健康

舌が白くなる「舌苔」の原因は何?舌磨きのしすぎは注意?

歯磨きなどのタイミングで鏡で自身の舌の状況を確認するときがありますが、舌の表面に白い苔のようなものが付着している、ということがないでしょうか。

白い苔のようなものは口臭の原因にもなるとされており、それを気にして舌磨きをしている方も多いと思います。

しかし、白い苔のようなものを取り除きたいがためにゴシゴシ洗ってしまうと、返って口臭を悪化させてしまう原因にもなってしまうんです。

この記事では以下の点にに焦点をあてて見ていきたいと思います。

  • 舌の表面に白い苔のようなものが付着したものは何なのか
  • (舌の表面に白い苔のようなものの)その原因と対策
  • 舌磨きの際のポイント

舌の表面に白い苔のようなものは「舌苔(ぜったい)」

舌の表面に白い苔のようなものは「舌苔(ぜったい)」

舌の表面に白い苔のようなものは「舌苔(ぜったい)」と言います。

舌の表面は絨毯のようにその表面に小さな突起があり、この部分に食べ物を食べたときの食べカスがひっかかって溜まり、そこに細菌が繁殖して白い苔のような状態になってしまいます。

口の中では「嫌気性細菌」という細菌が舌の表面にある食べ物のカスなどのタンパク質を分解する活動を行うのですが、その過程で硫化水素が発生し、口臭の原因になってしまうということになります。(口臭の原因が「舌苔」だけとは限りません。)

舌は健康のパロメーターとも言われており、疲れてしまったときや抵抗力が下がったりしたときに「舌苔」になってしまうことがありますが、「舌苔」になってしまう原因・要因は人それぞれで、健康な方でもなりますし糖尿病などの病気にかかっている人でもなりますし、その方の体質や生活習慣に左右されます。

「舌苔」になってしまう原因

「舌苔」になってしまう原因

口呼吸が多い

口呼吸が多いと自然と口の中が乾燥してしまうため、「舌苔」がこびりついてしまい、ちょっとやそっとでは落ちない状態になってしまいます。

寝る際に口呼吸をしているという方は、口に貼るだけで鼻呼吸を促すことができるアイテムを使うのも手です。

唾液があまり出ていない

「舌苔」になってしまう原因には、食事の際によく噛んで食べていない、ということも原因に挙げられます。柔らかい食品・食べ物ばかりを食べるのも良くありません。よく噛んで食べることによって唾液腺を刺激し、唾液をたくさん分泌させることで自然と「舌苔」が落とすことができます。

それに伴い人とよく話す、ストレスを緩和させるということも唾液を分泌させるのに大事になっていきます。

タバコを吸いすぎている

タバコを吸うと、「舌苔」ができるだけでなく「舌苔」にヤニが付着してしまいひどい口臭を発生させます。

そうでなくてもタバコを吸いすぎてしまうと歯周病になってしまったり、歯肉が黒くなってしまったり、味覚を鈍化させたりとあまり良いことはありません。

タバコを吸うのは自由ですが、食べ物を美味しくいただけなくなってしまうのは辛いですね。

「舌苔」を取り除く・舌磨きの際のポイント

「舌苔」を取り除く・舌磨きの際のポイント

「舌苔」を取り除くためにゴシゴシしてしまいがちですが、ゴシゴシしてしまうと舌を守っている粘膜を傷つけてしまい、口臭を逆に悪化、さらには舌にある味蕾(みらい)と呼ばれる食べ物を味を感じることができる器官を傷つけてしまい、味覚がおかしくなってしまった、ということもあります。

舌磨きは慎重に行うことが大切です。

通常、舌は常にピンクが良いということではなく、ほのかに白くなっていることが健康な状態であるとされています。

「舌苔」、歯ブラシを湿らせて、「舌苔」を少しずつ取り除く感じで、舌の奥から手前に丁寧にゆっくりとかき出すように動かします。一度かき出したらその都度、水で歯ブラシについている物を洗い流してください。

あまり奥に入れすぎてしまうと、嘔吐してしまうので無理せずにできる範囲だけを行いましょう。この際に舌に傷ができてしまったという場合は、2,3日は舌磨きは控えてください。

必要に応じてアイテムを使う

歯ブラシを使って「舌苔」を取り除くのも良いですが、専用の「舌ブラシ」や「スポンジブラシ」などを使うと舌を傷つけずに「舌苔」を取り除くことができます。

また、あわせて「薬用マウスウォッシュ」を使用すると、磨き後のケアもできますし、口臭の原因を殺菌することができます。使用の際は、説明書をしっかりと読んで使うようにしてくださいね。

治らない場合は病気の可能性も

治らない場合は病気の可能性も

生活習慣を改善して、「舌苔」を取り除いても中々治らないという場合は、何らかの病気になっている可能性があります。
中には「舌がん」などの病気もあるため、早期の病院への受診をおすすめします。そうでなくても、何か違和感を感じたり、生活習慣の改善以前に「舌苔」ができてしまったら病院で専門のお医者様に診てもらうことが大切です。

「これくらいなら大丈夫だろ」と自己判断せず、また面倒くさがらずに耳鼻咽喉科、内科、歯科に伺いましょう。

舌が白くなる「舌苔」の原因は何?舌磨きのしすぎは注意?まとめ

舌が白くなる「舌苔」の原因は何?舌磨きのしすぎは注意?まとめ

「舌苔」の原因と対策、舌磨きのポイントについて見ていきました。

いくら舌磨きをして「舌苔」を取り除いて舌を綺麗にしたとしても根本的な解決にはならないので、生活習慣の改善が大事になっていきます。

また、見えない病気が隠れているかもしれないので、何か違和感を感じたらすぐに病院で診てもらってくださいね。