健康

「鼻血」の正しい止め方は?ティッシュを詰めるのはNG?

皆さんは「鼻血」が出た時にどのような方法で止めているでしょうか。

正しいと思ってやっていることが意外にも間違っていたりすることがありますが、「鼻血」の止め方に関してもそれは当てはまるようです。以前であれば鼻血が出たら「ティッシュを詰めて上を向く・仰向けになる」というのが当たり前でしたが、これには直接的な止血効果はなく、NGな方法として知られるようになっています。

「鼻血」を早く止めるためにも正しい止め方・止血方法を覚えておくと何かと便利です。ぜひこの機会に覚えて、「鼻血」が出た際に試して見てくださいね。

そもそも「鼻血」はなぜ出るの?

そもそも「鼻血」はなぜ出るの?

「鼻血」の多くは、静脈が集まっている「キーゼルバッハ部位」という小さな血管の集まりが、何らかの影響で傷ついたり、粘膜が弱まったりすることで出ることがほとんどです。

傷ついたり、粘膜が弱まったりする原因にはこのようなものがあります。

「鼻血」が出てしまう原因
  • 鼻に強い刺激が加わる
  • 空気の乾燥
  • 夏場やお風呂などの暑い(熱い)環境でののぼせ

大人の場合は、空気の乾燥がする冬場など、病気や薬などの副作用で鼻の粘膜が弱まっていることが原因で「鼻血」が出ることがほとんどですが、子どもの場合は鼻をいじることで傷ついたり、遊んでいる最中に鼻に大きな刺激が加わって「鼻血」が出ることがほとんどです。

また、大人に比べて子どもの鼻の粘膜が弱いので、「鼻血」が出やすいとされています。

誤った「鼻血」の止め方

誤った「鼻血」の止め方

ティッシュを詰めて仰向けになる」という「鼻血」の止め方は、誤った方法として知られていますが、他にはどのようなものが間違っている方法とされているのでしょうか。

また、それはなぜ間違っている方法とされているのか気になりますよね。それらについて見ていきましょう。

ティッシュを詰める

多くの方が「鼻血」を止める方法として真っ先に思いつくのがこのティッシュを詰めるという方法です。

ティッシュは「鼻血」を吸収してくれるのですが、どんどんどんどん吸収してしまうため「鼻血」を止める役割になっていなかったり、ティッシュが鼻の中で乾いた場合、それを取る際に鼻の粘膜にこびりついているために傷をつけてしまう場合があります。剥がした途端にまた「鼻血」が出てしまうなんて目も当てられませんね。

止まるには止まると思いますが、こういった理由からティッシュを詰めるのは逆効果になってしまう場合があるようです。

上を向く・仰向けになる

「鼻血」が出た際に上を向く・仰向けになるのも誤った止め方だとされています。

「鼻血」が出た際に「鼻血」が下に流れてしまうので、つい上を向く・仰向けになってしまいがちですが、上を向いてしまうと血液が喉の方へと流れていってしまいます。そうすると血液を飲み込んでしまい、気持ち悪くなる・吐き気を催す・固まった血液が喉をふさいでしまうなどの恐れがあります。

ついやってしまいがちですが、そこはグッとこらえて上を向く・仰向けになるのは控えるようにしてくださいね。

首の後ろをトントン叩く

古くから首の後ろをトントン叩くと「鼻血」が止まるというのを聞きますが、これは迷信です。

むしろ首の後ろをトントン叩くことによって喉の方へと血液が流れてしまったり、1番大切な安静にすることを蔑ろにしてしまいます。首の後ろにはツボが多いから、という理由からこういった迷信が生まれたとも言われていますが、間違った方法なので「鼻血」が出た際にするのはやめましょう。

鼻の付け根・鼻骨をつまむ

「鼻血」を止める方法に鼻の付け根・鼻骨をつまむというものもあります。

しかし、鼻の付け根・鼻骨をつまんでも何も効果がありません。特に悪影響があるという訳ではないのですが、つまむ場合は「小鼻」と言って鼻の下部で左右に膨らんでいる箇所ですね。

「鼻血」の正しい止め方は?

「鼻血」の正しい止め方は?

「鼻血」をすぐに止めるため・悪影響を引き起こさせないためにも「鼻血」の正しい止め方を覚えておくと便利です。「鼻血」の正しい止め方・手順をまとめますと以下になります。

「鼻血」の正しい止め方・手順
  1. 安静にする(できるなら座る)
  2. 「小鼻」をつまんでやや下を向く
  3. 鼻からおでこにかけてを冷やす

まずは安静にするのが大事です。安静にしていないと止まるものも止まりません。特に小さなお子さんだと、血を見て興奮してしう場合があるので、その時は近くの大人が「大丈夫だよ。」と声をかけてあげてください。

大体は次の手順の「小鼻」をつまんでやや下を向く、で5〜10分程で止まるのですが、止まらない場合は鼻からおでこにかけてを冷やすことによって血管が収縮して「鼻血」が止まるのを早めてくれます。

「鼻血」が止まらない場合は

「鼻血」が止まらない場合は

上記のことを一通り試してみても、中々止まらない・血が大量に出るという場合は何らかの病気の場合があります。

その場合は耳鼻咽喉科を受診するか、すぐに救急車を呼んで適切な処理をしてもらうようにしましょう。

「鼻血」の正しい止め方は?ティッシュを詰めるのはNG?まとめ

「鼻血」の正しい止め方は?ティッシュを詰めるのはNG?まとめ

「鼻血」の正しい止め方・誤った止め方について見ていきました。

良かれと思ってやっていることが意外にも逆効果だったりするので気をつけたいところですね。「鼻血」が出た際はぜひ、ここで紹介した方法を試して見てくださいね。