豆知識・雑学

「煩悩」とはどういう意味?「煩悩」の数が108個になった由来は?

何かと耳にする機会が多い「煩悩」という言葉、この言葉の意味は何かご存知でしょうか。

またその「煩悩」は108個の種類があると言われていますが、本当にそんな数の「煩悩」があるのでしょうか。さらに108と聞くと、「煩悩」の数だけ撞くと言われている「除夜の鐘」との関係性も気になるところです。

この記事で、「煩悩」について詳しく見ていきましょう。

「煩悩」とは

「煩悩」とは

「煩悩」とは仏教における教義の1つで、人を苦しめて煩わせる、悟りに至る道を妨げる心の働きのことを指します。

「煩悩」と表記して「ぼんのう」と読みます。

「煩悩」の原語は、サンクリット語の「クレーシャ」という言葉で、心の汚れという意味があります。「煩悩」の根源は3つあり「貪欲(とんよく)」「瞋恚(しんに)」「愚痴(ぐち)」の3つを合わせて「三毒(さんどく)」と言います。「貪欲」とは底の見えない欲のこと、「瞋恚」は怒り、「愚痴」は物事の正しい道理を知らないこと、という意味があります。

「煩悩」の無い世界を「涅槃(ねはん)」と言い、仏教では人が苦しむ原因である「煩悩」に耐えて、そこに至るために厳しい修行を行います。

「煩悩」と聞くと、どうしてもネガティブだったり、マイナスなイメージがありますが、「食べたい」「寝たい」「出世した」「成長し続けたい」「あいつに勝ちたい」などの欲望や怒りというものは私たち人間が成長していく上では切っても切れない関係です。いき過ぎた欲望というのは毒になりますが、こういった「煩悩」があるからこそ今の私たちが在るんですね。

「煩悩」の数が108個になった由来

「煩悩」の数が108個になった由来

「煩悩」は108個の種類があると言われていますが、本当にそんな種類もあるのか気になりますよね。「煩悩」の数が108個になった由来は諸説あるので、ここではいくつか紹介していきたいと思います。

「六根」

私たち人間には感覚器官というものがありますが、仏教では人間の感じる器官として「眼(め)」「耳(に)」「鼻(び)」「舌(ぜつ)」「身(しん)」「意(い)」の6つがあるとされています。この6つに3つの状態、「良いのか(好)」「悪いのか(悪)」「どちらでも無いのか(平)」の3通りがあり、さらにそれが「綺麗なのか(浄)」「汚いのか(染)」の2通りがあり、そして過去・現在・未来の3つの時間に渡って悩ませることから3通りがあり、これ全てを組み合わせて6×3×2×3=108で、「煩悩」の数が108個になったとされています。

「煩悩」の数が108個になった由来としては、この「六根説」が最も有力とされています。

「四苦八苦」

非常に苦しむいう意味の「四苦八苦」という言葉がありますが、この「四苦(4×9=36)」と「八苦(8×9=72)」を足して「煩悩」の数が108個になったという説もあります。

「十二月」「二十四節気」「七十二候」

1年における月の数「十二月」である「12」と、「立春」「夏至」などの「二十四節気」である「24」と、「二十四節気」をさらに3つに分類した「七十二候」である「72」を足して「煩悩」の数が108個になったという説もあります。

「除夜の鐘」の108と「煩悩」の108の関係

除夜の鐘の108と「煩悩」の108の関係

年末年始に行われる年中行事の1つに「除夜の鐘」を、多くのお寺で「煩悩」の数だけ撞きますが、どのような関係、意味があるのでしょうか。

年末年始に「除夜の鐘」を108回撞くのは、人間の「煩悩」108個を取り除くためです。「煩悩」の数が108というのは「たくさん」という意味があるため、必ずしも108回きっちりと撞くわけではなく、お寺によっては200回以上撞くところもあります。

通常、「除夜の鐘」を撞くのは夜に行われますが、近隣住民からの騒音としての苦情が多い地域においては、昼間に行われることもしばしばあります。

「煩悩」とはどういう意味?「煩悩」の数が108個になった由来は?まとめ

「煩悩」について詳しく見ていきました。

この記事のまとめ
  • 「煩悩」とは仏教における教義の1つで、人を苦しめて煩わせる、悟りに至る道を妨げる心の働きのこと
  • 「煩悩」の数が108になった由来には諸説あるが、「六根説」が最も有力とされている
  • 年末年始に「除夜の鐘」を108回撞くのは、108回撞くことによって人間の「煩悩」108個を取り除くため

「煩悩」は仏教の言葉なので、理解に苦しむ部分もありますが、私たち人間にとって切っても切れない関係です。いき過ぎた欲というのは毒ですが、私たちが成長していくためには重要なものです。ぜひ、参考にされて見てください。

油性ペンを綺麗に落とす方法は?落とし方・消し方を紹介!何かの作業で油性ペンを使用することがありますが、その際に手や洋服に誤ってついてしまうことが多々あると思います。 油性ペンは水に溶け...
「確信犯」の意味や使い方とは?多くの人が誤用している?「彼は分かっていてやっている確信犯だ!」なんて言葉をこういった言い回しで使ったことはないでしょうか。実はこの「確信犯」という言葉は、誤用...
冷たいものを食べると頭が痛くなるのはなぜ?暑い夏には冷たいアイスクリームやかき氷などがとても美味しく感じますよね。夏には毎日欠かさず食べる、という方も多いと思います。 そん...