違い

「時間」と「時刻」の違いは何?

時間」と「時刻」の違いは何かご存知でしょうか。同じ意味として捉えてしまいがちですが、「時間」と「時刻」では意味が微妙に異なっています。

この記事で、「時間」と「時刻」の違いについて見ていきましょう。

「時間」と「時刻」の違い

「時間」と「時刻」の違い

「時間」と「時刻」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 時間」:時の流れの中のある地点から別の地点までの間のこと
  • 時刻」:時の流れの中のある1点のこと

「時間」と「時刻」は同じ意味として使われることが多いですが、「時間」は時の流れの中のある地点から別の地点までの間の2点間を、「時刻」は1点を表す言葉です。使い分けをする場合は、2点間か、1点かを念頭に使い分けていきましょう。

「時間」「時刻」とは

「時間」「時刻」とは

「時間」について詳しく

「時間」とは時の流れの中のある地点から別の地点までの間のことです。

「時間」は時の流れを表しており、時の流れの中のある地点から別の地点までの間のことを指す言葉です。「家を出てから会社に着くまでの時間」「睡眠時間」「開催時間は1時間となっている」などのように、時の流れの中のある1点ではなく、時の経過を表しています。

家を出てから会社に着くまでの時間」の場合、7時30分に家を出発して会社に8時に到着したとすると、「家を出てから会社に着くまでの時間」は30分となり、上記のように時の流れの中のある1点ではなく、時の経過を表していることになります。

ただ、「時間」は日常的に使うことが多く、それによって後述する「時刻」とは意味が違いますが、置き換えても意味が通じてしまう傾向にあります。

「時刻」について詳しく

「時刻」とは時の流れの中のある1点のことです。

「時刻」は「時間」のようにある地点から別の地点までの間のことではなく、ある地点その1点のみを指す言葉で、そこに重点が置かれています。「家を出る時刻」「時刻表」「開催時刻は1時からです」などのように、ある1点のみの時を表す際に使われます。

ただ、前述のように「時刻」よりも「時間」の方が日常的に使われることが多く、また置き換えても意味が通じてしまいます。「開催時刻は1時からです」という文章を、「開催時間は1時からです」と「時刻」を「時間」に置き換えても何ら意味が通ってしまいます。この場合は1点を表すということから「開催時刻は1時からです」という文章が正しい表現ですが、「時間」は日常的に使われることが多いため、普段の生活のなかで使う分には問題ない表現となっています。

「時間」と「時刻」の違いは何?まとめ

時間 【意味】時の流れの中のある地点から別の地点までの間のこと
【備考】日常的に使うことが多く、「時刻」と置き換えても意味が通じてしまう
時刻 【意味】時の流れの中のある1点のこと
【備考】「時間」に置き換えられることが多い

「時間」と「時刻」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「標高」と「海抜」の違いは何?「標高」と「海抜」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも高さを表すものですが、どんな違いがあるのか分からないという方が多いのではないかと...
「宅配便」と「宅急便」の違いは何?通信販売を利用する機会が多くなった昨今、「宅配便」や「宅急便」は私たちの生活に無くてはならないものとなっています。 しかし、この「...
「炭水化物」と「糖質」の違いは何?「炭水化物抜きダイエット」や「糖質制限ダイエット」など、それを含む物の摂取を抑えるダイエットがいっとき流行りましたが、これらの「炭水化物...