祝日

2019年の「秋分の日」はいつ?由来や毎年日付が変わるのはなぜ?

「シルバーウィーク」を構成しているものに「秋分の日」があります。

「秋分の日」は国民の祝日ですが、一体どんな日なのか、そこにどんな意味があるのかについて知っているという方は意外にも少ないと思います。私も「昼と夜の長さが同じになる」というぐらいの知識しか持っていません。

この記事では、「秋分の日」の気になる事柄について解説をしています。ぜひ、この機会に「秋分の日」について覚えていってくださいね。

2019年の「秋分の日」はいつ?毎年日付が変わるのは?

2019年の「秋分の日」はいつ?毎年日付が変わるのは?

2019年の「秋分の日」は、「9月23日(月曜日)」です。

「秋分の日」は「✏︎秋分点」と呼ばれる位置を太陽が通過した日のことを指しています。太陽の動きを国立天文台が計算して、政府が決定をするので毎年同じ日が「秋分の日」になるという訳ではありません。

大体は「22日、23日、24日」のいずれかになります。「秋分の日」が毎年毎年日付が変わるのはこのためだったんですね。

秋分点とは;黄道(太陽の通り道)と天の赤道(地球の赤道面を天球に延長したもの)との交点のことです。

「秋分の日」の「秋分」って?

「秋分の日」って?

「秋分の日」の「秋分」とは、「二十四節季」という1年を24に分けたものの1つで、上でも触れました、「秋分点」を通過した瞬間のことを指しています。また、昼と夜の長さが同じになるとされていますが、実際には昼の方が若干ですが長いそうです。

「二十四節季」の有名どころでは「春分」や「夏至」「冬至」などがあります。

つまり、「秋分点」を通過した瞬間のことを「秋分」、「秋分点」を通過した日のことを「秋分の日」という訳です。

「秋分の日」にはどんな意味があるの?

「秋分の日」にはどんな意味があるの?

「秋分の日」は、日本の国民の祝日の1つであり、1948年(昭和23年)に公布・施行されたもので「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ということを趣旨としています。

仏教の世界では「西方浄土」と言って西の方角には「極楽浄土」があると言われており、太陽が真西に沈む「秋分の日」そして同じように真西に沈む「春分の日」には先祖に想いを馳せる・祈るということをしていたそうです。

それが現在の「秋分の日」の「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」に繋がっているんですね。

また、「秋分の日」「春分の日」の周辺は「お彼岸」です。「秋分の日」「春分の日」それぞれを中心とした前後3日間、合わせて7日間は先祖の供養を行う期間でもあります。こちらも「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」に繋がっていますね。

「秋分の日」はなぜ祝日になっているの?

「秋分の日」はなぜ祝日になっているの?

「秋分の日」の意味についてはなんとなく理解できましたが、どうして祝日になっているのでしょうか。

「秋分の日」は1948年(昭和23年)に公布・施行されましたが、実はその前身となるものがあり、その祝日が由来になっています。

1878年(明治11年)から1947年(昭和22年)は「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」という祭日で、歴代の皇族を祀る儀式を行う日でした。その「秋季皇霊祭」が戦後の改革を経て現在の「秋分の日」になっています。

2019年の「秋分の日」はいつ?由来や毎年日付が変わるのはなぜ?まとめ

2019年の「秋分の日」はいつ?由来や毎年日付が変わるのはなぜ?まとめ

「秋分の日」の気になる事柄について見ていきました。「秋分の日」について少しでも知れることができたら幸いです。

「秋分の日」は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」、シルバーウィークや行楽シーズンと重なるので羽目を外しがちですが、先祖を敬い、供養することも大切です。お墓まいりなどは行けなくても、偲ぶことはできるので「秋分の日」を大切にしていきたいですね。