意味・語源

「パワーワード」の意味は何?意味や語源について解説

皆さんは「パワーワード」という言葉をご存知でしょうか。掲示板やSNSなどで見かける言葉ですが、どんな意味を持っているのか気になりますよね。また、正確な意味は知らなくても、なんとなくのニュアンスで使っている方も、意外にも多いと思います。

この記事で、「パワーワード」の気になる意味や語源について見ていきましょう。

「パワーワード」の意味とは

「パワーワード」の意味とは

「パワーワード」とは力のある言葉、力を秘めた言葉、インパクトのある言葉を指します。

「力」を意味する「パワー」と、「言葉」を意味する「ワード」が組み合わさった言葉です。

その言葉だけで、私たちに大きな影響を与えるものが「パワーワード」です。先人たちの言葉で、心に響くようなもの、ポジティブな感情を呼び起こすものも「パワーワード」と言いますが、その反対に、ネガティブな感情を抱かせる「パワーワード」もあり、良くも悪くも、心に残る、印象に残る言葉が「パワーワード」となります。

ビジネスやTwitterを中心としたSNSなどで、2010年代から広がりを見せ、2017年の「今年の新語」では、第3位に入選しました。

「パワーワード」の語源とは

「パワーワード」の語源とは

「パワーワード」の語源や由来に関しては詳しいことは分かっていません。最近になって見かける機会が多くなっていますが、「パワー」と「ワード」という2つの単語が組み合わさったものなので、いつ使われ始めていてもおかしくありません。

記録に残っているもので「パワーワード」という言葉が使われたものでは、1974年に制作された、世界初のテーブルトークRPGである「ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)」の呪文の中で使われており、「パワー・ワード・キル」という呪文の一部として用いられています。

しかし、最近になって「パワーワード」という言葉が広がりを見せたのは、twitterで連載されていたサイバーパンク活劇小説である「ニンジャスレイヤー」だとされています。

上のものがツイートされ、拡散された後、「ニンジャスレイヤー」のファンを中心に「笑えるインパクトのある言葉」として「パワーワード」強い広がりを見せ、これが転じて「力のある言葉」「力を秘めた言葉」「インパクトのある言葉」として、「パワーワード」が使われるのが主流となっていきました。

「パワーワード」の意味は何?意味や語源について解説まとめ

「パワーワード」の気になる意味や語源について見ていきました。

「パワーワード」とは 力のある言葉、力を秘めた言葉、インパクトのある言葉
「パワーワード」の語源とは 詳しい語源・由来については分かっていないが、上記の意味で「パワーワード」が広がったのは、twitterで連載されていたサイバーパンク活劇小説である「ニンジャスレイヤー」だとされている

ぜひ、参考にされて見てください。