意味・語源

「シャバ」の意味は何?意味や語源について解説

シャバ」の意味は何かご存知でしょうか。テレビや漫画などで度々「シャバの空気はうまい」などの表現を見かけますが、「シャバ」にはどんな意味があるのか気になりますよね。

この記事で、「シャバ」の意味や語源について見ていきましょう。

「シャバ」とは

「シャバ」とは

「シャバ」とは軍隊や刑務所などの不自由・閉鎖的な空間、自由が拘束されている場所に対して外の自由な世界のことです。

漢字では「娑婆」と表記します。

「シャバ」は自由がない、拘束されている空間や世界に対して自由な世界を指す言葉です。主に軍隊や刑務所、遊郭などにいる人たちが、その自由な世界である一般社会を指す際に使われます。

この「シャバ」という言葉が世間に広まっていくに連れて、これに派生した言葉も出てきており、「根性なし」「冴えない」と言った意味の「シャバい」、また「シャバい」振る舞いをしている人物に対して言う「シャバ僧」などの言葉も生まれています。

「シャバ」の語源とは

「シャバ」の語源とは

「シャバ(娑婆)」の語源はサンスクリット語の「大地」や「三千大千世界」を意味する「sahā(サハー)」です。

「娑婆」は、元の発音に漢字を充てて出来た言葉で、また「sahā」には「忍土(にんど)」という意訳語もあります。「忍土」というのは「苦しみを耐え忍ぶ場所」のことであり、仏教の世界観では、私たちが暮らしているこの世界の本質は、苦しみを耐え忍ぶ場所であるとされています。

仏教用語と一般的な使い方は違うので、この辺りは注意が必要です。

「シャバ」の意味は何?意味や語源について解説まとめ

シャバ」とは 【意味】軍隊や刑務所などの不自由・閉鎖的な空間、自由が拘束されている場所に対して外の自由な世界のこと
【備考】派生した言葉に「シャバい」「シャバ僧」などがある
シャバ」の語源とは 【語源】サンスクリット語の「大地」や「三千大千世界」を意味する「sahā(サハー)」
【備考】「忍土」という意訳語もあり、「苦しみを耐え忍ぶ場所」という意味もある

「シャバ」の意味は語源について見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「デフォ」の意味は何?意味や語源について解説「デフォ」の意味は何かご存知でしょうか。日常会話などでも使われるようになった言葉ですが、耳にしても、意味がよく分からないという方が意外に...
「サムネ」の意味は何?意味や語源について解説TwitterやLINEなどのSNS、YouTubeなどの動画投稿サービスなどで、時折「サムネ」という言葉を目にしたり耳にしたりすること...
「今北産業」の意味は何?意味や語源について解説皆さんは「今北産業」という言葉をご存知でしょうか。掲示板やSNSなどで盛り上がりを見せると、「今北産業」という言葉を投稿している方がいま...