といった成分も含まれており、これらも何らかの形で「アセトアルデヒド」の分解に役立ってくれます。

その「シジミ」を使った味噌汁を食すことによって、上記のものだけでなく「ミネラル」「塩分」も補給ができるので、まさに「二日酔い」にうってつけの食べ物となっています。

「梅干し」を食べる

「梅干し」に含まれている様々な「有機酸」には「二日酔い」に効果があることで知られています。

「クエン酸」には疲労回復効果が、「ピクリン酸」には肝機能の向上など他にも多くの成分が含まれており、それが「二日酔い」の対策に、また飲酒前に食べることによって「二日酔い」のある程度の予防にすることもできます。

「梅干し」は手軽に食べることができるので、ぜひ「二日酔い」の対策・予防に役立ててくださいね。

「バナナ」を食べる

「アルコール」を摂取すると、体内の「カリウム」が不足、それによって体に不調をきたす要因となってしまいます。そこでおすすめなのが失った「カリウム」を補うことができる「バナナ」です。

1番は飲み終わった後に食べて「二日酔い」に備えるのが良いですが、キツイという場合は翌朝食べるのでも多少の効果があります。

あまりに症状がひどい場合は、少量の「バナナ」もしくは「バナナジュース」にして飲むと、少しは体に入れやすいと思います。

「二日酔い」の効果的な対処法(飲み物)

「二日酔い」の効果的な対処法(飲み物)

「トマトジュース」を飲む

「トマト」に含まれている「リコピン」には「二日酔い」の原因となる「アセトアルデヒド」の働きを抑制する作用があります。

「日本栄養・食糧学会大会」というのもので、「トマト」を食べたときと、食べていないときの血中アルコール濃度について、食べた方が約30%以上血中アルコール濃度が下がったと立証されています。

もちろん「トマト」をそのままいただくのも良いですが、「二日酔い」ですとあまり食欲がわかないと思いますので、「トマトジュース」を飲むのがおすすめです。

また、「トマト」には「クエン酸」も含まれているので疲労回復にも効果が期待できます。

「スポーツドリンク」を飲む

「スポーツドリンク」には、お酒の飲み過ぎで失ってしまった「水分」と「糖分」を手っ取り早く補い、かつ「二日酔い」の症状を緩和させる効果があります。

ただ、極端に飲みすぎてしまうと「糖分」の過剰摂取になってしまうので、その辺りは注意です。

「栄養ドリンク」を飲む

現在では「二日酔い」に効果がある、肝機能の働きを助ける効果がある「ウコン」や「肝臓エキス」が配合された「ヘパリーゼ」や「液キャベ」などの「栄養ドリンク」が売られています。

効果や用法は、その商品によって異なるので、用量用法をしっかりと確認して飲むようにしてくださいね。

「二日酔い」はなぜ起こる?効果的な対処法には何がある?まとめ

「二日酔い」の原因や対策について見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「二日酔い」は、お酒に含まれている「アルコール」の分解過程で発生する「アセトアルデヒド」、お酒の強い利尿作用による「脱水症状」もしくはそれに近い状態、「アルコール」の分解による「糖分」の不足などの影響によって、頭痛や吐き気といった症状を引き起こす
  • 「二日酔い」の症状を抑える・緩和させるには、肝機能の働きを助ける、不足した「水分」「糖分」を体内に摂取することが大切

「二日酔い」は食前・食後である程度の対策を講じることができます。「今日はいっぱい飲みそうだな〜」というときは事前に対策を講じると、きっぱり症状がなくなるということは難しいですが、ある程度は抑える・緩和させることができます。ぜひ、参考にされてみてくださいね。

「フューチャーする 」の意味は何?「フィーチャー」との違いは?「○○をフューチャーする」などの使い方で「フューチャー」という単語を聞いたことがないでしょうか。 「フューチャーって確か「未来」っ...
使い終わった後の電池の正しい処分方法は?電池の捨て方について使い終わった電池の処分方法で困ったことはないでしょうか。 分別の仕方がイマイチ分からないので、使い終わった電池をまとめて引き出しや...
「大根おろし」が辛い!辛みの原因や対処法について「大根おろし」はピリッとした味わいから薬味として重宝されますね。 大活躍な「大根おろし」ですが、たまに滅茶苦茶辛いときがないでしょ...