違い

「山」と「丘」の違いは何?

」と「」の違いは何かご存知でしょうか。何となく「山」が高いもので、「丘」が低いものというイメージですが、具体的にはどのような違いがあるのか、またそれぞれの定義はどのようなものになっているのか気になりますよね。

この記事で、「山」と「丘」の違いについて見ていきましょう。

「山」と「丘」の違い

「山」と「丘」の違い

「山」と「丘」の違いは以下の通りです。

この記事のまとめ
  • 」:周囲の土地よりも高く盛り上がった地形や場所のこと
  • 」:周囲の土地よりも高いが、「山」よりは低く傾斜が緩やかな地形や場所のこと

一般的には上記のものとなっていますが、明確な定義がされている訳ではないため、これに当てはまらないものも全国各地に多くあります。

「山」「丘」とは

「山」「丘」とは

「山」について詳しく

「山」とは周囲の土地よりも高く盛り上がった地形や場所のことです。元々その地域に住んでいる先住民が、「山」と呼んでいるのか「丘」と呼んでいるのかで、現在での呼称に違いが出ているようです。

一般的には周囲の土地よりも高く盛り上がった地形や場所のこととなっていますが、具体的にどの程度盛り上がっていれば「山」になるなどの、明確な定義がされているわけではありません。日本で最も高い山は、静岡県と山梨県を跨る標高3,776メートル「富士山」ですが、日本で最も低い山は、宮城県仙台市にある「日和山(ひよりやま)」で、こちらは標高3mの人工山です。このように、「山」とは言っても大きな差があります。

また、周囲の土地よりも高く盛り上がった地形や場所なので、海の中でもこれが当てはまります。

国土交通省に置かれている国土地理院では、地形図に「山」として記載する条件には、「地元住民に山と呼ばれていること」「地元自治体が公式名称としていること」「国土地理院がこの記載について妥当と判断すること」の3つの項目があるとされています。

「丘」について詳しく

「丘」とは周囲の土地よりも高いが、「山」よりは低く傾斜が緩やかな地形や場所のことです。

丘のような地形を「高台」も呼び、また複数の「丘」が連続してある地形や場所のことを「丘陵(きゅうりょう)」と言います。

一般的には上記のようになっていますが、「山」と同じく明確な定義がされているわけではありません。この定義に当てはまっている地形や場所でも。「山」や「山岳」と呼ばれていたりする場合もあります。日本で最も高い「丘」は山梨県の「清里の丘」で、標高は1,150mとなっており、「山」と呼んでも差し支えない標高になっています。

元々その地域に住んでいる先住民が、「山」と呼んでいるのか「丘」と呼んでいるのかで、現在での呼称に違いが出ているようです。

「山」と「丘」の違いは何?まとめ

「山」と「丘」の違いについて見ていきました。

呼称 意味 備考
「山」 周囲の土地よりも高く盛り上がった地形や場所 日本で最も高い山は、静岡県と山梨県を跨る標高3,776メートル「富士山」、最も低い山は、宮城県仙台市にある標高3mの「日和山」
「丘」 周囲の土地よりも高いが、「山」よりは低く傾斜が緩やかな地形や場所 丘のような地形を「高台」も呼び、また複数の「丘」が連続してある地形や場所のことを「丘陵」と言う

ぜひ、参考にされて見てください。

「町」と「街」の違いは何?「町」と「街」。どちらも「まち」と読みますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。こう言ったのもは「異字同訓」と言いますが、これらの字を...
「船」と「舟」の違いは何?「ふね」という言葉には「船」「舟」の2つの漢字をあてることができますが、これらの違いは何かご存知でしょうか。 「ふね」と聞くとこち...

違い