違い

「ゼロ」と「レイ」の違いは何?

私たちが普段からよく使う数字の「0」には、「ゼロ」と「レイ」の2つの読み方がありますが、これらの違いは何かご存じでしょうか。どちらかと言うと個人的には「ゼロ」の方が使うことが多い気がしますが、皆さんはどうでしょうか。

この記事で、「ゼロ」と「レイ」の違いについて見ていきましょう。

「ゼロ」と「レイ」の違い

「ゼロ」と「レイ」の違いは以下の通りです。

「ゼロ」と「レイ」の違い
  • ゼロ」:主に、全くない、皆無と言った意味を持つ、インドで生まれた概念がヨーロッパへと伝わり、英語として日本へと伝わったもの
  • レイ」:主に、全くない、皆無、ほんの少しと言った意味を持つインドで生まれた概念が中国へ伝わり、漢語として日本へ伝わったもの

同じ意味に思われてしまいがちな「ゼロ」と「レイ」ですが、意味も多少異なり、日本への伝わり方も違います。

「ゼロ」「レイ」とは

「ゼロ」「レイ」とは

「ゼロ」について詳しく

「ゼロ」とは主に、全くない、皆無と言った意味を持つ、インドで生まれた概念がヨーロッパへと伝わり、英語として日本へと伝わったものです。

後述する「レイ」の漢字表記が「」のため、「ゼロ」の漢字には何かと「」が当てられることが多いですが、読み方としては怪しいところです。元々日本には「ゼロ」という言葉はなく、インドで生まれた概念がヨーロッパへと伝わり、その後明治時代に「zero」という英語が日本に伝わり、広まったとされています。

「ゼロ」は後述する「レイ」よりも全くない、皆無と言った意味が強く、また「レイ」よりも「ゼロ」の方が発音がはっきりとしているため、何もないということを強調したい時に使われます。「事故ゼロ運動」や「感染者数ゼロ」などですね。

「レイ」について詳しく

「レイ」とは主に、全くない、皆無、ほんの少しと言った意味を持つインドで生まれた概念が中国へ伝わり、漢語として日本へ伝わったものです。

「レイ」の漢字表記は「」です。

「レイ」はインドで生まれた概念が中国へと伝わり、そして日本に漢語として伝わりました。「ゼロ」は英語、「レイ」は漢語という、日本への伝わり方に違いがあります。和語に「0」の概念はありませんが、これは、日本人は「0」の概念がなくても生活することに不自由がなかったから、特に作る必要が無かったからとされています。

「レイ」には全くない、皆無という「ゼロ」と同じ意味を持っていますが、「零細企業」という言葉でも使われているように、ほんの少しという意味も持っています。天気予報などでは降水確率を示すときに「0(レイ)%」と読まれていますが、これは0~100%の間で10%刻みで発表されるため、10%未満の場合は、例え降水確率が3%だとしても「0(レイ)%」となるため、ほんの少しという意味で「レイ」が使われています。

このように、「ゼロ」は全くない、「レイ」はほんの少しという意味で使い分けられますが、日常生活ではこれに必ずしも当てはまる訳ではなく、また、これに対する反対意見なども目立ちます。

「ゼロ」と「レイ」の違いは何?まとめ

「ゼロ」と「レイ」の違いについて見ていきました。

「ゼロ」 主に、全くない、皆無と言った意味を持つ、インドで生まれた概念がヨーロッパへと伝わり、英語として日本へと伝わったもの。英語
「レイ」 主に、全くない、皆無、ほんの少しと言った意味を持つインドで生まれた概念が中国へ伝わり、漢語として日本へ伝わったもの。漢語

ぜひ、参考にされて見てください。

「○○強」と「○○弱」の違いは何?日常生活の中で「○○強」「○○弱」といった言い方で数字を表現する機会があると思います。しかし、その基準となっている数字よりも多いのか、少...
「グレー」と「チャコール」の違いは何?この世界には様々な色がありますが、その中でも似ているもの、似通っているものがあり、「グレー」と「チャコール」はまさにそれに当てはまります...
「Q&A」と「FAQ」の違いは何?企業のホームページなどを閲覧していると、「Q&A」「FAQ」として、質問に回答をしているページを目にしますが、これらの違いは何かご存知で...