違い

「辞典」と「辞書」の違いは何?

日本語には似たような言葉がたくさんありますが、「辞典」と「辞書」もその1つだと思います。

「典」と「書」のただ1つの文字の違いだけで、同じものとして扱われることが多いですが、両者には微妙に違いがあります。

この記事で、「辞典」と「辞書」の違いについて見ていきましょう。

「辞典」と「辞書」の違い

「辞典」と「辞書」の違い

「辞典」と「辞書」の違いは以下の通りです。

  • 辞典」:言葉を決められた順序ごとに並べて、その言葉の意味や用法、発音や品詞などを説明した本
  • 辞書」:言葉を決められた順序ごとに並べて、その言葉の意味や用法、発音や品詞などを説明した本、書物に限らずその言葉の意味や用法などが登録されているファイル、データベース

「辞典」と「辞書」は同義語として扱われることの方が多いですが、「辞典」は書物、「辞書」は書物はもちろんのこと葉の意味や用法などが登録されているファイル、データベースのことを主に指します。

「辞典」「辞書」とは

「辞典」「辞書」とは

「辞典」について詳しく

「辞典」とは言葉を決められた順序ごとに並べて、その言葉の意味や用法、発音や品詞などを説明した本のことを指します。

「辞典」の「辞」には「言葉」という意味があり、「典」には「書物」という意味があります。

「辞典」は主に言葉について説明した本のことで、「じてん」と読みますが、他の「じてん」と区別をするために「ことばてん」と呼ばれることもあります。また、後述する「辞書」と同じように扱われることもあります。

同じ読み方をし、似たようなものに「事典」「字典」がありますが、「事典」は物事や事柄を詳しく解説した本のこと、「字典」は漢字などの文字の音訓などの読み方や意味、用法などを解説した本のことを指します。

「辞典」と「事典」と「字典」の違いは何?私たちがその言葉について調べる際には「辞典」を使って調べることが多いですが、同じ読み方で「事典」「字典」というものもあります。 全...

「辞書」について詳しく

「辞書」とは言葉を決められた順序ごとに並べて、その言葉の意味や用法、発音や品詞などを説明した本、書物に限らずその言葉の意味や用法などが登録されているファイル、データベースのことを指します。

基本的な意味は「辞典」と同じですが、「辞書」は書物に限らずそれらが登録、整理されているデータベース全般を指します。

分かりやすいのが「電子辞書」という言葉です。「電子辞書」は漢字や言葉、事物などが登録されているデータベースですが、「電子辞書」のことを「電子辞典」とは言いませんよね。

明確な違いというわけではありませんが、「辞典」と「辞書」の使い分けとしては、前者が書物、後者が機械関係のものと覚えておくと分かりやすいです。

「辞典」と「辞書」の違いは何?まとめ

「辞典」と「辞書」の違いについて見ていきました。

この記事のまとめ
  • 辞典」:言葉を決められた順序ごとに並べて、その言葉の意味や用法、発音や品詞などを説明した本
  • 辞書」:言葉を決められた順序ごとに並べて、その言葉の意味や用法、発音や品詞などを説明した本、書物に限らずその言葉の意味や用法などが登録されているファイル、データベース

同じような言葉だと思っても、そこには微妙に違いがあったりします。ぜひ、参考にされて見てください。

「修理」と「修繕」と「修復」と「補修」の違いは何?何が壊れてしまったり故障してしまったときには、それを直すという作業をしますが、その作業を表す言葉として「修理」「修繕」「修復」「補修」の...
「深夜」と「夜中」と「真夜中」と「未明」の違いは何?「夜」を表す言葉に「深夜」「夜中」「真夜中」「未明」などの言葉がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 ニュースなどの報...
「名字」と「苗字」と「姓」と「氏」の違いは何?私たちの名前には「佐藤」や「鈴木」と言った家名を表す「名字」というものがあります。 日本では同じ物を指した時に、その言葉を表すもの...