違い

「預金」と「貯金」の違いは何?

お金を預けることだったり、貯めることを「預金」「貯金」と言いますが、この2つの違いは何かご存知でしょうか。実際の所この2つの意味に大差はありませんが、ある点の違いによって使い分けがされています。

この記事で、「預金」と「貯金」の違いについて見ていきましょう。

「預金」と「貯金」の違い

「預金」と「貯金」の違い

「預金」と「貯金」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 預金」:金融機関にお金を預けること、またその預けたお金のこと
  • 貯金」:お金を貯めること、金融機関以外の機関にお金を預けること

「預金」と「貯金」の基本的な意味は変わりませんが、この2つは主に金融機関にお金を預けるか、金融機関以外の期間に預けるかで使い分けがされています。また「貯金」にはお金を貯めること、という意味もあるため、金融機関云々は関係なく、家でお金を貯める場合も「貯金」と呼称することができます。

「預金」「貯金」とは

「預金」「貯金」とは

「預金」について詳しく

「預金」とは金融機関にお金を預けること、またその預けたお金のことです。

ここで言う金融機関とは「銀行」「信用金庫」「信用組合」「信託銀行」「労働金庫」「ネットバック」などがそれに当たります。なので、家でお金を保管したり、家族や信頼できる友人などにお金を預けることは「預金」とは言いません。

ただ、「タンス預金」という言葉では「預金」が使用されていますが、これは「銀行預金」などの金融機関に預けられているお金と対比して使われていることから、金融機関を意識しているために、「預金」が使われています。

今では「預金」や後述する「貯金」をすることは当たり前となっていますが、昔はそう言った習慣は無く、1875年に政府がそう言ったことを推進したために広まっていきました。同じような意味でも「預金」「貯金」の2つの呼称があるのは、これらが誕生した時の経緯による違いで、企業や都市部の商人のお金を扱うことが多かった「銀行」は、その多くのお金を「預かる」という意味から「お金を預ける」という意味で「預金」という言葉が使われ始めたと言われています。

「貯金」について詳しく

「貯金」とはお金を貯めること、金融機関以外の機関にお金を預けることです。

ここで言う金融機関以外の機関とは「郵便局(ゆうちょ銀行)」「農業協同組合(JA)」「漁業協同組合(JF)」などがそれに当たります。「貯金」はお金を貯めることを指す言葉なので、家でお金を貯める場合も「貯金」と呼称しても問題ありません。

1875年に政府がお金を貯めることを習慣化させるために庶民に広め、郵便局にお金を預けることを勧め、その際に「お金を貯める」という意味から「貯金という呼称になったとされています。「預金」は企業や都市部の商人のお金を扱うことが多かったですが、「貯金」は農家などの個人のお金を扱うことが多かったそうです。

「預金」と「貯金」の違いは何?まとめ

「預金」と「貯金」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「預金」 金融機関にお金を預けること、またその預けたお金のこと 金融機関とは「銀行」「信用金庫」「信用組合」「信託銀行」「労働金庫」「ネットバック」などが当たる
「貯金」 お金を貯めること、金融機関以外の機関にお金を預けること 金融機関以外の機関とは「郵便局(ゆうちょ銀行)」「農業協同組合(JA)」「漁業協同組合(JF)」などが当たる

ぜひ、参考にされて見てください。

「回復」と「快復」の違いは何?「かいふく」と読む言葉・熟語には「回復」と「快復」の2つがありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。同じ「かいふく」でも「回復」の...
「科学」と「化学」の違いは何?「かがく」には「科学」と「化学」の2種類の漢字の表記の仕方がありますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 2つの表記があるのは...
「配布」と「配付」の違いは何?「配布」と「配付」、どちらもプリントや資料、ビラなどを配る際に使われる言葉ですが、この違いは何かご存知でしょうか。 同じ意味に思わ...