健康

「紫外線」って何?「紫外線」は人体にどんな影響を与えるの?

季節が夏に近づくにつれて至る所で「紫外線」という言葉が耳に入ってくるようになります。この「紫外線」は体に浴びすぎると悪いというのは何となく頭に入っているのですが、実際にどんな影響を私たちに与えるのか知っている人は意外にも少ないと思います。

この記事では以下の点に焦点をあてて見ていきます。

  • 「紫外線」とはそもそも何なのか
  • 「紫外線」の種類について
  • 「紫外線」は私たちの体にどんな影響を与えるのか

そもそも「紫外線」とは何なのか

そもそも「紫外線」とは何なのか

「紫外線」とは、地球に到達する太陽光線の成分の3つあるうちの1つで、他には「可視光」「赤外線」などがあります。

それぞれに関して簡単に説明をすると、太陽光線の成分の約半数を占める「可視光」は私たちが常日頃から浴びる「光」、そのまた半数ほどを占める「赤外線」は太陽などを浴びた時の「熱」のことですね。

そしてこの記事の主題の「紫外線」の太陽光線の成分の割合に関しては数%と少ないですが、これが問題になっているわけですね。良いところ、悪いところがありますがそれは後ほど紹介していきますね。

「紫外線」にもその波長によって種類があり、波長が315~400nmのものを「UV-A」、波長が280~315nmのものを「UV-B」、波長100~280nmのものを「UV-C」と言います。

「紫外線」の種類
  • UV-A:波長315~400nm
  • UV-B:波長280~315nm
  • UV-C:波長100~280nm

このうち、「UV-C」に関しては、そのほとんどをオゾン層で吸収されるため私たちがいる地表には届きません。残った「UV-A」「UV-B」が地表に届いて悪さをしているわけですね。地表に届く「UV-A」「UV-B」の割合は、「UV-A」が95%「UV-B」が5%と言われています。

紫外線の「UV-A」「UV-B」は一体、人体にどんな影響が与えるのでしょうか。

「紫外線」はその波長が短いほど体に悪影響を与えると言われており、「UV-C」>「UV-B」>「UV-A」と言った具合に有毒作用があります。

「紫外線(UV-A)」の人体への影響

「紫外線(UV-A)」の人体への影響

「UV-A」は3種類ある「紫外線」のうち、95%を占めていますが、私たちの体にはどんな影響を与えるのでしょうか。箇条書きでまとめて見ました。

「紫外線(UV-A)」の人体への影響
  • 日焼け
  • シワやたるみと言った肌の老化現象(光老化)
  • 免疫力の低下
  • 皮膚ガンのリスク
  • 目へのダメージ

「UV-A」は別名「生活紫外線」とも言われています。その所以は、その波長が長いということから家の窓や、雲を通り抜けて肌の奥の真皮層まで達するためです。例えその日が曇りの日や、家の中で普段と同じように過ごしていても、いつの間にか知らず識らずのうちに肌にダメージを与えています。

「UV-A」が真皮層にまで達してしまうと、繊維芽細胞というは「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などを作り出す細胞にダメージを与えて、結果的にシワやたるみと言った肌の老化現象に繋がってしまいます。この「紫外線」によって肌のたるみやシワなどが生じることを「光老化」と言います。

また、「紫外線」によって長年肌にダメージを負うと、細胞の修復に異変が生じて「皮膚ガン」という恐ろしいケースにも繋がる恐れもあります。

「紫外線(UV-B)」の人体への影響

「紫外線(UV-B)」の人体への影響

続いて地表に届く「紫外線」の5%を占める「UV-B」の人体に与える影響について見ていきましょう。こちらも箇条書きでまとめています。

「紫外線(UV-B)」の人体への影響
  • 日焼け(サンバーン)
  • シミ・そばかすの原因
  • 免疫力の低下
  • 目に深刻なダメージ(白内障)
  • 皮膚ガンのリスク

「UV-B」別名「レジャー紫外線」とも言われています。「UV-B」は「UV-A」よりも波長が短いため、肌の奥の真皮層まで届くということはありませんが、その代わりに浴びすぎてしまうと「メラニン」をどんどん増やしてシミやそばかすと言ったものの原因になってしまいます。

また、海水浴に行った時に長時間太陽の下にいて、皮膚が赤くなりヒリヒリとした感覚、水ぶくれなどを伴うものを「サンバーン」と言います。この「サンバーン」は「UV-B」の影響が多いとされています。

「UV-B」などの紫外線は、加齢の影響もありますが、水晶体に影響を与えて「白内障」などを引き起こすとされています。

「紫外線」の効果

「紫外線」の効果

紫外線の悪影響に関して見ていきましたが、私たちにとって良い効果もあります、次はそちらを紹介していきますね。

「紫外線」の効果
  • ビタミンDの生成
  • レーザー治療での活用

「紫外線」の素晴らしい効果といったら何と言っても「ビタミンDの生成」です。「ビタミンD」は魚やきのこ類などに含まれていますが、食事のバランスによってはこの「ビタミンD」は不足しがちになってしまいます。それを「紫外線」の助けもあって体の中で生成することができます。

「ビタミンD」には、「免疫機能の調整」「骨を丈夫にする」と言った素晴らしい効果があり、不足してしまうと骨や筋肉が弱まるなど、骨粗鬆症や高血圧などの原因になってしまいます。

他にも「アトピー」などの治療にも「紫外線」が活用されています。

「紫外線」って何?「紫外線」は人体にどんな影響を与えるの?まとめ

「紫外線」って何?「紫外線」は人体にどんな影響を与えるの?まとめ

「紫外線」とは何なのか、その「紫外線」は私たちの体にどんな影響を与えるのかについて簡単に見ていきました。何となくでも理解できたら幸いです。

「紫外線」は私たちの体に悪影響も与えますし、良い効果も与えてくます。何事も程々が大事ですが、いつの間にか知らず識らずのうちに「紫外線」を浴びています。日差しが強くなくても、天気が曇りだったとしても紫外線対策を怠らず生活していきたいですね。