意味・語源

「サブスク」とは?意味や語源について解説

サブスク」という言葉の意味は何かご存知でしょうか。「サブスク解禁」などのように使われているのをニュースなどで見かけますが、どのような意味があるのか気になりますよね。

この記事で、「サブスク」の意味や語源について見ていきましょう。

「サブスク」とは

「サブスク」とは

「サブスク」とは定額の料金を支払うことによって一定期間の間受けられる何らかのサービスのことです。

定期購読」や「予約購読」といった言葉に置き換えても差し支えありません。

月毎であったり、年毎であったり、一定の料金を支払うことによってそのサービスを受けることができるその形態を「サブスク」と言います。以前は新聞や牛乳配達など一般的でしたが、スマートフォンの急激な普及に伴って、音楽や動画配信サービスなどのインターネット上で、また無形のものも「サブスク」として定着し、利用する方が多いです。

最近になって「サブスク」という言葉が使われる機会が多くなりましたが、そのサービスの形態自体は以前からありました。

動画配信サービスでは「U-NEXT」「Netflix」「Hulu」「DAZN」「Amazon Prime Video」など、音楽配信サービスでは「AWA」「Spotify」「LINE MUSIC」「Apple Music」「Google Play Music」などがあります。

「サブスク」の語源とは

「サブスク」の語源とは

「サブスク」の語源とは「購読」や「予約購読」などの意味を持つ「サブスクリプション(subscription)」です。

「サブスクリプション(subscription)」は英語の動詞である「サブスクライブ(subscribe)」の名詞形です。

一般的には「定額の料金を支払うことによって一定期間の間受けられる何らかのサービスのこと」を「サブスク」と「サブスクリプション」を省略して呼称しますが、このサービスの形態を「サブスクリプション方式」と言い、ビジネスモデルの1つとされています。

「サブスク」とは?意味や語源について解説まとめ

サブスク」とは 【意味】定額の料金を支払うことによって一定期間の間受けられる何らかのサービスのこと
【備考】新聞や牛乳配達などの他、音楽や動画配信サービスなどもある
サブスク」の語源とは 【意味】「購読」や「予約購読」などの意味を持つ「サブスクリプション(subscription)」
【備考】「サブスク」と呼称するのが一般的だが、ビジネスに於いては「サブスクリプション方式」と言う

「サブスク」の意味や語源について見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。