豆知識・雑学

「風邪を引く」はなぜ「引く」なの?気になる言い回しについて

日本語というのは面白いもので、どうしてこのような文言になったのか不思議に思うものが、私たちが普段から使う言葉の中でもちらほらありますよね。この「ちらほら」もそうですね。

その中でも「風邪を引く」ってなぜ「引く」何でしょうか。他の病気では「病気を引く」とは言わずに「病気にかかる」や「病気になる」などで、風邪以外に「引く」という言い回しを使うのは聞いたことがありませんよね。

「風邪を引く」という言い回しには何か秘密がありそうです。

「風邪を引く」はなぜ「引く」なのか、その理由について調べて見ました。

「風邪」について辞書では

「風邪」について辞書では

「風邪」について辞書ではこのように記載がされています。

呼吸器系の炎症性の病気で、単一の疾患ではなく、医学的には風邪症候群という。熱がでて寒けがし咳が出る。感冒(かんぼう)。ふうじゃ。

weblio辞書・風邪より引用

一口に「風邪」と言っても、その症状には様々なものがあり、熱や喉の痛み、咳やくしゃみなどがあります。ここの「感冒」というのは呼吸器系の疾患の総称のことです。

そして、ここで気になるのが一番下の「ふうじゃ」という部分ですね。「風邪」は「ふうじゃ」とも読むことができるので、ここに秘密がありそうです。

「風邪」の語源は「風邪(ふうじゃ)」

「風邪」の語源は「風邪(ふうじゃ)」

私たち人間が体調を崩したり、病気にかかったり、風邪を引いてしまううち、外的な要因でなるものを東洋医学・漢方医学では「邪(じゃ)」と言います。

この「邪(じゃ)」になる原因としては「六気(ろっき)」という「風」「湿」「暑」「燥」「寒」「火」の6種類があります。この6つはそれぞれ、そのままの意味の「風・湿気・暑さ・乾燥・寒さ・火」を表しており、私たちが体調を崩す・病気にかかる原因となるものを示しています。

これらが原因で発病・発症をする「邪(じゃ)」とそれぞれの「六気(ろっき)」とがあわさって、「風邪・湿邪・暑邪・燥邪・寒邪・火邪」と言い、これを「六淫(りくいん)」と言います。

この「六淫(りくいん)」の中の「風邪(ふうじゃ)」を体の中に引き込むことによって、病気になるので「風邪を引く」という言い回しになるということになります。「風邪(ふうじゃ)」というのは、すなわち「風」のことで、風の邪気を体に引き込むから「風邪を引く」となるんですね。

なぜ「風」で「風邪」を引くのか

なぜ「風」で「風邪」を引くのか

「風邪を引く」の「引く」の部分に関しては、その邪気を引き込むということで納得しましたが、「風」で「風邪」を引くというのはイマイチピンときませんよね。

こちらに分かりやすい説明がされていました。

「風」で「風邪を引く」と聞いても、すぐにはピンとこないと思います。しかし、想像してください。体に風が当たり続けると、徐々に体表の熱を奪い、皮膚や粘膜が乾燥する。皮膚や粘膜が乾燥したら次に何が起こるか。体内にウイルスや細菌が侵入しやすくなりますよね。免疫力が下がってしまい、容易に細菌やウイルスの侵入を許すようになってしまいます。

「かぜ」と「風邪」③~東洋医学から見る「風邪」編~より引用

また、「風邪(ふうじゃ)」は他の「六淫(りくいん)」と合わさることによって、さらなる悪影響を体に及ぼすとされており、寒邪と合わさって「風寒邪(ふうかんじゃ)」火邪と合わさって「風熱邪(ふうねつじゃ)」などと呼ぶこともあります。

「風邪を引く」はなぜ「引く」なの?気になる言い回しについてまとめ

「風邪を引く」はなぜ「引く」なの?気になる言い回しについてまとめ

「風邪を引く」はなぜ「引く」なのか、気になる言い回しについて見ていきました。

簡単にまとめますと「風の邪気を引き込むから」「風邪を引く」ということですね!「風邪」と言うと、なんだか軽く見られがちですが「風邪は万病のもと」とも言います。風邪になったら、ないがしろにせずに栄養・睡眠をしっかりとり、安静にして風邪の元から直していきましょう。