健康

「熱中症」「熱射病」「日射病」の違いって?予防や対策について

猛暑日が続く中で、外で激しいスポーツをしてのはもちろんのこと、室内にいても熱中症などの症状によって救急搬送されるケースがあります。最悪の場合は死に至ってしまうので、他人事ではなく、熱中症対策・水分補給がとても重要になっていきます。

その中でニュースなどを見ていると、「熱中症」「熱射病」「日射病」に注意、などの言い回しが使われることがありますが、これらの違いは何なのでしょうか。

それぞれの意味、違いを理解して、しっかりと対策をして暑い夏を乗り切っていきましょう。

「熱中症」は「熱射病」「日射病」の総称のこと

「熱中症」は「熱射病」「日射病」の総称のこと

熱中症」は暑熱環境下にいることが原因で、私たちの身体に様々な障害をもたらすものの総称のことです。「熱中症」の中にはその症状によって分類がされており、後半に行くほど症状が重くなっていき「熱失神」「熱痙攣」「熱疲労」「熱射病(日射病)」の4種類があります。

ニュースなどでよく聞く「熱射病」「日射病」は「熱中症」の総称のことなんですね。

温度が30度を超えたあたりから、どんどんと熱中症による死亡率が上がっていくので、長時間太陽の下にいることは避けたり、十分な水分補給などの対策がとても重要になっていきます。

「熱射病」「日射病」の違い

「熱射病」「日射病」の違い

「熱射病」「日射病」の違いついて見ていきましょう。

熱射病」は、高温多湿などの閉め切った空間などに長時間いることで、大量に汗をかいて、体内の水分・塩分が不足したときに起こる体温の調節ができなくなっている状態のことです。主な症状として、意識が朦朧としたり、吐き気や目眩、虚脱感といったものが伴います。

日射病」は、炎天下に激しいスポーツをしたり、長時間太陽の下にいる事によって、大量に汗をかいて体内の水分が不足して、血液の循環が悪くなってしまう状態のことです。体の中の水分が足りずに起こる「脱水症状」と同じような症状ですね。主な症状として、吐き気、意識障害、目眩や頭痛などを伴います。

近年では、「熱射病」「日射病」の発祥のメカニズムが全く同じものだとされており、「熱射病」が主に使われることが多いようです。

「熱中症」「熱射病」「日射病」の違い
言葉
意味・定義
「熱中症」 暑熱環境下にいることが原因で、私たちの身体に様々な障害をもたらすものの総称のこと。その中で「熱失神」「熱痙攣」「熱疲労」「熱射病(日射病)」などがある。
「熱射病」 高温多湿などの閉め切った空間などにいる事によって引き起こされる熱による障害のこと。
「日射病」 炎天下に激しいスポーツをしたり、長時間太陽の下にいる事によって引き起こされる熱による障害のこと。

✏︎「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」これらの違いや意味って?
✏︎「紫外線」って何?「紫外線」は人体にどんな影響を与えるの?

「熱中症」の予防・対策

「熱中症」の予防・対策

「熱中症」にならないために、予防することはこらからの夏を乗り切るためにもとても大切なことです。夏になると連日、熱中症によって多くの方が救急搬送されるニュースが見受けられますが、「明日は我が身」だと思ってしっかりと予防・対策をしていきましょう。

「熱中症」の予防・対策についてまとめて見ました。

  • 長時間の炎天下での行動は避ける
  • 原則として35度以上は「熱中症予防の為の運動指針」では特別な場合以外は運動などは禁止です。特に小さいお子さんは地面からの照り返しの影響もあって、大人よりも暑いと感じている場合があるので注意です。

    比較的温度が低い、朝や夕方でも例外というわけではないので、頭に入れておきましょう。

  • こまめな水分補給
  • 喉が渇いたら、その都度水分を補給するのではなく、その前から水分補給はこまめにとるようにしましょう。喉の渇きを感じていなくても、大量の汗を着ていると身体の水分は失われています。スポーツをしているときはよりこまめにですね。

    また、ただの水やお茶ではなく経口補水液やスポーツドリンクなど、合わせて塩分もとるように心がけてくださいね。

  • 帽子や日傘を使う
  • 帽子や日傘を使うだけで、目に見えて身体から出る汗をカットすることができます。女性はもちろんのこと、男性でも日傘を使っていきましょう。

  • 通気性、吸湿性、速乾性の良い服装にする
  • 通気性、吸湿性、速乾性の良い服装にするすることで、内にこもる熱を外へと逃がしてくれます。帽子や日傘と併せれば完璧ですね。

  • エアコン・扇風機で室内の温度も調整
  • 室内でも「熱中症」になる可能性はあります。室内にいる場合は、エアコン・扇風機・団扇などを駆使して室温を調節していきましょう。電気代の節約も大事ですが、我慢して「熱中症」になってしまったら元も子もありません。我慢も大切ですが、思い切って使うことも大切です。

これら以外にも、日々の体調管理が大切になっていきます。

睡眠不足や食生活の乱れによって、疲労が溜まっていき「熱中症」になってしまうリスクがグンと上がってしまいます。そうでなくても生活習慣病などの様々な病気になってしまう恐れがあるので、体調管理は怠らないようにしていきたいですね。

「熱中症」になってしまったら

「熱中症」になってしまったら

「熱中症」やそれに疑わしき症状になってしまった場合、1番大切なのが「身体を冷やすこと」です。すぐに日陰などの直接太陽が当たらない場所・涼しい場所に移動して、熱がこもらないように着ている衣服で締め付けられないように、緩ませたり、脱がせます。

その時に額や首、両脇の下、足の付け根などに水で濡らしたタオルを置くと効果的です。

意識がある場合は、欲しがるだけ水や経口補水液、スポーツドリンク、水1リットルに対して食塩を1~2gいれて飲むのが効果的ですが、無理に飲ませると肺や気管に入ってしまうので注意です。

一連のことをやっても、体温が下がらなかったり、症状が緩和されない、意識が朦朧としてきた場合はすぐに救急車を呼びましょう。また、「熱中症」やそれに疑わしき症状に遭遇した場合も、下手に自分で何かを加えるよりも指示を仰いだ方が良い場合があります。その際も、救急車に連絡をして何をすれば良いのか聞きましょう。

「熱中症」「熱射病」「日射病」の違いって?予防や対策についてまとめ

「熱中症」「熱射病」「日射病」の違いって?予防や対策についてまとめ

「熱中症」「熱射病」「日射病」の違いや、予防や対策について見ていきました。

「熱中症」は「熱射病」「日射病」の総称のことで、それに併せて「熱失神」「熱痙攣」「熱疲労」という分類に分けられることが分かりました。

「熱中症」「熱射病」「日射病」の違い
言葉
意味・定義
「熱中症」 暑熱環境下にいることが原因で、私たちの身体に様々な障害をもたらすものの総称のこと。その中で「熱失神」「熱痙攣」「熱疲労」「熱射病(日射病)」などがある。
「熱射病」 高温多湿などの閉め切った空間などにいる事によって引き起こされる熱による障害のこと。
「日射病」 炎天下に激しいスポーツをしたり、長時間太陽の下にいる事によって引き起こされる熱による障害のこと。

「熱中症」「熱射病」「日射病」の違いを理解して、予防や対策をして暑い夏を乗り切っていきましょう。夏は楽しいことばかりですからね!

✏︎「夏日」「真夏日」「猛暑日」「酷暑日」これらの違いや意味って?
✏︎「紫外線」って何?「紫外線」は人体にどんな影響を与えるの?