豆知識・雑学

「ハロウィン」って何をする日?意味や由来・気になる疑問について

10月31日には「ハロウィン」のイベントが各地で開催され、仮装やお菓子などで大変賑やかになり、盛り上がりますよね。

しかし、なぜその「ハロウィン」にそのような催しをするのか気になったことはないでしょうか。祝日もそうですが、何気なくその日のイベントを過ごしてしまいがちですが、その意味について理解するともっと楽しむことができると思います。

この記事では以下の点に焦点をあてて見ていきたいと思います。

  • そもそも「ハロウィン」とは何をする日?
  • 「ハロウィン」の起源・由来
  • 「ハロウィン」の行事のそれぞれの意味

そもそも「ハロウィン」とは何をする日?

そもそも「ハロウィン」とは何をする日?

「ハロウィン」とは元々「サウィン祭」と呼ばれるもので毎年10月31日に開催される、古代ケルト人が起源とされている祭りのことでした。

元々は秋の収穫を祝う収穫祭と、毎年10月31日に来るとされる死霊などを追い払う宗教的な意味合いを持つ祭りのことでしたが、現在では民間行事として深く根付いており、宗教的な意味合いは全くありません。

もちろんしっかりと理解して行なっているところもあると思いますが、日本では「ハロウィン」の意味や起源を全く知らずに、仮装(コスプレ)をして友人や家族と騒ぐ行事のようなものになっている印象が強いですね。

東京の渋谷などでは毎年、羽目を外しすぎて暴行事件などに繋がったり、多くの人が飲み食いしたペットボトルや容器などを道端に放棄して、ゴミの問題なども持ち上がっています。

1人1人のモラルやマナーを守ることが大切ですね。

「ハロウィン」の起源・由来

「ハロウィン」の起源・由来

「ハロウィン」の起源とされている「サウィン祭」、古代ケルトでは11月1日が新年で、その前日となる10月31日はその年の終わりとしていました。

10月31日の夜は秋の終わりを意味しており、秋の収穫を祝う収穫祭も行われていましたが、同時に、この日には先祖の霊・死霊などが家族の元に会いに来ると信じられており、秋の収穫を祝う収穫祭と(先祖の霊は良いですが)死霊を追い払う、宗教的な意味合いを持った日でした。

そして月日が経ち、キリスト教と合わさり、現在ではカトリック教会で11月1日に行われる「✏︎諸聖人の日」の前夜祭として認知されています。

「諸聖人の日」とは全ての聖人と殉教者を記念する日です。

「サウィン祭」が既に民衆の心に根付いていたため、一神教のキリスト教としては無くしたいところでしたが、「諸聖人の日」の前夜祭という位置付けで「✏︎ハロウィン」という名称にし、現在に至ります。

「ハロウィン」という名称は、「諸聖人の日」を意味する「All Hallo」と「前夜」を意味する「eve」が合わさって「All Hallo Eve」となり、それが転じて「Halloween」になったとされています。

「ハロウィン」の行事のそれぞれの意味

「ハロウィン」の行事のそれぞれの意味

「ハロウィン」の仮装

「ハロウィン」には先祖の霊・死霊などが家族の元へやって来るという話をしましたが、このときに先祖の霊だけでなく悪魔や魔女といったものなども死後の世界からやって来て、人々に良くないこと・不幸をもたらしたりします。

そのままでいると悪魔や魔女に狙われて不幸になってしまうので、悪い霊や悪魔などと仲間だと思わせるために仮装をするということになります。

現在では、アニメ・ゲームのキャラクターのコスプレをすることが多いですね。

「ハロウィン」の「ジャック・オー・ランタン」

「ハロウィン」と言えば、目・鼻・口の形にくり抜いたかぼちゃの「ジャック・オー・ランタン」がお馴染みですが、これは悪魔や魔女を怖がらせ追い払うために「火」や「仮面」などを用いていたことと、アイルランドの民話である「ジャック」という男の話が元になっています。

アイルランドの民話

あるところに「ジャック」というずる賢い男が住んでいました。

あるとき、「ジャック」の元へ魂をもらいにやって来た悪魔がいましたが、「ジャック」は持ち前のずる賢さで見事に悪魔を騙し「自分は死んでも地獄へ落ちない・魂を悪魔に取られない」という約束を取り付けることに成功します。

その後月日が経ち、「ジャック」は亡くなるのですが、「ジャック」は生前に悪事ばかりを働いていたため天国に行くことができず、また悪魔との約束により地獄へと行くこともできませんでした。

「ジャック」は悪魔に「どうすれば良いのか」訪ねますが、どうすることもできず、灯り(火の魂)だけをもらってあてもなく歩き続けます。

「ジャック」は灯り(火の魂)を落ちていた「かぶ」の中に入れ、それをランタン代わりにし、あてもない旅路を行きます。

簡単にまとめますとこのような話になります。

この話では「かぶ」でしたが、この話がアメリカへと伝わったときに、アメリカでは「かぶ」が少なく「かぼちゃ」の方が多かったため「かぼちゃ」へと変化しました。

「ジャック・オー・ランタン」は日本で言う「鬼火」のようなものなんですね。

「ハロウィン」の「トリック・オア・トリート」

「ハロウィン」では「トリック・オア・トリート!お菓子をくれなきゃイタズラするぞ」と言われたら、「ハッピーハロウィン」と答えてお菓子を渡すのがルールになっていますね。

これは「ソウリング」というヨーロッパの習わしが元になっています。「ハロウィン」から2日後の11月2日にはキリスト教では「死者の日」として、成仏ができていない霊のためにお祈りをするという儀式をしていました。

「クリスチャン」は家を周って祈り、お返しに「ソウル・ケーキ」というパンやお金を対価にし「ソウリング」を行っていました。

この習わしが、いつの日にか子どもたちがお菓子をねだりに歩く「トリック・オア・トリート」になっていきました。

「ハロウィン」って何をする日?意味や由来・気になる疑問についてまとめ

「ハロウィン」って何をする日?意味や由来・気になる疑問についてまとめ
この記事のまとめ
  • 「ハロウィン」とは元々「サウィン祭」と呼ばれるもので、秋の収穫を祝う収穫祭と(先祖の霊は良いですが)死霊を追い払う、宗教的な意味合いを持った日
  • 「ハロウィン」には死霊を追い払うために仮装をしたり、「ジャック・オー・ランタン」を飾ったり、「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらう催しなどがある

「ハロウィン」になってしまうと、ついうかれて羽目を外してしまいがちですが、しっかりと意味を理解した上で、皆が楽しく笑顔でいられるようなものにしたいですね。