意味・語源

お金の単位で使われる「k」の意味は何?意味や語源について解説

SNSや掲示板などで、「今回は10k使ってもピックアップのキャラクターが出なかった」などの文言を見かける事があると思いますが、この「k」とは何なのでしょうか。

「k」の意味が分からないと、上の文章を発言した方や、「k」を使った文章を書いている方がどの程度の金額を使ったのか分かりませんよね。

この記事で、気になる「k」の意味や語源について見ていきましょう。

「k」の意味とは

「k」の意味とは

お金の単位で使われる「k」とは1,000の単位を省略したものです。

なので単に「(1)k」という場合は「1,000円」、「5k」という場合は「5,000円」、冒頭で少し触れた「10k」という場合は「10,000円」をそれぞれ表しています。「k」が使われている場合は、「k」の前についている数字に1000をかけるか、もしくは「k」の前についている数字に「0」を3つ足す、と覚えておくと分かりやすいです。

「k」は主にSNSや掲示板などの書き込みで使われる事が多く、公的な書類などで使用されることはありませんが、ビジネスの場では一般的に使われる事が多いです。その場合は、1,000の単位を省略した「k」だけでなく、100万の単位を省略した「m(M)」、10億の単位を省略した「b(B)」、10兆の単位を省略した「t(T)」なども使われる事があります。

「k」の語源とは

「k」の語源とは

「k」の語源・由来となっているものは「キロメートル」や「キログラム」、「km」「kg」などの「k」です。

「1,000m」=「1km」であり、「1,000g」=「1kg」でお馴染みですが、「k」にはお金の単位を表す以外にも、様々な所で「1000倍」を表す記号として使われています。他にも「4K」「8K」などの解像度を表す際にも使われており、これらも「4,000」「8,000」を表しています。

ちなみに、「k(キロ)」はギリシャ語で1000を意味する「khilioi」に由来しています。

他にも、単位で「k」が使われる事があり、絶対温度を表す「k(ケルビン)」、金の含有量を表す「k(カラット)」などがありますが、これらは1000という意味は含まれていません。

お金の単位で使われる「k」の意味は何?意味や語源について解説まとめ

「k」の意味や語源について見ていきました。

「k」とは 1,000の単位を省略したもの
「k」の語源とは 「キロメートル」や「キログラム」、「km」「kg」などの「k」に由来している。また、「k(キロ)」はギリシャ語で1000を意味する「khilioi」に由来している

ぜひ、参考にされて見てください。