健康

夏に「シャワー」だけ浴びるのはアリ?お風呂に浸かった方がいい?

夏の蒸し暑い時期になると、どうしても「お風呂」に入るのが億劫になってしまい「シャワー」だけでサっと済ませるという方が多いと思います。

冬だと温かくて気持ちが良いのですが、夏だと外も暑いのに、お風呂も熱いのでそんな気持ちも分かります。

しかし、健康面から考えて夏に「シャワー」だけを浴びてサッと済ませるのはどうなのでしょうか。気になったので調べてまとめて見ました。ぜひ、参考にされて見てくださいね。

夏に「シャワー」だけ浴びるのはアリ?

夏に「シャワー」だけ浴びるのはアリ?

毎日暑い日が続いてしまうと、どうしても「お風呂」に入るのが億劫になってしまいますが、結論から言いますと、お風呂にしっかりと浸かった方が健康面や美容の面で効果があるので良いです。

仮に「シャワー」だけで済ませてしまうと、夏バテによる疲労感・クーラーによる夏冷えなどを悪化させたり、肌の保湿力が下がりカサカサになってしまったりと私たちの身体にとって良くないことを引き起こす原因にもなってしまいます。

「シャワー」だけならば電気代や水道代の節約になる訳ですが、しかし、それらを差し引いてもしっかりとお風呂に浸かった方が良いです。

夏にお風呂に浸かることでのメリット

夏にお風呂に浸かることでのメリット

身体を芯まで温めることができる

身体を芯まで温めることができる

夏はクーラーを使用した冷たい空間で過ごしたり、冷たい飲み物を飲む機会が必然的に増えていきます。身体の外側は暑いと感じていても、内側はそういったことが原因で冷えてしまっている場合があります。

身体の冷えによる血行不良により、肌荒れやむくみ、冬に起こるような末端冷え性になってしまいます。

そこを「シャワー」だけでサッと済ませてしまうと、身体の汚れなどは少なからず落とすことができると思いますが、身体の芯まで温めることはできません。

お風呂に浸かることによって身体を温めれば、汗をかいて老廃物が排出されて、血行も良くなり、リラックス効果や日頃の疲れを取ることもできます。

睡眠の質を上げることができる

睡眠の質を上げることができる

お風呂にしっかりと浸かって体温を上げることによって、寝つきを良くして睡眠の質を上げることができます。私たちの体は、体温が下がり始めるあたりで入眠しやすくなります。

睡眠は私たちの健康にとってとても重要な部分です。睡眠がしっかりと取れていれば、ただでさえ夏バテによる疲労が多い中でも疲れを取ることができます。

老廃物を排出できる

老廃物を排出できる

夏は汗を大量にかくので毛穴には老廃物がたまりやすくなっています。その中で「シャワー」だけだと身体の中の老廃物を全て排出することができません。

老廃物が溜まってしまうと、汗が臭くなってしまったり、肌荒れや肌の保湿力が下がってしまうなどの悪影響が出てきます。

しかし、お風呂にしっかりと浸かることで、毛穴を開いて老廃物を流すことができます。老廃物がなくなるということは、上記の悪影響を防ぎ肌が清潔になったり、美肌効果、肌に弾力を取り戻す要因になってくれます。

肌荒れを防いで、綺麗な肌を作るのに一役買ってくれるわけですね。

ダイエット効果

ダイエット効果

入浴すると血行が促進されるため「新陳代謝」が高くなるので、ダイエット効果が期待できます。

また、入浴をするだけでも少なからずもカロリーを消費することができます。お風呂ダイエットなんて言葉をよく聞きますが、そういった理由があるからなんですね。

夏におすすめの入浴方法は?

夏におすすめの入浴方法は?

夏にお風呂に浸かることによるメリットを見ていきましたが、「それでもちょっと…」という方が多いと思います。

そんな時はいつもよりもお湯の温度を下げて37~39度あたりのぬるま湯を用意して、ゆっくり入浴すると良いです。ゆっくり浸かることで血行も良くなり、じわじわと汗もかき、身体の中の老廃物も排出させることができます。また、首のあたりまでしっかりと浸かることで、肩こりにも効果があります。

それに合わせて、入浴剤やアロマキャンドルを使うことで、さらにリラックス効果を得られるので、さらに疲れを取ることができますね。

夏に「シャワー」だけ浴びるのはアリ?お風呂に浸かった方がいい?まとめ

夏に「シャワー」だけ浴びるのはアリ?お風呂に浸かった方がいい?まとめ

夏に「シャワー」だけ浴びるのはアリなのか、健康面や美容面から見ていきましたが、結果としてましては「シャワー」だけでなく、お風呂にしっかりと浸かった方が良いということでした。

夏の蒸し暑い時期になると、どうもお風呂に入るのが億劫になってしまいがちですが、お風呂に浸かることでの恩恵は計り知れません。しっかりと浸かって疲労を無くして、夏を乗り切っていきましょう。

ただ、あまり熱すぎたり、長く浸かっていると逆効果になってしまう場合がありますので、その辺りは注意しておきましょう。