違い

「若干」と「弱冠」の違いは何?

あまり多くないという意味で「若干」という言葉がありますが、同じ読み方で「弱冠」という言葉もあります。

両者とも「じゃっかん」と読み、混同して使われてしまうことも多々ありますが、意味は全く違います。

この記事で、「若干」と「弱冠」の違いについて見ていきましょう。

「若干」と「弱冠」の違い

「若干」と「弱冠」の違い

「若干」と「弱冠」の違いは以下の通りです。

  • 若干」:はっきりと決まっている訳ではないが、それほど多くない数量のこと
  • 弱冠」:年が若いこと、20歳の男性のこと

「若干」は数がそれほど多くないこと、「弱冠」は年が若いことを表します。少し似ていますが、「若干」は年齢の要素は含みません。

「若干」「弱冠」とは

「若干」「弱冠」とは

「若干」について詳しく

「若干」とははっきりと決まっている訳ではないが、それほど多くない数量のことを表します。

「若干」は数が少ないことを表す言葉ですが、そこに年齢の要素は含んでいません。よく「若干20歳」のように年齢に「若干」をつけてしまいがちですが、これは誤用なので注意です。

「若干」の「若」は「若い」という意味ではなく、〜のようだ、〜に似ているなどを意味する「若し(ごとし)」で、それに「干」が続きます。「干」は「一」と「十」に分解することができ、それぞれに「若し(ごとし)」をつけて「一の若く、十の若し」を表します。これを現代語訳に直すと「一のようでもあり、十のようでもある」という意味になります。

このことから「若干」は、はっきりと決まっている訳ではないが、それほど多くない数量のことを意味しています。

  • 「若干」名募集する
  • こっちの方が「若干」甘いような気がする
  • そのことに関しては「若干」だが問題がある

「弱冠」について詳しく

「弱冠」とは年が若いこと、20歳の男性のことを表します。

中国では20歳になった男性のこと「」と言いました。そして20歳になったことを祝って「」をかぶったことから「弱冠」という言葉ができました。

元々、20歳になった男性のことを指す言葉ですが、現在では20歳でなくても若ければ使い、また、性別などによる区別もされなくなって来ていきます。ただ、女性で使う場合は違和感を覚える方がいると思うので、あまり使わない方が良いかもしれません。

年が若いことを表すので、10代や20代で使われることが主で、30代ではあまり使われません。

  • 彼は「弱冠」18歳で代表に選ばれた
  • 「弱冠」の年で社長になった
  • 「弱冠」のときよりも自分は成長したと思う

「若干」と「弱冠」の違いは何?まとめ

「若干」と「弱冠」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 若干」:はっきりと決まっている訳ではないが、それほど多くない数量のこと
  • 弱冠」:年が若いこと、20歳の男性のこと

混同して使ってしまいがちですが、「若干」は数がそれほど多くないこと、「弱冠」は年が若いことを表します。それぞれの語源や言葉の意味を覚えておくと理解しやすいです。ぜひ、参考にされて見てください。