違い

「容量」と「用量」の違いは何?

「容量」と「用量」の違い

「容量」と「用量」の違い

「容量」と「用量」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 容量」:容器に入れることができる最大の分量、入れられる分量のこと
  • 用量」:用いるべき分量のこと、特に服用や摂取すべき薬の分量のこと

日本語には同音異義語が多いですが、「容量」は「その容器に入る分量のこと」、「用量」は「薬の使用量」のことです。少し意味が似ているので注意です。

「容量」「用量」とは

「容量」「用量」とは

「容量」について詳しく

「容量」とは容器に入れることができる最大の分量、入れられる分量のことです。

「容量」は、ある容器に入れることができる最大の分量及び、その容器に入れることができる分量を意味する言葉です。

上記の意味に伴って、「物体の温度を上げるために必要な熱量」という意味で「熱容量」、「どの程度の電荷が蓄えられるかを表す電気量」という意味で「静電容量」など、一定の条件の下で、その物体がその中に含むことのできる物理量といった意味もあります。

「用量」について詳しく

「用量」とは用いるべき分量のこと、特に服用や摂取すべき薬の分量のことです。

「用量」は、「用いるべき分量」という意味ですが、特に1日に1回の服用、朝昼夕の3食後に2錠服用などの「薬の使用量」を表す際に使われる言葉です。「用法・容量を守って正しくお使いください」などの文言を耳にする機会が多いと思います。

「容量」と「用量」の読み方は「ヨウリョウ」と共通しており、意味にも似ているような部分が存在しますが、それぞれ「容量」は「用量」の、「用量」は「容量」の意味は含まないので注意です。「用量」は主に薬に関係する事柄にしか使われないので、この点を覚えておけば、使い分けがしやすいと思います。

「容量」と「用量」の違いは何?まとめ

容量 意味】容器に入れることができる最大の分量、入れられる分量のこと
備考】「熱容量」「静電容量」などの言葉もある
用量 意味】用いるべき分量のこと、特に服用や摂取すべき薬の分量のこと
備考】主に薬に関する事柄で使われる

「容量」と「用量」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「留意」と「注意」の違いは何?「留意」と「注意」の違いは何かご存じでしょうか。どちらも「気をつけること」という意味を持っていますが、「留意」と「注意」で一体何の違いが...
「許可」と「認可」の違いは何?何かの許しを得ることを「許可」と言いますが、同じような言葉で「認可」というものがあります。似たような意味を持つ言葉なので、この2つにどん...
「収束」と「終息」の違いは何?「収束」と「終息」の違いは何かご存知でしょうか。意味が非常に似ているので、使い分けが難しいところですが、「収束」と「終息」では意味が若干...