健康

「曇りの日は紫外線が強い」は本当?晴れの日よりも多いの?

夏になると特に気になるのが「紫外線」。

「紫外線」は皮膚ガンのリスクを増加させたり、シミやシワといった美容の天敵ともなるものを引き起こしてしまうので、お出かけをする際は、日焼け止めクリームや日傘などの対策が重要になっていきます。

その中で、「曇りの日は紫外線が強い」という噂を聞いたことがないでしょうか。

太陽がガンガンと照っていれば、「紫外線」が強いのは分かりますが、曇りの日に強いというのはどうしてなのか気になりますよね

この記事では、「曇りの日は紫外線が強い」理由やそれに関連する事柄についてまとめてみました。

「曇りの日は紫外線が強い」は本当?

「曇りの日は紫外線が強い」は本当?

「曇りの日は紫外線が強い」は本当なのか、結論から言いますとそんなことはないようです。気象庁ホームページの「紫外線に関する質問」にこのようなことが記載されていました。

Q1 くもりや雨の時、紫外線は少ないのですか?

A1 快晴の時に比べると、うす曇りの場合は約80~90%、くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の量になります。しかし、雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため快晴の時よりも多い紫外線が観測されることがあります。

気象庁|紫外線に関する質問より引用

つまり「曇りの日は紫外線が強い」という噂は間違いということですね。空に雲があることによって、太陽を遮るので紫外線の量は少なからずカットされるようです。

しかし、カットされるとは言っても雨でもなければ半分以上は降り注いでいるので、曇りだからと言って紫外線対策を怠ってしまうと、痛い目に合いそうですね。

  • うす曇りの場合は約80~90%
  • くもりの場合は約60%
  • 雨の場合は約30%

雲で「紫外線」が強くなる場合がある?

雲で「紫外線」が強くなる場合がある?

「曇りの日は紫外線が強い」というのは間違いなようですが、気象庁ホームページに気になる文言が記載されていたのに気づいたでしょうか。

しかし、雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため快晴の時よりも多い紫外線が観測されることがあります。

気象庁|紫外線に関する質問より引用

雲の間から太陽が出ている場合には、「散乱光」と言って光を吸収して四方八方に放出するという現象が起こるため、その時に限っては、快晴の時よりも紫外線が強くなる場合があるということだそうです。

雲の間から太陽が出ている際にこんなことが起こっているのは驚きですね。

「曇りの日は紫外線が強い」というのは、あながち間違いというわけではなさそうです。

なぜ「曇りの日」でもそれなりに強いの?

なぜ「曇りの日」でもそれなりに強いの?

「紫外線」が快晴の日に強いのは分かりますが、なぜ「曇りの日」でもそれなりに強いのでしょうか。

「紫外線」にはその波長から分類がされており、その中の「UV-A」が地表に降り注ぐ紫外線のうち95%を占めています。この「UV-A」の性質が「曇りの日」でも紫外線がそれなりに強い理由になっています。

「UV-A」は別名「生活紫外線」とも言われており、その波長が長いということから家の窓や、雲を通り抜けて私たちのもとに来ます。その日が曇りだったとしても、家の中にいたとしても、そんなのは御構い無しに、私たちの肌にダメージを与えます。

「UV-A」は「紫外線」の種類の中でもダメージは少ない方ですが、続けて浴びてしまえば十分なダメージになります。曇り日や、今日は1日中家にいるから、というような理由で対策を怠ると、知らずのうちに日焼けをした、というケースもあります。

雲があっても多少は影響されますが「UV-A」は突き抜けてくるので、それなりに「紫外線」の量が強いんですね。

「紫外線」って何?「紫外線」は人体にどんな影響を与えるの?季節が夏に近づくにつれて至る所で「紫外線」という言葉が耳に入ってくるようになります。この「紫外線」は体に浴びすぎると悪いというのは何とな...
「熱中症」と「熱射病」と「日射病」の違いは何?猛暑日が続く中で、外で激しいスポーツをしてのはもちろんのこと、室内にいても熱中症などの症状によって救急搬送されるケースがあります。最悪の...

「曇りの日は紫外線が強い」は本当?晴れの日よりも多いの?まとめ

「曇りの日は紫外線が強い」理由やそれに関連する事柄について見ていきました。

「曇りの日は紫外線が強い」というのは間違いですが、雲の間に太陽があることによって起こる「散乱光」によっては、快晴の時よりも紫外線の量が多くなるので、この噂はあながち間違いというわけではなさそうですね。

曇りでも、家にいたとしても、紫外線は降り注いでいるので、対策は怠らないようにしましょう。

「紫外線」って何?「紫外線」は人体にどんな影響を与えるの?季節が夏に近づくにつれて至る所で「紫外線」という言葉が耳に入ってくるようになります。この「紫外線」は体に浴びすぎると悪いというのは何とな...
「熱中症」と「熱射病」と「日射病」の違いは何?猛暑日が続く中で、外で激しいスポーツをしてのはもちろんのこと、室内にいても熱中症などの症状によって救急搬送されるケースがあります。最悪の...
夏に「シャワー」だけ浴びるのはアリ?お風呂に浸かった方がいい?夏の蒸し暑い時期になると、どうしても「お風呂」に入るのが億劫になってしまい「シャワー」だけでサっと済ませるという方が多いと思います。 ...