違い

「絶対」と「絶体」の違いは何?

日本語には、同じ読み方をしても、構成している漢字が異なる熟語というものが数多くあり、その使い分けは非常に難しいものとなっています。その中でも「絶対」と「絶体」の違いについて理解している方は、意外にも少ないのではないかと思います。「絶対絶命」と「絶体絶命」はどちらが正しいのかについても同様ですね。

この記事で、「絶対」と「絶体」の違いについて見ていきましょう。

「絶対」と「絶体」の違い

「絶対」と「絶体」の違い

「絶対」と「絶体」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 絶対」:他に比較するものや対立するものがないこと、他のものに制限や制約などがされないこと
  • 絶体」:危険や困難から逃げることが出来ないこと、差し迫った状況

読み方は同じですが、基本的な意味は異なります。また、「絶体」は単体でも使われることがありますが、「絶体」は単体で使われることはありません。

「絶対」「絶体」とは

「絶対」「絶体」とは

「絶対」について詳しく

「絶対」とは他に比較するものや対立するものがないこと、他のものに制限や制約などがされないことです。

対義語は「相対」です。

「絶対」は、他のものと比較対象にすらならず、また制限や制約などを受けない存在に対して使われます。「絶体的な支配者」や「絶対君主」などで使われているように、「絶体」がつくことによって、より他者とは比べものにならないほどの位置づけにあることを強調することが出来ます。

また「絶体」は上記のような意味から、「絶対に許さない」「絶対嫌だ」などのように、副助詞としても使うことができ、その場合、後ろに続く文章をより強調した意味にすることが出来ます。

「絶体」について詳しく

「絶体」とは危険や困難から逃げることが出来ないこと、差し迫った状況などを指します。

「絶体」という言葉は、これ単体で使われることはなく、四字熟語の危険や困難などから逃れることができないことを意味する「絶体絶命」でのみ使われます。元々「絶対」は運勢や吉凶を占う「九星占い」の中の不吉な星のことを表しており、その意味が転じて、危険や困難から逃げることが出来ないこと、差し迫った状況などを意味するようになりました。

造語などでない限り、「絶対絶命」は間違いなので「絶体絶命」が正しい表記と覚えておきましょう。

「絶対」と「絶体」の違いは何?まとめ

「絶対」と「絶体」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「絶対」 他に比較するものや対立するものがないこと、他のものに制限や制約などがされないこと 単体でも使われるほか、副助詞としても使うことができる
「絶体」 危険や困難から逃げることが出来ないこと、差し迫った状況 単体で使われることはない

ぜひ、参考にされて見てください。

「調節」と「調整」の違いは何?「調節」と「調整」、どちらも何かを整えるという意味ですが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 日常的によく使うこれらの言葉ですが...
「満月」と「新月」の違いは何?「月」はその満ち欠けによって名称が変化し、「満月」「新月」などの名称がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 1度習った...
「習字」と「書道」の違いは何?「習字」と「書道」の違いは何かご存知でしょうか。 学校で習う機会があったとは思いますが、これらの言葉は知っていても違いについては知...