祝日

「文化の日」は何をする日?意味や由来について簡単に解説

11月3日は日本の国民の祝日の1つである「文化の日」です。

「文化の日」ということは分かっていても、具体的にはどんな日なのか、そこにはどんな意味が込められているのかについては、よく知らないという方が多いと思います。

この記事で、一緒に「文化の日」についておさらいしていきましょう。

「文化の日」の意味について詳しく

「文化の日」の意味について詳しく

「文化の日」は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としています。

「文化の日」である11月3日は日本国憲法が公布された日で、その日本国憲法は平和と文化に重きを置いているため「文化の日」のという名称になったとされています。

それに関連してが施行された日が5月3日の「憲法記念日」で、11月3日に公布された「文化の日」と5月3日に施行された「憲法記念日」は兄弟のような関係なんですね。

「公布」と「施行」の違いは何?

  • 公布
    →このような法律・条例ができたことを国民に広く知らせること
  • 施行
    →実際にその法律・条例が実行されて効力を持つこと

「文化の日」ができた経緯・由来

「文化の日」ができた経緯・由来

「文化の日」ができるまでには終戦直後ということ・GHQ(連合国総司令部)の介入などもあり、できた経緯・由来には様々な紆余曲折がありました。

11月3日はもともと「明治節」という明治天皇の誕生日であり祝日だった

現在は「文化の日」ですが、11月3日はもともと「明治節」という明治天皇の誕生日であり祝日でした。「天長節」とも言います。

明治天皇が崩御(亡くなるの意味)された後、明治天皇の誕生日であった11月3日を祝日にしたいという国民の想いや声が多かったため、11月3日を「明治節」として祝日になったとされています。

しかし、第二次世界大戦で日本が敗戦した後、当時日本を統治していたGHQ(連合国総司令部)は日本の弱体化を狙って、天皇や神道に関連するものを徹底的に排除しようとし、この「明治節」も廃止されてしまいます。

「明治節」である11月3日を「憲法記念日」にしたかった貴族院

GHQによって「明治節」が廃止されてしまいましたが、何としてでも・どのような形でも「明治節」を残しておきたいという想いから、参議院の前身である「✏︎貴族院」は意図して日本国憲法の交付を11月3日にし、この11月3日を「憲法記念日」にしようと考えていました。

「貴族院」について:「貴族院」とは現在の参議院の前身であり、衆議院とともに帝国議会を構成した立法機関のことです。「貴族院」は皇族や華族、勅選議員で構成がされていました。

GHQはそれを反対

貴族院は、日本国憲法の交付を11月3日にし、この11月3日を「憲法記念日」にしようと考えていましたが、それはダメだとGHQは反対をしました。

理由は定かではありませんが、明治天皇の誕生日ある11月3日の「明治節」と、「憲法記念日」が結びつくのをGHQが嫌ったためとされています。

「文化の日」の誕生

その後GHQは「日本国憲法の施行日である5月3日ならば憲法記念という名称でも良い」という旨の声明を出し、これに衆議院は同意をします。

そして「日本国憲法の公布日である11月3日は憲法記念日という名でない記念日とするなら何という名がいいか」と打診、そして「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨とした「文化の日」が誕生しました。

こうして「明治節」は「文化の日」という名前で残ることになりましたが、日本においてこの11月3日という日にちがいかに大切な日なのか、明治天皇の偉大さがとてもよく分かりますね。

「文化の日」は何をする日?

「文化の日」は何をする日?

「文化の日」には皇居で行われる「文化勲章授与式」というものがあります。

文化勲章とは、科学技術や芸術の分野において、その発展が日本の技術に深く貢献した・功績を挙げた人々へ授与される勲章のことで、天皇陛下直々に手渡しがされます。

世界的に有名な指揮者の小澤征爾さんや、原子物理学者の湯川秀樹さんなどが、この文化勲章を授与されています。

最大のイベントと言いますと、上の「文化勲章授与式」ですが、全国各地の博物館や美術館、図書館などでは「文化の日」にちなんだイベントが開催されます。

入場料が無料になったり、自然体験や、伝統工芸の体験講座など、場所によって異なりますが、お住いの近くの博物館や美術館、図書館のホームページにアクセスしてどんなことをするのかチェック、そしてぜひ足を運ばれて見てください。

また、この「文化の日」は晴天になる確率が高い「晴れの特異日」とされており、お出かけにぴったりな日です。

「文化の日」は何をする日?意味や由来について簡単に解説まとめ

「文化の日」は何をする日?意味や由来について簡単に解説まとめ

「文化の日」について見ていきました。

1つの祝日の制定にこんなにも紆余曲折があったとは驚きですが、「文化の日」には色々な思いが込められた祝日なんですね。

「文化の日」には全国各地の博物館や美術館、図書館などでは「文化の日」にちなんだイベントが開催されるので、ぜひ足を運ばれて見てくださいね。