豆知識・雑学

「冬将軍」の意味・由来は何?将軍とは誰のことを指すの?

11月や12月などに近づくに連れて寒さも一段と増していき、冬という季節をよりいっそう肌に感じますよね。

寒さが厳しくなってくると、天気予報などで「冬将軍到来」「冬将軍の訪れ」「冬将軍来たる」などと表現することが増えます。「冬将軍」と耳にして、何となく寒さを表現しているんだなと理解することができますが、実際にどんな意味が「冬将軍」に含まれているのか知っているという方は意外にも少ないと思います。

何故「将軍」なのか、意味だけでなく由来に関しても気になるところですよね。

この記事で、そんな「冬将軍」の気になる意味や由来について一緒に見ていきましょう。

「冬将軍」の意味について詳しく

「冬将軍」の意味について詳しく

「冬将軍」とは厳しい冬の寒さの様子を擬人化して表現したものです。「冬将軍」と書いて「ふゆしょうぐん」と読みます。

日本では天気予報などで厳しい寒さを表現するために、この「冬将軍」を使いますが、気象庁が定義した気象用語ではありません。

「冬将軍」の正体はシベリア大陸上空に居座っている、気温が低く乾燥した高気圧の「シベリア寒気団」もしくは、この「シベリア寒気団」によってもたらされる厳しい冬の寒さのことです。「冬将軍」が日本へと到来する時期は10月中旬~2月上旬ごろの冬型の気圧配置と言われている西高東低の「西高」にあたります。

西高東低の気圧配置は高気圧から低気圧へと風が流れるため、冷たい空気の塊がシベリアから日本へと流れて厳しい寒気をもたらします。これによって、日本海側では大雨や大雪を、太平洋側では乾燥した北西風を、それぞれの立地条件からもたらします。

「冬将軍」の由来・語源について詳しく

「冬将軍」の由来・語源について詳しく

冬の厳しい寒さを「冬将軍」と表現するようになったのは、ロシアとフランスの戦争が由来だとされています。

「冬将軍」の由来のロシアとフランスの戦争とは?

1812年、ヨーロッパを征服した皇帝ナポレオン1世は、夏になる前にロシアのモスクワへと60万人の大軍を率いて侵攻します。対するロシア軍は戦えば負けることは目に見えていたので、広大な土地を活かしつつフランス軍の進路にある家屋や田畑、街などを全て燃やしながら後退し続けます。フランス軍の現地での食料や衣料の調達する術を潰す「焦土作戦」を決行し、フランス軍の勢力が弱まるのを待ちました。

目論見通り、大軍であるフランス軍は兵站線が伸びきってしまい、食料や弾薬、夏になる前に進軍したため防寒服などの供給が間に合わずに、大軍の維持ができなくなってしまいます。

結果としてはモスクワは占領されてしまいますが、「焦土作戦」によって供給ができなくなったフランス軍は10月に撤退を余儀なくされます。フランス軍は撤退を始めますが、兵力を温存していたロシア軍はそこを追撃、ロシアの寒さも合わさってフランス軍は壊滅状態になります。60万人の大軍は最終的に1%以下の5000人にまで減ってしまいました。

この様子をイギリスの新聞記者が、フランスはロシアの冬に負けた「General Frost(霜将軍・冬城軍)」と皮肉を交えて報道したのが語源とされています。

この「General Frost」が翻訳されて「冬将軍」となり、今日に至ります。

「冬将軍」はナポレオン以外にも…

ロシアの「冬将軍」はナポレオンがモスクワへ侵攻したとき以外にも、その恐ろしさを発揮しています。

18世紀に起こったバルト帝国(現在のスウェーデン)との戦争、第二次世界大戦のヒトラーによるソビエト攻撃の際にも、「冬将軍」が活躍し敵国の計画を頓挫させて撤退を余儀なくさせます。

広大な自然の力の前には、屈強な肉体や最新の装備などは歯が立たないということからも、この「冬将軍」という表現は有名になっていきました。

「冬将軍」の意味・由来は何?将軍とは誰のことを指すの?まとめ

「冬将軍」の意味・由来は何?将軍とは誰のことを指すの?まとめ

「冬将軍」は厳しい冬の寒さの様子を擬人化して表現したもので、その由来は皇帝ナポレオンが関わったロシアとフランスの戦争でした。

「冬将軍」の寒さの正体はシベリア大陸上空に居座っている「シベリア寒気団」のことで、これが影響して日本海側では大雨や大雪を、太平洋側では乾燥した北西風をもたらします。

「冬将軍」とはその名にふさわしい、自然の強大な力を指し示す表現だったんですね。