ガジェット

SafariのURLの「安全ではありません」とは?意味や対策は?

ブラウザアプリには様々なものがありますが、iPhoneやMacを使っている方だと「Safari」を使用する機会が多いと思います。

そんな便利な「Safari」ですが、最近になって画面上部のURLバーに「安全ではありません」と警告が表示されるようになりました。しかし、訪れるサイトによってはこの「安全ではありません」の表示が出ない時もあります。

見ていて不安になるこの「安全ではありません」にはどういった意味があるのか、対策や解除方法はあるのかについて簡単に解説をしています。

「安全ではありません」は安全ではないのか

「安全ではありません」は安全ではないのか

「安全ではありません」と表示されるので、パスワードを抜き取られたりとセキュリティーの面で不安になるかと思いますが、「安全ではありません」と表示されるサイト、それ自体を閲覧する事はそこまで危険という訳ではありません。

これまで使っていたサイトで、突然表示が出るようになったという場合でも、表示される前のサイトとは変わりはありません。

ただ、これには例外もあって海外サイトや違法サイトだ言われているようなものは、危険なのでそれらのサイトには訪れないようにするような注意が必要です。また、「安全ではありません」が表示されるか表示されないかに限らず、危険なサイトは危険なので注意が必要です。

なぜ表示されるようになったのか

なぜ表示されるようになったのか

この「安全ではありません」という文言は、iOS12.2がリリースされて、それに伴いバージョンアップをすることによって表示されるようになります。(2019年3月にリリースされました。)

「安全ではありません」と表示されるのには条件があり、WebサイトのURLが「http」から始まる場合に表示されるようになります。訪れるサイトによって表示されないのはこの為で、表示されないのは、WebサイトのURLが「https」から始まる場合になります。

つまり訪れるサイトのURLの「http」部分に「s」がついているかいないかの違いで表示されるか表示されないかが決まります。

私が運営しているこの「ひびきにネット」は、URLの始まりの部分が「https」なので「安全ではありません」の表示がされない、ということになります。

「http」と「https」は何が違う?

「http」と「https」は何が違う?

ではその「http」と「https」は何が違うのかについて見ていきましょう。

「http」と「https」見た感じだとそんなに大差がないように思えますが、実際には意味が大きく異なっています。「http」は「hypertext transfer protocol」の略で、簡単に言いますと私たちが訪れるwebサイトのサーバーと、ブラウザとの通信のやり取りをするものです。

そして「http」に「s」がついた「https」は、上記のものに「安全」という意味の「secure」の頭文字の「s」がついたものです。通常そのwebサイトで入力したパスワードなどは第三者が覗こうと思えば覗けるのですが、「https」は通信が暗号化されているので第三者に情報を覗かれるということが無くなります。「http」は暗号化されていないので、第三者が覗くことができます。

「http」と「https」簡単に言いますと、その通信が暗号化されているかされていないかという違いになります。

「http」と「https」の違い」
  • 「http」→通信が暗号化されていない
  • 「https」→通信が暗号化されている

そのwebサイト内を検索するようなことであれば覗かれても大したことはないのですが、クレジットカード情報などの個人情報を、通信が暗号化されていない「http」から始まるサイトで入力をすると、第三者に知られてしまう可能性があります。

通信が暗号化されている「https」から始まるサイトでは、そういった個人情報も第三者に覗かれないようになっているんですね。

「http」から「https」にすることを「https化」「SSL化」と言います。

表示されるものの違い

表示されるものの違い

「安全ではありません」と表示されるようになりましたが、表示されるものでもその表示に若干の違いがあります。その違いについて簡単ですが、表にまとめて見ました。

言葉
意味・定義
「安全ではありません」 webサイトの通信が暗号化されていない状態。webサイトのURLが「http」から始まる。
赤い文字で「安全ではありません」 webサイトの通信が暗号化されていない状態。個人情報を入力する画面などで表示され、そのサイトの通信が暗号化されていないので、入力する際には注意が必要と促している。webサイトのURLが「http」から始まる。
鍵マーク webサイトの通信が暗号化されている状態。webサイトのURLが「https」から始まる。
緑色の鍵マーク(緑色のURL) webサイトの通信が暗号化されている状態。webサイトのURLが「https」から始まる。認証局という第三者の機関が「このサイトは信頼できる」という証明をしたもの。ただの鍵マークのものよりも段違いで信用ができるサイトのこと。
何も表示がされていない 同じwebサイトであっても、ページごとに暗号化されている・暗号化されていないページがある場合があり、混在している状態のこと。webサイトのURLが「https」から始まる。

表示されるものにも、それによって意味があるのでこの機会に覚えておきましょう。

通信が暗号化(SSL化)されているものは、「鍵マーク」が表示されており、さらに認証局に証明をしてもらえると「緑色の鍵マーク」になります。銀行やsoftbankなどの大手の公式サイトを見てもらえると分かるのですが「緑色の鍵マーク」が表示されているので、信頼できるということが分かります。

✏︎ソフトバンク

「安全ではありません」は消すことができる?

「安全ではありません」は消すことができる?

「安全ではありません」という表示を消したいという方も中にはいると思いますが、現状では「安全ではありません」の表示を消すことはできません。

表示させないようにするためには、そのwebサイトを管理している方が「http」から「https」に「https化」「SSL化」しないといけません。どうやっても関与ができないところですね。

しかし「安全ではありません」の表示は、ある種の指標のような役割もあるので、表示されている場合は個人情報の入力などは避けて、閲覧をするのみに留めておきましょう。

SafariのURLの「安全ではありません」とは?意味や対策は?まとめ

SafariのURLの「安全ではありません」とは?意味や対策は?まとめ

SafariのURLの「安全ではありません」の意味について簡単ですが、見ていきました。

「安全ではありません」が表示されるかされないかの違いは、そのwebサイトの通信が暗号化されているかいないか、その違いでした。暗号化されていない場合には「安全ではありません」という表示が、暗号化されている場合には「鍵マーク」がそれぞれ表示されます。

URLバーに「安全ではありません」も表示されるのは不安になりますが、海外サイトや違法サイトは除けば、閲覧をしても大丈夫です。しかし、個人情報の入力などには不安があるので控えるようにしましょう。