健康

用を足すときは「座るべき?立つべき?」メリット・デメリットは?

世の男性の皆さん、あなたはトイレで立って用を足しているでしょうか、それとも座って用を足しているでしょうか。

用を足す際は一昔前までは立ってするのが当たり前のような感じでしたが、近年ではそんなことはなく、むしろ座って用を足す方が多い印象です。

座ってすることによって「掃除が楽になる・飛び散らない」などのメリットがありますが、実はデメリットも潜んでいるんです。

この記事では、用を足すときは座るべきなのか?立つべきなのか?そのメリット・デメリットについて簡単に解説しています。

立って用を足すことでの飛び散り

立って用を足すことでの飛び散り

出先では立って、家では座ってと、場所によって姿勢を変えているという方も多いと思いますが、立って用を足すことで1番気になるのがその飛び散りですね。

光の加減や床の材質によっては、尿が跳ねていたとしても、跳ねているように見えないのでそのままにしてしまいがちですが、見えないだけでしっかりと周囲に跳ねています。


トイレの尿ハネ実態と男性の小用スタイルの関係



床や壁などに飛び散るのは当然として、上の資料のように狙う場所によっては最大で7,550滴最小で277滴と、7,000もの開きがあります。

奥を狙うと飛び散りがひどく、その飛び散りによって床が白くなったしまったり、臭いの原因にもなってしまいます。もし、立って用を足す場合であればなるべくは「手前」「側面」に狙うようにすると飛び散りをある程度は防ぐことができます。

座って用を足すことでのメリット

座って用を足すことでのメリット

掃除が楽になる

座って用を足すことによって周囲への飛び散りを防ぐことができるので、掃除がある程度は楽になります。

例え飛び散ったとしても、その都度掃除をすれば床が汚れたり、臭いが残ったり、それが原因で家族と喧嘩をすることもなくなると思いますが、それだと面倒ですよね。

自分で掃除をするならば良いのですが、自分以外の誰かが掃除をしているのだとしたら、その掃除をする人の気持ちになって考えてみると少しは苦労も分かると思います。

突然死を防ぐ!?

座って用を足すことによって、「急性心不全」による突然死を防ぐことができると言われています。

「急性心不全」になってしまうのは「高血圧」の方の場合が多く、排便・排尿ををする際には大きく変動します。立ったまま用を足すとある程度前に尿を飛ばさないといけないため、腹部に圧力がかかってしまいい血圧が上昇してしまいます。

もし「高血圧」である場合は注意が必要ですね。

座って用を足すことでのデメリット

座って用を足すことでのデメリット

「尿もれ」の原因に

尿の飛び散りに目がいってしまいますが、座って用を足すことによって「尿もれ」の原因になってしまいます。

男性の体の構造上、立ってするのが自然なものになっているので、排尿をする際に座っているとお腹に力が入らないため、終わったと思っても尿道に尿が残った状態になってしまいます。

その結果、立った瞬間やふと力を入れた瞬間に「尿もれ」が起こってしまいます。

病気になる可能性も

先ほど説明しました「尿もれ」の延長した話で、その「残尿」が原因で「排尿障害」やそれに伴って「前立腺肥大」などの病気を引き起こしてしまう可能性があります。

もし、残尿感や排尿時に痛みを伴うようであれば、すぐに病院にいって専門のお医者様に診てもらってください。そのままにしているとより大きな病気になってしまう恐れがあります。

便座裏への尿の飛び散り

座って用を足すことによって飛び散りを防ぐことができますが、それでも完璧にとはいきません。

特に座ってすることによって便座の裏側へと「尿はね」が起こってしまいます。また、これは男性だけではなく女性の方も同じで、実は男性よりも女性の方が便座裏へと飛び散りが多いです。

トイレの尿ハネ実態と男性の小用スタイルの関係



立ってした場合でも座ってした場合でも多かれ少なかれ「尿はね」が起こってるので、掃除をする際は便器周辺だけでなく、便座裏にも目を向けたほうが良さそうですね。

用を足すときは「座るべき?立つべき?」メリット・デメリットは?まとめ

用を足すときは「座るべき?立つべき?」メリット・デメリットは?まとめ

用を足すときは座るべきなのか?立つべきなのか?そのメリット・デメリットについて簡単に見ていきました。

立ってすることによってわざと飛び散らせている訳ではないのですが、この辺りで夫婦喧嘩になってしまうこともあります。お互いの理解がとても大切ですね。

座ることによっての尿の飛び散りを抑えられることも大切ですが、それが原因で病気になってしまったら大変です。難しい問題ですが、「尿はね」は覚悟してその都度掃除をするのは1番だと思います。