健康

夜に靴下を履いて寝ることでのメリット・デメリットとは

皆さんは夜に靴下を履いたまま寝ているでしょうか。

「冷え性」や「むくみ」の対策として靴下を履いて寝るという方は多いと思いますが、「靴下を履いて寝ると体に良くない」という噂を聞いたことがないでしょうか。

「冷え性」や「むくみ」の対策として履いているのに、体に良くないというのはどうにもいただけない話ですよね。

この記事では夜に靴下を履いて寝ることでのメリット・デメリットについて紹介しています。

履く・履かないどちらが正しいのか

履く・履かないどちらが正しいのか

結論から言いますと、基本的には履かない方が体にとっては良いです。

後ほど詳しく解説をしていきますが、締め付けによる血行不良や、逆に足の冷えを悪化させてしまったりと悪影響を引き起こしてしまう可能性があります。

しかし、気をつけなければならない事・決まりを守って履くことによって、そういった心配は少なからず軽減することができます。

靴下を履くことのメリット

靴下を履くことのメリット

靴下を履くことでのメリットには主にこのようなものがあります。

  • 冷え性対策
  • 靴下を履くことで、足の冷えをおさえて冷え性の対策をすることができます。あわせて、靴下を履いて寝ることにより、足を温めて快眠に促すという点もあります。

  • それ以外では
  • 冷え性対策以外には、「足のむくみ対策」「かかとの保護」のために、それ専用のものを履くという方もいます。両者とも美容に関係があるので、女性の方が多くしているイメージですね。

主に冷え性対策で、夜に靴下を履いて寝るという方がほとんどですが、それ以外だと「足のむくみ対策」「かかとの保護」などのメリットがあります。

靴下を履くことのデメリット

靴下を履くことのデメリット

靴下を履くことでのデメリットには主にこのようなものがあります。

  • むしろ冷やしてしまう・血行が悪くなる
  • 靴下を履くことによって、足が締め付けられ血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなってしまうと、つま先から冷えているのに、さらに冷えてしまったり、むくみの原因にもなってしまいます。また、眠っているときは、心臓の動きというのも最小限にまで抑えられてしまうので、もともと冷えている状態からさらに冷えてしまうという結果になってしまいます。

    良かれと思ってやっていることが逆にこういった現象を引き起こしてしまうので注意ですね。

  • 足でより汗をかいてしまう
  • 人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。その中で、靴下を履いていると足にべったりとくっついている状態なので、汗をかいたとしても熱の放出ができずにこもって蒸れてしまいます。熱がこもって放出ができないと、その分体が放出しようとするので、冷えが悪化してしまいます。

  • 眠りを妨げてしまう
  • 上記のことが影響して、せっかく気持ちよく寝ていたとしても、足が冷えていたり、蒸れていたりして、睡眠の妨げになってしまいます。

しかし、逆に考えると通気性が良いもの・締め付けが緩いものを寝るときに履けばそういった心配はないということになりますよね。

靴下を履く際の注意点

靴下を履く際の注意点

冷え性のために靴下を履いたとしても、場合によっては冷え性を悪化させてしまったり、むくんでしまう可能性があります。靴下を履く際は以下のことに注意してみてください。

靴下を履く際の注意点
  • 足を締め付けすぎないものにする
  • 吸水性・放湿性に優れた「シルク素材」「コットン素材」にする

靴下を履く際の1番の注意点が足を締め付けてしまうことです。締め付けることによって血行を悪くしてしまうと、せっかく冷え性対策で靴下を履いていたとしても元も子もありません。

そこでおすすめなのが、吸水性・放湿性に優れた「シルク素材」や「コットン素材」の靴下です。「シルク素材」は保温保湿だけでなく、蒸れも防いでくれるので、寝るときにはもってこいの素材です。

あわせて五本指ソックスは、足の指を自由に動かせることができるので足の血行の改善を促すことができます。この辺りも合わせて使っていきましょう。

夜に靴下を履いて寝ることでのメリット・デメリットとはまとめ

夜に靴下を履いて寝ることでのメリット・デメリットとはまとめ

夜に靴下を履いて寝ることでのメリット・デメリットについて見ていきました。

靴下の種類によっては、冷え性対策で履いていたとしても、履くことによって冷えを悪化させてしまうこともあります。しっかりとした使い方、自分にあったもの・素材を選ぶ、などの必要があります。

冬などの寒い時期だけでなく、夏のクーラーなどでも靴下を履く機会があると思うので、しっかり覚えておきましょう。