違い

【違い】「受験」と「受検」の違いは何?

日本語には、同じ読み方をしても意味が異なる、「同音異義語」と言うモノが数多く存在します。

「暖かいと温かい」「健診と検診」など、例を挙げるとキリがありませんが、「受験」と「受検」に関してもその内の1つだと思います。

この記事では、「受験」と「受検」に焦点を当てて、その意味や使い分けについて紹介します。

紛らわしいこれらの言葉を、この機会にしっかりと理解しておきましょう。

「受験」について詳しく

「受験」について詳しく

「受験」の意味とは

「受験」とは「試験を受けること」です。

ここで言う「試験」とは「物事の性質や能力を調べるために行われるテストのこと」を指します。

学校や会社に於ける「入学試験」などがそれに当たり、被験者が、求められている基準に達しているかについての判断や評価が下され、その結果に応じて合否が発表されます。

「受験」には絶対的な基準が無い

後述する「受検」とは意味が被る点がいくつかあり、それによって使い分けが非常に難しいですが、「受験」には絶対的な基準が無いと言う特徴があります。

絶対的な基準が無いと言うのは、日本と言う国全体で定められている基準ではなく、その学校や会社、試験によって、求められている基準が異なっていると言うことです。

そのため、「面接」などを伴う試験の場合は、その面接官の主観、評価や見方によって合否が左右される事もあり、そこに絶対的な基準が無いために、「受験」を使います。

しかし、例外もあるので、この辺りの使い分けは難しい所となっています。

「受験」を使った例文

  • 難関大学を受験する
  • 私立高校を受験する
  • 英語検定を受験する

高校の入学試験に関しては、後述する「受検」と、公立(都立)私立によって使い分けられる事がありますが、そのほとんどには「受験」が使われます。

英語検定には「受験」が使われるのが常で、これは、筆記やリスニング試験の他にも、スピーキングテストなどの面接試験があるためです。

「受検」について詳しく

「受検」について詳しく

「受検」の意味とは

「受検」とは「検査や検定を受けること」です。

ここで言う「検査」とは「ある基準に照らし合わせて、適しているのか適していないのか、異常なのか異常では無いのかを調べること」、「検定」とは「基準を設け、その基準に達しているかを調べ、合否、等級、価値などを決めること」をそれぞれ指します。

前述の「受験」は主に「試験」についてに使われる言葉ですが、こちらの「受検」は「試験」もそうですが、「検査を受けること」も意味するので、「視力検査」や「血液検査」なども含まれます。

「受検」には定められた基準がある

「受験」には絶対的な基準が無いと言う特徴がありましたが、「受検」には定められた基準があると言う特徴があります。

「視力検査」や「血液検査」などは定められた基準によって、「2.0」や「0.5」、異常があるか無いかの結果が出ますし、何かの免許を取得する際にも、定められた基準をパスしなければ、その免許を取得することは出来ません。

これらの事柄には、ある程度は個人の主観などが入ることもありますが、基本的に定められた基準に則って合否や、結果が下されます。

この点が、「受験」と「受検」を使い分ける上での大きなポイントとなっています。

「受検」の使用例

  • 資格検定を受検する
  • 公立高校を受検する
  • 漢字検定を受検する

公立(都立)高校では「受検」が使われることがありますが、これは、希望者全入が原則であった、第二次世界大戦後に設置された公立高校が影響しています。

元々上記のように希望者全入が原則だったのですが、教室の不足であったり、様々な要因が重なり、学力検査により入学者を選抜、一定の基準を超えた者を生徒として受け入れるになり、その名残が、現在まで影響しているためだとされています。

また、英語検定では「受験」が使われていますが、漢字検定では「受検」が使われています。

これは、漢字検定には英語検定のように、スピーキングテストなどの面接試験が無く、一定の基準を超えれば合格することが出来るためです。

【違い】「受験」と「受検」の違いは何?まとめ

言葉 意味/備考
受験 意味】「試験を受けること」
備考①】絶対的な基準が無く、「面接」などのように評価や見方によって合否が左右される事がある
備考②】英語検定で「受験」が使われるのは、筆記やリスニング試験の他、スピーキングテストなどの面接試験があるため
受検 意味】「検査や検定を受けること」
備考①】定められた基準があり、個人の主観などが入ることもあるが、基本的に定められた基準に則って合否や結果が下される
備考②】公立(都立)高校では「受検」が使われることがあるが、これは希望者全入が原則であった、第二次世界大戦後に設置された公立高校の名残があるため

「受験」と「受検」の意味の違いについて見ていきましたが、「受験」と「受検」はどちらも「何らかのテストを受ける」と言う点では共通しており、使い分けが非常に難しいです。

これらを使い分ける上でのポイントは、全国で一律に定められている基準があるのか無いのかにあります。

これによって、個人の主観がある程度入るスピーキングテストを含む英語検定には「受験」が使われますが、一定の基準を超えれば合格することが出来る漢字検定には、「受検」が使われます。

「同音異義語」の中でも、特に意味が似通ったモノに関しては使い分けが非常に難しいですが、参考になったら幸いです。