豆知識・雑学

耳に水が入ったときの対処法は?簡単に抜く方法はある?

海やプール、はたまたお風呂に入った際にうっかり耳の中に水が入ってしまうことが多々あります。

耳に水が入ってしまうと、エコーがかかったようなボワーンとした感じになってしまうので、とても不快ですよね。どうにか耳にある水を抜こうと思って頭を揺すったり、ケンケンして抜きにかかるのですが、抜けないときは本当に抜けません。

頭を揺すったり、ケンケンしてもどうしても水が抜けない場合は、ここで紹介する方法をぜひ試されてみてくださいね!

耳の中に入った水はなぜ中々抜けないのか

耳の中に入った水はなぜ中々抜けないのか

耳の中に入った水はすぐに抜けそうなものですが、中々抜くことができません。水が抜けない理由は耳の中の構造が大きく関係しています。

耳の穴から鼓膜までの道を「外耳道(がいじどう)」と言います。この「外耳道」には角度が急になったり、曲がったりしている影響で中が迷路のような構造になっており、その奥には僅かですが窪みが出来ており、これを「外耳」と言います。

曲がったり、迷路になっているので海やプール、お風呂に入る程度では耳に水が入るということは構造上中々多くあることではありません。しかし、1度入ってしまうと迷路のようになって、窪みに水が表面張力でくっついてしまうので、耳の中に入った水は中々抜くことが出来ないんですね。

耳に水が入ったときの対処法

耳に水が入ったときの対処法

耳に水が入ったときの対処法はいくつかあるので、お好きなものを試されて見てください。

自然と蒸発させる

耳に水が入ることによってそれを放置すると「何か起きるんじゃないのか、中耳炎になるんじゃないのか」と思われがちですが、多くの場合は半日程度で自然と蒸発していきます。

しかし、何日か経っても耳に違和感や痛みなどがある場合は、中耳炎などの耳の疾患を引き起こしている可能性があるので、早めに耳鼻科に行ってお医者様に診てもらうようにしてください。

ドライヤーを使って乾かす・温める

ドライヤーを使って乾かす・温めることによって、水を乾かす・温めることによって水を抜く、という方法があります。乾かすのはそのままの意味で、温めることによって表面張力を弱ませて水を抜きやすくさせることができます。

ドライヤーでなくても温めるのであれば、ホットタオルやカイロなどでも充分代用ができると思います。

ドライヤーを使って乾かす・温める場合は、自身が熱く感じない程度まで充分に離して、ターボた強風ではなく弱風にし、長時間当て続けることは控えるようにしてくださいね。

水耳の中に入れる(呼び水)

耳に水が入っているのに、さらにそこへ水を入れるのは抵抗があるとは思いますが、少量の水を耳に入れると抜けやすくなります。呼び水」と言って、日常的にプールの中にいることが多い水泳選手の方たちがよく行う方法とされています。

これは耳の奥の窪みである「外耳」と、新たに入れた水とが合わさってより大きな水の塊になって「外耳」にはまることなく出すことができるためです。

しかし、プールや海、川などで耳に水が入り、手頃なところに水があるからと言ってプールや海、川の水の使用は衛生的に不安が残るので控えてください。

前述の通り、耳に水が入っているのに、さらにそこへ水を入れるのは抵抗があると思うので、そういった方は専用の揮発剤があるので、そちらを購入して試されて見るのもアリです。

消毒用アルコールを耳の中に入れる

水と同じように消毒用アルコールを耳の中に入れることによって、水を抜くという方法もあります。

耳の中に消毒用アルコールを数滴垂らし、少し待って傾けるとアルコールが蒸発するのと一緒に耳から水も出てくる、もしくは水と一緒に蒸発して、耳の中の水を取り除くことができます。

水の入っている耳を下にしてゴロゴロする

水の入っている耳を下にしてゴロゴロすることによって、「外耳」に入っている水がうまい具合に抜ける場合があります。

他のものに比べると手軽にできるので、ぜひ試されて見てくださいね。

間違った水の抜き方・扱いには注意

間違った水の抜き方・扱いには注意

耳の中の皮膚は非常に薄くできているので、間違った水の抜き方・雑な扱いをしてしまうと、皮膚を傷つけてしまい「外耳炎」という「外耳」の炎症の原因になってしまいます。

綿棒やコヨリなどを使って水を抜くという方もいますが、それによって耳の皮膚に刺激を与えてしまったり、耳垢を奥に押し込んで耳が良く聞こえなくなってしまうということもあります。また、鼓膜は耳の入り口から割と近くにあるので、綿棒やコヨリを押し込むことによって鼓膜にも何かしらの影響を与えてしまう可能性もあります。

いくら水を抜くからと言っても綿棒やコヨリを使って対応しないようにしましょう。

耳に水が入ったときの対処法は?簡単に抜く方法はある?まとめ

耳に水が入ったときの対処法は?簡単に抜く方法はある?まとめ

耳に水が入ってしまうと中々抜くことはできませんが、基本的には自然と蒸発するのであまり気にしないことも大切なのかもしれません。すぐに違和感を取り除きたいという方は、ここで紹介した方法をぜひ、試されて見てくださいね。

数日経っても違和感が治らなかったり、痛みなどが引き起こされるようであれば、すぐに耳鼻科に行ってお医者様に診てもらうようにして下さいね。