豆知識・雑学

使い終わった後の電池の正しい処分方法は?電池の捨て方について

使い終わった電池の処分方法で困ったことはないでしょうか。

分別の仕方がイマイチ分からないので、使い終わった電池をまとめて引き出しや、小物入れに入れてとりあえずの保管をしている方が多いと思います。

しかし、いくら使い終わった電池だとしても、重なって保管していたり、電気を通しやすいものの近くに置いておくと破裂・爆発といった危険性もあるんです。

この記事では以下の点に焦点をあてて電池の処分方法について見ていきたいと思います。

  • 使い終わった後の電池の危険性
  • 電池の絶縁方法について
  • 使い終わった後の電池の処分方法

使い終わった後の電池の危険性について

使い終わった後の電池の危険性について

使い終わった電池なんだから電流なんて発生しないんじゃないの?」と思われがちですが、電池同士や他の金属と触れたり、重なったりすることでの保管状況によっては、プラス極とマイナス極に大きな電流が流れて破裂・爆発などを引き起こす危険性があるんです。

また、使い終わったと自分が思っていても、電池の中には容量がまだ残っている可能性もあります。

過去には、ボタン電池の重なりが原因でそこから出火し、大きな火災になったという事故もあります。特にコイン型のリチウム一次電池は全面が金属であるために、発火や爆発などの危険性が高いと言われています。

使い終わった後の電池を処分するまでの保管方法・まだ容量が残っている電池の保管方法には注意が必要です。

電池の絶縁方法について

電池の絶縁方法について

電池からの発火や爆発を防ぐには、電池を絶縁することが大切です。

電池の絶縁方法はとても簡単で、「セロハンテープ」や「ビニールテープ」をプラス極とマイナス極を覆う感じで貼り付けると、簡単に絶縁することができます。電池の大きさによっては1回では貼り付けることができないので、その場合は「セロハンテープ」「ビニールテープ」を複数枚使ってプラス極とマイナス極を覆うようにしましょう。



一手間かかりますが、これで大きな事故を防ぐことができるので、面倒くさがらずに必ず行うようにしましょう。

また、後ほど触れますが、地域によっては「セロハンテープ」や「ビニールテープ」を使って電池を絶縁状態にしておかないとゴミ出しで処分することができない場合があります。

使い終わった後の電池の処分方法

使い終わった後の電池の処分方法

電池は大きく分けて「使い捨て電池(乾電池)」「充電式電池」「ボタン電池」の3つの種類に分けることができ、この種類によって分別の仕方が各自治体・地域によって変わっていきます。

処分する前に上で紹介しました、電池の絶縁を忘れないようにしましょう。

「使い捨て電池(乾電池)」の処分方法

「使い捨て電池(乾電池)」の場合は、基本的には各自治体のごみステーションで回収を行なっています。ごみステーションに電池専用のカゴが設置してあったり、集積所などの場所で回収する自治体もあるので、要確認です。

分別名は「資源ゴミ」「不燃ゴミ」「乾電池」「有害ゴミ」、また捨てる時の状態(袋に入れるか入れないか、絶縁をしておくのかなど)など各自治体によって異なるので、配布されているゴミ出しカレンダーや、お住いの地域のホームページを確認して見ましょう。

「充電式電池」の処分方法

「充電式電池」の処分方法は基本的には、リサイクルを目的とした「リサイクル協力店」に設置してある「小型充電式電池リサイクルBOX」に入れることによって処分することができます。その際は絶縁を忘れないように行いましょう。

「充電式電池」は通常の電池とは異なり、希少な資源が含まれているため、ゴミに出すのではなくその資源の回収が、2001年に制定された「資源有効利用促進法」により義務化されています。

こちらのリンクから「充電式電池」を回収してくれる「リサイクル協力店」を検索することができます。

✏︎外部リンク『協力店・協力自治体』検索

持っているものが「充電式電池」かよく分からないという場合は、電池の裏に「リサイクルマーク」が記されているので、そこから判断することができます。

「ボタン電池」の処分方法

「ボタン電池」の処分方法は、協力店舗や協力施設に設置されている「ボタン電池回収缶」に入れることによって処分することができます。こちらも処分する前は絶縁を忘れないように行いましょう。

「ボタン電池」には水銀という環境汚染の原因になる物質が含まれているため、通常のゴミ出しでは処分することができません。環境汚染を防ぐために、回収をしているんですね。

こちらのリンクからお近くの「ボタン電池」を回収してくれる協力店舗や協力施設を検索することができます。

✏︎外部リンク「ボタン電池回収協力店の検索」

使い終わった後の電池の正しい処分方法は?電池の捨て方についてまとめ

電池の正しい処分方法について見ていきました。

この記事のまとめ
  • 使い終わった後の電池は絶縁をしておかないと、発火や爆発といったことが起こる危険性があるため、絶縁をすることが重要
  • 電池の絶縁方法は「セロハンテープ」や「ビニールテープ」をプラス極とマイナス極を覆う感じで貼り付けると簡単にできる
  • 「使い捨て電池(乾電池)」の処分方法:基本的には各自治体のごみステーションに出す(要確認)
  • 「充電式電池」の処分方法:「リサイクル協力店」に設置してある「小型充電式電池リサイクルBOX」に入れる
  • 「ボタン電池」の処分方法:協力店舗や協力施設に設置されている「ボタン電池回収缶」に入れる

イマイチ電池の処分方法が分からなくて、家の引き出しに使い終わった電池が溜まっている、という方は、まずは「セロハンテープ」や「ビニールテープ」を使って絶縁をすることが大切です。絶縁をしておけばとりあえずは安心ですからね。

その後の処分は各自治体の指示に従い分別して捨て、「小型充電式電池リサイクルBOX」や「ボタン電池回収缶」を利用して正しい処分をしていきましょう。

耳に水が入ったときの対処法は?簡単に抜く方法はある?海やプール、はたまたお風呂に入った際にうっかり耳の中に水が入ってしまうことが多々あります。 耳に水が入ってしまうと、エコーがかかっ...
「静電気」が起こる原因は?「静電気」対策はどうすればいいの?冬になるとドアを開けようとしときや、何かに触れたときに「バチッ」と「静電気」が発生する機会が多いですよね。痛いのはもちろん嫌ですが、それ...
ペットボトル飲料をそのまま凍らしても大丈夫?破裂・膨張は防げる?暑い夏には冷たい飲み物が欠かせません。「水筒を持っていってもいいんだけど、氷を切らしている」なんて経験はないでしょうか。 そんな時...