違い

「予兆」と「兆候」と「前兆」の違いは何?

「予兆」と「兆候」と「前兆」の違いは何かご存知でしょうか。どれも何かが起こる前に起きる何らかの出来事を指しますが、これらの使い分けや意味を知っている方は少ないのではないかと思います。

この記事で、「予兆」と「兆候」と「前兆」の違いについて見ていきましょう。

「予兆」と「兆候」と「前兆」の違い

「予兆」と「兆候」と「前兆」の違い

「予兆」と「兆候」と「前兆」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 予兆」:未来に起こる事象を知らせる天体、天候、動植物などの自然界の小さな変化のこと
  • 兆候」:何か物事が起きる前に生じる気配や兆しのこと
  • 前兆」:何かが起こる前の前触れのこと

「予兆」は自然現象に対して、「兆候」はか物事が起きる前に生じる気配や兆しのことで、それが実際に起こるかどうかは分からず、「前兆」は自然現象を含めた全ての事柄の前触れのことです。それぞれで微妙に意味が違っており、この中でも「前兆」は最も広い意味を持っています。

「予兆」「兆候」「前兆」とは

「予兆」「兆候」「前兆」とは

「予兆」について詳しく

「予兆」とは未来に起こる事象を知らせる天体、天候、動植物などの自然界の小さな変化のことです。

「予兆」は「前触れ」とも言われ、「嵐」「台風」「地震」などの未来に起こる事象を知らせる、自然界に現れる小さな変化のことを指します。「雲行きが怪しくなったので雨が降るだろう」「動物が騒がしい。地震でも起こるのだろうか」などのように使います。

自然現象に対して使うのが基本ですが、後述する「前兆」と同じような意味で使われることが一般的で、あまり使い分けはされていません。

「兆候」について詳しく

「兆候」とは何か物事が起きる前に生じる気配や兆しのことです。

読み方は「ちょうこう」で、ほとんど同じ意味と読み方で「徴候」と表記されることもあります。

「兆候」は何か物事が起きる前に生じる何らかの気配や兆し、雰囲気のことで、実際に何が起きるという訳でもなく、私たちが漠然と「〜な気がする」などと感じる、心理的なものも含まれています。

「身体がだるいので風邪かもしれない」「何か嫌な予感がする」など、実際にそれが起こる場合と、直接その物事に結びつかないという場合もあります。

「前兆」について詳しく

「前兆」とは何かが起こる前の前触れのことです。

「前兆」の「兆」という漢字は、古代の占いに置いて亀の甲を焼いてできた裂け目のことで、これによって未来を占っていました。

意味は「兆候」と似ていますが、「兆候」は何か物事が起きる前に生じる気配や兆しのことで、それが実際に起こるかどうかは分からず、「前兆」は何かしらの物事が起きる前に別の何かが起きることを指します。

「前兆」と「予兆」に関しては非常に意味が似ていますが、「予兆」が主に自然現象に使われるのに対して、「前兆」は自然現象に関わらずそれ以外にも使えるという違いがあり、その意味合いが広くなっています。

「予兆」と「兆候」と「前兆」の違いは何?まとめ

予兆 未来に起こる事象を知らせる天体、天候、動植物などの自然界の小さな変化のこと。自然現象に対して使われるのが主だが「前兆」と同じような意味でも使われる
兆候 何か物事が起きる前に生じる気配や兆しのこと。私たちが漠然と「〜な気がする」などと感じる、心理的なものも含まれる
前兆 何かが起こる前の前触れのこと。自然現象に関わらずそれ以外にも使える

「予兆」と「兆候」と「前兆」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「引力」と「重力」の違いは何?「引力」と「重力」の違いは何かご存知でしょうか。同じ意味で捉えてしまう方が多い印象ですが、「引力」と「重力」では意味が微妙に異なります。...
「収束」と「終息」の違いは何?「収束」と「終息」の違いは何かご存知でしょうか。意味が非常に似ているので、使い分けが難しいところですが、「収束」と「終息」では意味が若干...
「震度」と「マグニチュード」の違いは何?地震が発生するとニュース速報で、発生場所と影響の及ぶ地域、そして「震度」「マグニチュード」が発表されます。 しかし、「震度」と「マ...