違い

「蘇る」と「甦る」の違いは何?

「蘇る」と「甦る」の違い

「蘇る」と「甦る」の違い

「蘇る」と「甦る」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 蘇る」:亡くなった者が息を吹き返すこと、衰えていたものが盛んになること。語源は「黄泉帰る」
  • 甦る」:亡くなった者が息を吹き返すこと、衰えていたものが盛んになること。語源は「更生」

「蘇る」と「甦る」の意味に違いはありませんが、その漢字の成り立ちに違いがあり、「蘇」の語源は「黄泉帰る」、「甦」の語源は「更生」となっています。

これによって使い分けをされることもありますが、どちらも「常用漢字」ではなく、公的な場では「よみがえる」と平仮名で表記がされます。

「蘇る」「甦る」とは

「蘇る」「甦る」とは

「蘇る」について詳しく

「蘇る」とは亡くなった者が息を吹き返すこと、衰えていたものが盛んになることです。

「蘇る」には「亡くなった者が息を吹き返すこと」「衰えていたものが盛んになること」の主な意味が2つあり、「死者が蘇る」「生気が蘇った」など、どちらの意味もよく使われます。

「蘇る」の語源は「黄泉帰る」で、中国では亡くなった者が行く地下の世界のことを「黄泉(こうせん)」と呼んでいました。この黄泉から現世へ帰ってくることを「黄泉帰る」と言い、そこから変化し、「蘇る」という漢字で表記されるようになりました。

「蘇」という漢字も、後述する「甦」という漢字もともに基本的な意味は「亡くなった者が息を吹き返すこと」ですが、どちらも「常用漢字」ではないため、新聞や公用文などの公的な場では、これらの漢字は使われず、「よみがえる」と平仮名で表記されます。

「常用漢字」とは新聞や雑誌、役所などの公用文で一般的に使われるもので、社会における漢字の使用目安となる項目のことです。

「甦る」について詳しく

「甦る」とは亡くなった者が息を吹き返すこと、衰えていたものが盛んになることです。

前述の「蘇る」と意味は変わりませんが、「甦」という漢字の成り立ちに違いがあります。

「蘇」は「黄泉帰る」でしたが、「甦」は「好ましくない状態から立ち直ること」という意味を持つ「更生」で、この「更生」という熟語が一文字の漢字として「甦」に変化し、使われるようになったとされています。

「亡くなった者が息を吹き返すこと」「衰えていたものが盛んになること」という2つの意味がありますが、「更生」の意味を継承しているため、どちらかと言うと、後者の「衰えていたものが盛んになること」という意味で使われる事が多いです。

ただし、「蘇」と同様に「甦」に関しても「常用漢字」ではないので、公的な場では「よみがえる」と平仮名で表記されます。

「蘇る」と「甦る」の違いは何?まとめ

蘇る 意味】亡くなった者が息を吹き返すこと、衰えていたものが盛んになること
備考】語源は「黄泉帰る」。常用漢字ではない。
甦る 意味】亡くなった者が息を吹き返すこと、衰えていたものが盛んになること
備考】語源は「更生」。常用漢字ではない。「衰えていたものが盛んになること」という意味で使われる事が多い

「蘇る」と「甦る」の違いについて見ていきました。ぜひ、参考にされて見てください。

「朗報」と「吉報」の違いは何?「朗報」と「吉報」の違いは何かご存知でしょうか。どちらも良い報せという意味を持っていますが、この2つにはどんな違いがあるのか気になります...
「預金」と「貯金」の違いは何?お金を預けることだったり、貯めることを「預金」「貯金」と言いますが、この2つの違いは何かご存知でしょうか。実際の所この2つの意味に大差は...
「延期」と「延長」の違いは何?この記事では、「延期」と「延長」の違いについて見ていきます。 「延期」と「延長」の違い 「延期」と「延長」の違いは以下の...