意味・語源

「サムネ」の意味は何?意味や語源について解説

TwitterやLINEなどのSNS、YouTubeなどの動画投稿サービスなどで、時折「サムネ」という言葉を目にしたり耳にしたりすることがあると思いますが、この「サムネ」の意味は何かご存知でしょうか。

若者の間で何かと使われる「サムネ」という言葉。いざというときのために、こういった言葉の意味は理解しておきたいところです。

この記事で、「サムネ」の意味や語源について見ていきましょう。

「サムネ」の意味とは

「サムネ」の意味とは

「サムネ」とは縮小された画像、画像や印刷物などを見やすくするために縮小された小さなサイズの画像、SNSなどのプロフィール画像のことを指します。

「サムネ」は「サムネイル」の略称で、英語では「thumbnail」と表記します。一般的には「サムネイル」と言いますが、「サムネール」と表記されることもしばしばあります。

「サムネ」はその画像や動画を見やすくする小さくした画像のことを指します。見本というとより分かりやすいと思います。画像や動画がたくさんある場合、その表示されているサイズが大きいと見づらくなってしまうため、小さく表示をして見やすく、そして読み込みを速くしているんですね。そのため「サムネ」というのは本当に重要なもので、その小さな画像の中で如何にユーザーに対して興味を持ってもらえるかが勝負となります。

YouTubeなどの動画投稿サービスでは、動画のある一部分が切り抜かれたものや、専用に作られたものが表示されますが、これ次第で、その動画見るか見ないかが決まってくる指標にもなるため、より再生数を稼ぐためには「サムネ」の作成も重要になっていきます。

「サムネ」の本来の意味は、縮小された画像ことを指しますが、現在の中高生たちの若い世代は、主にSNSなどのプロフィール画像のことを指して「サムネ」と言います。

「サムネ」の語源とは

「サムネ」の語源とは

「サムネ」は英語で表記すると「thumbnail」ですが、「thumbnail」の前半の「thumb」は「親指」という意味、後半の「nail」は「爪」を意味しており、直訳すると「親指の爪」となります。

「親指の爪」のように小さいと言う意味から、縮小された画像のことを「サムネイル」と呼ぶようになりました。

また、このことからプロフィール画像のことを「親指の爪」と呼ぶこともあります。

「サムネ」の意味は何?意味や語源について解説まとめ

「サムネ」の意味や語源について見ていきました。

「サムネ」とは 縮小された画像、画像や印刷物などを見やすくするために縮小された小さなサイズの画像、SNSなどのプロフィール画像
「サムネ」の語源とは 「親指の爪」のように小さいと言う意味から、「親指」という意味の「thumb」、「爪」という意味の「nail」が組み合わさってできた

ぜひ、参考にされて見てください。